読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

大川興業の総裁は、気づけばもうお孫さんがいる年齢なんだな…。

雑談

スポンサーリンク

Oendan

大川総裁の「孫もいます」発言に、松ちゃんビックリ (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

どうも昔の、学生服来て軍団で社会風刺コントしてるイメージが強いんで、もう54歳ってのと、お孫さんがいるってのに驚きだわ…。

大川興業の総裁・大川豊(54)が5日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜、前10時)ストコメンテーターとして出演。自身の家族構成を問われ、「孫もいます」などと明かした。

  大川は司会の東野幸治からまず「結婚はされてますか?」と向けられると、「オンエアされますよね。ファミリー系の話をするもんじゃないから」と私生活を前に出さない方針を示しながら、「結婚してますよ。孫も2人います」と明かした。

  この発言には大川総裁と「共演は何度もしている」というダウンタウンの松本人志も驚きの様子で、「イメージとしては総裁は去勢してる感じ」と感想。準レギュラーコメンテーターの小籔千豊が「お孫さんと写真館で記念撮影してたり」と振ると、大川総裁は「おっしゃる通り」と照れながら日常の幸せぶりを認めた。

  この日は北海道で7歳男児が発見されたことのトークコーナーで、大川総裁は自身の舞台公演などを鑑賞に訪れた男児をその場でしかったことを挙げ、「7歳で俺に初めて怒られる子が多い。(人に)石を投げたらひっぱたけばいいけど、今(の親)は少ない。そこで『家を出てけ』とか飯を食わせない、あるいは置き去りが多いのでは」などと持論を発した。

基本的に私、社会風刺やブラックジョークも好きなんですが、たぶん(ビートたけし、伊集院光、立川談志の各師の他にも)原点のひとつはこの大川興業だったんですね。

で、特に好きなのが、大川興業の替え歌の「♪銀座に来れば思い出す、遥かな声、赤尾敏(あかお・びん)」っていう、右翼の大物で、当時、数寄屋橋のあたりで辻説法してたことで有名だった赤尾敏という人のとこに大川興業の面々でこういう替え歌をわざわざ歌いに行ったら、殴られるどころか感激して握手を求められたってエピソードを何かの本で読んでひっくり返るぐらい爆笑したのを覚えてるなあ。

※ま、どんぐらいこの赤尾敏という人が右翼の大物だったかというと、黒の街宣車を始めて導入したり、浅沼稲次郎刺殺事件嶋中事件の犯人に思いっきり影響を与えちゃって取り調べを受けたり、後者では殺人教唆で逮捕されたりと(大汗)。

 

そんな大川総裁も孫がいる年齢かー。爆笑問題が全国区でブレイクした頃に「いやあ大川興業、あの政治風刺ネタは15年早かったなあ」なんてお笑い好きの知り合いと飯食いながらバカトークで話してた記憶もあるんすけどね。あ、爆笑問題と同じでもともとは太田プロにいたんだなこの人たちも。

↑1992年の大川興業の皆さん。いやあこれはゴールデンは無理だわww 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ