読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

学校帰りの子供に「半ば脅して」までして、安保法案の反対署名をさせてるんか<日本共産党(爆)

ツッコミ

スポンサーリンク

International Walk to School Day 2011

安保法、児童に反対署名要求 共産党運動員「戦争、親死ぬ」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

ぶっちゃけ、「政治は数だ、数は力だ、力はカネだ」ってのは、カネの部分を除けば自民党の金権政治時代の田中角栄とか小沢一郎と何一つ変わらないじゃん<日本共産党(爆)

東京都足立区で昨年6月、路上で署名活動をしていた共産党の運動員が帰宅途中だった複数の児童に、「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」「爆弾が落ちてきたら嫌でしょ」などと話しかけ、安全保障関連法案への反対署名を求めていたことが9日、分かった。同区の共産区議団側は「行き過ぎだった」と非を認め、保護者に謝罪した。

  区教育委員会などによると、昨年9月に成立した安保関連法の国会審議が続いていた同6月下旬、学童保育から別々のグループに分かれて帰宅途中だった区立小学校の児童計約10人に、地元商店街の路上で安保関連法案の反対署名活動を行っていた運動員が相次いで声を掛け、署名を求めた。

  児童は主に1、2年生で、署名に応じた児童もいたが、「(戦争になれば)お父さんやお母さんが死ぬ」と言われ、帰宅後に恐怖で泣いていた児童もいたという。保護者から相談を受けた学校側は教員を現場に向かわせ、駆けつけた保護者とともに抗議したところ、運動員は謝罪し、署名活動を取りやめた。

  共産区議団によると、運動員は近寄ってきた児童に先の大戦の沖縄戦などを説明した上で「戦争になったら爆弾が落ちてくる。困るでしょ」などと言って反対署名を求めたという。

  運動員を知る共産の男性区議は「組織的行為ではない。署名を集めたいという気持ちが高じてやってしまったのだと思うが、やり過ぎだった」と話している。

  一方、区教委は「子供は『両親が死ぬ』と言われれば怖くなって署名する。本来の署名活動の目的から外れたものだ。一定の知識を持った段階になってから是非を判断させるべきで、子供への署名活動には配慮してほしい」と批判した。

いやいや、学生をオルグする時のやり方と全く変わらないから、共産党の上の方からの「指導」はあったんでしょう?「こうして子供に言えば署名してくれるよ」とかね。

いかにも「安直な」大人の知恵だねえ…。

つーか、やり方がいかにも「大人の知恵」みたいで汚い。大の大人が子供を脅すみたいなことを言ってな。そりゃ親や教師は抗議もするわな。なんか車のセールスマンが営業回りしないで家族や身内、後輩にむりやり買わせてノルマ達成してるぐらい安直なやり方だわ(失笑)

ただ、幸いだったのは運が悪いと教師もバリバリの左翼で日教組マンセー(謎)な奴で、共産党員も開き直って「この右翼が」とか親に罵声を浴びせるぐらいな奴もいるだろうから、まだ良心的な教師と共産党員だったのは親と子供にとってはラッキーだったんかもしれないけどね。一昔前はそういう「大人」も少なくなかったらしいから。

産経が「嬉しそうに」載せてるのがちょっとアレだけどw

…で、例によって共産党の「お友達」の朝日新聞にはこういう記事は載らないし、「敵」である産経新聞はなんか「鬼の首を取ったかのように」嬉しそうにこれを載せてるのがちょっとアレだし、「運動員を知る共産の男性区議」のコメントなんかはいかにもダメ押しする為だけの「それはお前作っただろ」的な眉唾くさい記事だけども(苦笑)。

まあいかに大人げない奴らが多いって事だから、常識的なセンを守るための抑止のためにもある程度はどんどん新聞沙汰にした方がいいわ、こういうの。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ