小田原市の役人どもの作った「(生活)保護なめんな」ジャンパー→むしろ「福祉行政舐めんな」って感じ(爆)

スポンサーリンク




市職員が「不正受給許さない」のジャンパー 厳重注意 | NHKニュース

小田原は大学時代3年半住んでましたが…。勿論、不正受給はよくない…が、こんなことやったら「本当に困窮して生活保護受けてる」人たちが萎縮するだけだろうが…。

生活保護を受給している人たちの支援にあたっている、神奈川県小田原市の職員らが、不正受給は許さないという趣旨の文言が書かれたジャンパーを着て、受給者の家庭を訪問をしていたことがわかりました。市は「不適切だった」として着用を禁止するとともに、上司らを厳重注意としました。
小田原市によりますと、ジャンパーを着ていたのは、生活保護を受給している人たちの自立支援などを担当している生活支援課の職員らです。

ジャンパーにはローマ字で「保護なめんな」と書いたエンブレムがプリントされているほか、英語で「不正受給は許さない」という趣旨の文言が書かれています。

このジャンパーはもともと、職場の連帯感を高めるため10年前の平成19年に有志の職員によって作られ、職場で着用されていましたが、その後、一部の職員が受給者の家庭を回って支援に関する相談に応じる際などにも着ていたということです。
ジャンパーは業者に製作を依頼してまとめて購入したあと1着4400円で希望する職員に販売され、これまでに64人が購入したということです。

小田原市は「市民の誤解を招きかねないうえ、品位を欠いた表現で不適切だった」として、ジャンパーの着用を禁止するとともに、上司ら7人を厳重注意としました。

小田原市福祉健康部の日比谷正人部長は「市民に不快な思いをさせたことを深くおわびします」と話しています。

また、小田原市の加藤憲一市長は「配慮を欠いた不適切な表現であり、市民の皆様に誤解を与えることのないよう指導を徹底します」というコメントを出しました。

スポンサーリンク

職場の連帯感…ねえ。単なるサークルのノリじゃん。

それにしてもこれ、誰か止める奴居なかったのか?こんなん、大学のサークルのジャンパーとかと同じじゃないか。大学の文化祭に屋台とか出すサークルのノリでこんなもん作るなよ、公務員が…とツッコミを禁じ得ないのだが。

で、そもそもこの内輪受けのジャンパーで「不正受給は阻止」できたのかね?いやできてねえと思うぞ。本当に確信犯的に不正受給するような悪いやつはそんなジャンパー全く気にしねえし。

むしろ「生活保護を受けなければ本当に生活ができない」受け取って然るべき人たちを萎縮させるだけで、それがトータルで「生活保護の総支給額が減ってノルマ達成」みたいなのが各自治体にあるんじゃね?って痛くもない腹を探られるハメになるだけだと思うのだがね。

てか、そんな職場の内輪受けで作った「(市民どもよ)保護舐めんな」って奴。むしろ「(役人どもよ)福祉行政舐めんな」って感じ(失笑)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です