読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

昔よく読んでた「音楽専科」という雑誌を出していた、「音楽専科社」が自己破産を申請したらしい…。

雑談 ツッコミ

スポンサーリンク

 

rock 'n' roll greats.,

ヴィジュアル系音楽誌「SHOXX」、アニメ声優専門誌「Pick-up Voice」などを発刊していた音楽専科社、事業を停止し自己破産申請へ (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

ま、正直申し上げれば、「へえー、まだ音楽専科社って残ってたんだ」というのと「随分と懐かしい」感が半端ねえ。

(株)音楽専科社(TDB企業コード:982271098、資本金1000万円、東京都新宿区高田馬場1-31-16、代表鈴木佳男氏)は、9月20日付で事業を停止し、事後処理を大宮立弁護士(東京都港区虎ノ門1-1-28、シティ法律事務所、電話03-3580-0123)ほか2名に一任。自己破産申請の準備に入った。

  当社は、1966年(昭和41年)11月に設立された雑誌・書籍出版業者。かつては、洋楽専門誌「音楽専科」を出版していたが、近年はヴィジュアル系ロックバンド専門の音楽誌「SHOXX」(90年10月創刊)、アニメ声優専門の情報誌「Pick-up Voice」(2007年4月創刊)の月刊誌2誌を主力に展開していた。また、不定期刊行の増刊号や人気ミュージシャン・アイドルの写真集、ムックなどの出版も手がけ、主に10~20代の固定購読層に対して情報を発信。98年9月期には年売上高約21億円を計上していた。

  しかし、近年はインターネットやスマートフォンなど新たな情報媒体の台頭による出版不況の影響から業容は縮小し、財務面もひっ迫していた。そうしたなか、2015年6月に民事再生法の適用を申請した栗田出版販売(株)<現・(株)KRT>に不良債権が発生。近時の年売上高は2億5000万円内外にとどまり、雑誌販売の落ち込みに伴う業績悪化に歯止めがかからないなか、先行きの見通しも立たないことから、今回の事態となった。

  負債は約4億円の見込み。

友達んちで「音楽専科」と言う雑誌を読むのが好きでしてね。

…とはいえ、私の記憶に物凄く残ってるのは、ビジュアル系ロックバンドの雑誌の「SHOXX」でも、声優さんの情報誌の「Pick-up Voice」でもなく、中学の頃によく遊びに行ってた友達んちの兄貴が定期購読してた「音楽専科」という洋楽系の音楽雑誌だったんすよね。

これとライバル誌だった「ミュージックライフ」という音楽雑誌がたぶん兄貴の影響で読み始めた友達の部屋にもかなり置いてあって、他の友達がファミコンで交代でゲームやってる横でおやついただきながら(いやはや、その節はご馳走様でした(笑))、この手の音楽雑誌と、あとは「明星」っていうアイドル雑誌も部屋に転がってんで、ああいうのを読んでたのですね、いやあ南野陽子かわいかったなあ(←関係ねえだろw)。

洋楽の知識「だけ」はこの時期に蓄えてたような気がする…。

この頃にクイーンとか、レッド・ツェッペリンとか、ビートルズのメンバーの名前とかを知るきっかけになって(結構マニアックなバンドも載ってたような記憶があるんですけどね)、家にあったラジカセでラジオもよく聞くようになって洋楽とかも邦楽同様たびたび聞くようになったんですね。レコードやCDはついぞ買わなかったけど(爆)

これがきっと後年、大学に入ってからサークルでクイズをやり始めた時に「ちょっと古い(1990年以前の)芸能ネタ」や、ここのブログのネタに役立ってるんでしょうね…。あの雑誌、四コマ漫画がおもしろかったんですが…あの漫画家さん(勿論名前は覚えてませんけど)は今も現役でやってらっしゃるんでしょうか(笑)

もっとも、私が当時リアルタイムで読んでた時に、友達の兄貴から「その雑誌、こないだ廃刊になっちゃったんだよな。残念だよね」って聞いてた記憶があるんで、中一の頃だとしたら、来年でもう30年前になるんですね。

と思うと、年々ジリ貧にはなってたんでしょうが、よく30年近くも会社が続いてたよね?とは思いますけど…。

その頃、「バンドやらない?」誘われたことがあったんすけどね。

あの頃はちょっとしたバンドブームの初めの頃で、小学校の頃に2年ほど吹奏楽部でトランペットをやってたんで楽譜が読めたのと、随分私がこの雑誌を夢中に読んでたもんだから、「バンドやるんだけどさ、もしよかったらブラス&パーカッションも入ると盛り上がるから、一緒にやろうよ」と誘われた事はありましたね。

ただ、その頃が、

www.muroktu.com

中学に入ってやりたかった楽器(これがたまたまユーフォニアムでして(笑))をやらせてくれずにモチベーションダダ下がりで吹奏楽部を辞めたばかりだったんで、結局やんわりとお断りした結果やらなかったのはよく覚えてますわ。今じゃトランペットも吹けないし、楽譜を読むのもおぼつかないわで。

2か月ほど前に読んだ、「ちょっと気になった」記事があり…

そうそう、ブログの記事にはしなかったんですが、3か月ぐらい前にこんな記事をたまたま目にしたんすね。

雑誌『SHOXX』の社長が暴言でバンド・女性蔑視発言!その真相は

「いやいやいや、そういうバンドのファンの人たちがそっぽ向くような事やっちゃって、会社大丈夫なの?出版業界、どこも厳しいんじゃないの…?」

なんて一瞬心配したんすけどね。その3か月後にまさかこんな自己破産する形で会社が倒産しちゃうとは…。せめて「SHOXX」だけはどこかの会社が引き継いでくれるといいんだけどね。厳しいかなあ。

ONGAKU SENKA 音楽専科 1978年 10月号 / ジェフ・ベック ジャパン デヴィッド・シルヴィアン 近田春夫

ONGAKU SENKA 音楽専科 1978年 10月号 / ジェフ・ベック ジャパン デヴィッド・シルヴィアン 近田春夫

 
SHOXX(ショックス) 2016年 11月号

SHOXX(ショックス) 2016年 11月号

 
ゴールデン☆アイドル 南野陽子 30th Anniversary(完全生産限定盤)

ゴールデン☆アイドル 南野陽子 30th Anniversary(完全生産限定盤)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ