テレビで「再選確実」が出て万歳三唱→その後に誤報でした、と(;゚Д゚)

スポンサーリンク

<山陽放送>岡山・備前市長選で誤報 落選の現職バンザイも(毎日新聞)

うーわー、わずか158票差だったのかー。しかも落ちたのが現職だったとは。

9日投開票された岡山県の備前市長選で、山陽放送(岡山市北区)が、落選した現職の吉村武司氏(70)について字幕で「再選確実」と誤って報じ、吉村氏が支持者とともにバンザイをしてしまう一幕があった。

 山陽放送によると、誤報を流したのは開票が始まった午後7時半ごろ。吉村氏はこれを受け、事務所で「2期目の抱負」を語った。しかし、午後8時45分に開票が終了し、158票の僅差で新人の田原隆雄氏(72)に敗れたことが判明。吉村氏は集まった支持者らの前に改めて出て、「市民の皆さんが決めたこの結果を受け入れる」と敗戦の弁を述べた。

 山陽放送は取材に「出口調査の結果などで再選確実と判断した」と説明。同日夜のニュースで正しい結果を報じるとともに、当選者を間違えたことを謝罪した。

スポンサーリンク

最初、落選確実と報じられた当選した人に今の気持ち聞きたいわ。

しかしまあここまで僅差で二転三転するような選挙だと「出口調査」も結構当てにならないんだな…と。でも開票が始まってすぐに当確を出したってことは、言葉は悪いがかなりのワンサイドゲームになると確信して山陽放送が当確を打ったハズで、どんだけ岡山県備前市は人口が少ねえんだ、と思いつつ調べたら、おおよそ人口は3万5千人ぐらい。このうちの3分の2が18歳以上の有権者として、おおよそ2万人の有権者で、投票率が5割としても1万票。うーん、そんなもんなのかな?これって。

むしろ個人的には「逆転勝ち(?)」した当選した候補に聞きたいわ。「開票が始まって即、落選確実みたいな話になってどうでしたか?」と。まあ本当に選挙のことがわかってる軍師とか「選挙通」みたいな人がブレーンでいれば、

「いやいや、民放はともかく、NHKの当確が出るまでわかんねーっすよ」

的な感じで励ましてたのかもしれないよね。まあどっちにしても山陽放送は「俺をあっさりと落選させやがって」と「ぬか喜びさせよがって」で、両候補から恨まれる事は確実という説も(以下略)。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク