「(生活)保護舐めんな」→ストラップやマグカップ等の「グッズ」を作るほど気に入ってたのか小田原市職員(呆)

スポンサーリンク

Good-Bye

こないだの記事の話の続きなんですけども。

すごいねー、わざわざ「関連グッズ」まで作るとは。よほど気に入ってたんだなこいつら。お前らのほうが市民や仕事舐めてんじゃん(失笑)

神奈川県小田原市の職員らが、生活保護の不正受給は許さないという趣旨の文言が書かれたジャンパーを着て、受給者の家庭を訪問していた問題で、職員らは、ほかにも同じような文言が入ったワイシャツやマグカップなどを作っていたことがわかり、市は不適切だとして、再発防止策を検討しています。
この問題は、小田原市で、生活保護受給者の支援を担当する職員らが、「生活保護悪撲滅チーム」という言葉をローマ字で表したという「SHAT」や「不正受給をしようとする人間はカスだ」という趣旨の英語が書かれたジャンパーなどを着て、業務にあたっていたものです。

この問題について小田原市は9日会見し、これまでの調査結果を公表しました。

それによりますと、職員らはほかにも同じような文言が入ったワイシャツ、フリース、携帯電話のストラップ、マグカップ、パソコンのマウスパッド、Tシャツ、ボールペンを作っていたということです。
業務中に職員が使っていたほか、人事異動の際の記念品として作られたものもあったということです。

市は今後、外部の有識者による検討会を設置し、今年度中に再発防止策をまとめることにしています。小田原市福祉健康部の日比谷正人部長は「改めて検証を進め、人権に関する研修を行っていきたい」と話していました。

お前らそんな遊んでねえで仕事しろよw

凄いなあ、ワイシャツ、フリース、ストラップ、マグカップ、マウスパッド、Tシャツ、ボールペンか…。

まさに「マーチャンダイジング」だな(失笑)

てか、こういうのは芸能人のファンクラブとか、テレビ番組・ラジオ番組のノベルティとかグッズで作るんだったらまだしも、職員共の内輪ネタで作るレベルをとっくに超えてるのが凄い。ひょっとしたらこういうのが大好きなアイデアの天才みたいな奴がいたのかもしれないけどな…勿体無い。市役所じゃなくてそういう民間で仕事してれば今の何倍も楽しい仕事にありつけたろうに(失笑)。

※ちなみに我が家には、義兄が昔貰った南野陽子のラジオ番組のノベルティグッズがあります(物置に仕舞ってあります)。当時の雑誌「ラジオパラダイス」によると幻の逸品らしいんですけど…。

スポンサーリンク

この役人共の「内輪臭」が本当に気持ち悪い(呆)

それにしてもこの内輪臭。公人たる連中が仕事でやっちゃダメだわ。それでいて立場的に弱い人達にはエラソーにしていて、「本当に年金を不正受給してるような怖い連中」のとこには自己保身満々で怖気づいて行かねえんだろうしな…。

まさに市民舐めるのもいい加減にしろって感じ。

なめんなよ

なめんなよ

手にとるようにマーチャンダイジングがわかる本―どんな商品をどのように販売するか!?

手にとるようにマーチャンダイジングがわかる本―どんな商品をどのように販売するか!?

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク