花粉症…ではないんだけど、最近、アレルギーで好物のキウイフルーツが食べられなくなった私…。

スポンサーリンク

 

花粉症 特定の食べ物でアレルギー反応も(NHKニュース)

私は花粉症ってわけではないんですが、もともとが重度の鼻炎+アトピー+結膜炎持ちで、アトピー向けの抗アレルギー剤を毎日飲んでるんで「かろうじて、今は目がかゆいのとくしゃみ程度で済んでいる」ってタイプなんすけどね。

春本番を前に、すでに本番を迎えている花粉症。目がかゆい、鼻水が止まらないといった症状もさることながら、「自分は何の花粉に反応しているのか」、きちんと知っていますか。反応している花粉の種類によっては、特定の食物を食べると、さらに重いアレルギー反応が起きる場合があるとして、専門の医師が注意を呼びかけています。

今の時期に花粉症の人を悩ませているのは、主にヒノキ科のスギやヒノキです。同時に、カバノキ科のハンノキの花粉も飛散していて、症状は似ています。

そうした花粉症の人が、特定の野菜や果物を食べると、口の中やのどが、いがいがして痛くなったり、赤く腫れたりするケースがあります。これを「花粉ー食物アレルギー症候群」と呼びます。花粉と、たんぱく質の構造が似ている食物を摂取することで、アレルギー反応が起きてしまうのです。

花粉と食物の組み合わせですが、アレルギーが専門の医師によりますと、まず、スギやヒノキでの花粉症の人は、トマトを食べると、口の中や周りがかゆくなったり、赤くはれたりすることがあるということです。重篤な症状に至ることは少ないそうです。

心配なのはカバノキ科のハンノキや、シラカンバの場合で、リンゴなどの果物にも反応しますが、特に豆乳を飲んだ場合、呼吸困難といった急激なアレルギー症状の「アナフィラキシーショック」を起こす人もいるということです。

このため、専門の医師は花粉症対策だけでなく、「気をつけるべき食物の種類や調理のしかた」にも知識が必要で、少しずつ食べて様子を見たり、その食物の、たんぱく質の構造を変えるため、例えば加熱調理をするなどの工夫が大切だということです。

「自分は花粉症だ」という自覚症状はあったとしても、何の花粉に反応しているのか、きちんとした知識を持っていないと、花粉と食物の悪い組み合わせを避ける工夫にはたどりつけない、ということになります。どの花粉に反応しているのかは、病院で血液検査などで調べることができます。

ある時期からキウイフルーツが食べられなくなった。

私の場合、昔から、特段食べ物でアレルギーはなかったんですが、例外としては何年か前に北海道に行ってカニ食べ放題の店でカニをたらふく食べたら身体がかゆくなってどうしようもなかった…的な思い出はありました。

ただ、近年唯一食べられなくなったのが、

キウイフルーツ

だったりします。小学校の頃、給食で出されたキウイフルーツを食べた時にちょっと舌にしびれが出て食べるのを途中でやめたって記憶があるんです。でもその後はそういうこともなく、高校時代はお昼は家からお弁当を持って行ってたので、母親がデザート用のタッパーにキウイフルーツを3切れぐらい入れてくれていて、それはフツーに食べてたんですけどね。ただ、数年前にひょんなんことから食べてみたら再び、舌がしびれたりしたのでそれ以後は一切れも食べてません。味は大好きだし、栄養価も高いらしいしで好きな果物なんですけどね…でも身体が拒否しちゃってるんじゃ仕方ないです。

今はかろーじて抗アレルギー剤で抑えてる状態なんですけど…。

最近は医者で処方してもらっているオロパタジンという薬を飲んでまして、かつては「アレロック」という名前、最近はサワイ薬品の「ケミファ」というジェネレック薬品のを服用してます。薬が変わったのは単純に処方箋を持参して薬を貰う薬局で勧められたのがきっかけなんですが、違いは正直よくわかってません。

↑こういうオレンジ色の錠剤のを毎晩飲んでます。

これももう15年ぐらい飲んでまして、ただ朝晩飲むように言われてるんですがこの薬、飲むとめちゃくちゃ眠くなるんですね。朝飲むと本当に睡魔が襲ってきて仕事にならないし、以前所属してたクイズサークルの定例会の日の朝にあまりにもアトピーの発作がかゆかったんで飲んででかけたら、クイズの真っ最中に睡魔が襲撃してきて頭が全く働かなかったことがあったりと、現在は夜、飲むようにしています。本当は良くないんでしょうが、もともとこの薬は効き目が強いんで(間違って2つ飲むと、膀胱が痛くなります…これは私だけか?)、例えば遠出した日なんかは薬を持参して、晩ごはんを食べた後に水と一緒に飲んで、帰りの電車はぐっすり…みたいな感じで工夫していますね。

20代なかばの頃、血液検査でアレルギーを調べてもらったら、そのアレルギーの数値が普通の人は100とか120とかの数値が出る中、13000(!!)とかの数字が出てお医者さんが思わず失笑したってことがありました。もともとアレルギー体質(母親がどえらい花粉症持ちなんす)でこれは困ったもんだ…と思ったんですが、結婚して、後に妻の実家を新築リフォームして同居するようになり、畳部屋で寝ずにフローリングの部屋で寝るようになったり、当時は嫁の親が畑を借りて野菜を作ってて、毎日のようにトマトとキュウリのサラダが晩飯に出て、それを大の野菜嫌いの私だったんですがむりやり食べてたら、アトピーに関しては随分改善されまして、首・手首・足首・膝の裏がかゆくてひっかいて傷になってたのがなくなってかなりきれいになったのは幸いでした。

アトピー肌が多少改善したきっかけ。

で、それと同時にお風呂上がりには、

かゆみ止めの塗り薬も塗ってます。これもいつもの内科兼皮膚科で処方してもらったんですけども…。

アトピーが改善したきっかけとしては以下の理由と最近はこんな習慣にしたからでした。

・実家を出たから。

・現在の家はフローリングで寝てるから

・野菜を毎日食べるようになったから。

・塗り薬は「かゆくなってから」ではなく「かゆくなる前」に塗る。

・できればお風呂やシャワーを浴びた後に確実に塗る。

これとを続けてたところ、約2年で肌がかさぶただらけだったのが改善しました(ま、昔の古傷ではないんですが肌が多少赤みがかってる程度ではあるんですけど)。

実は、うちの実家が強烈なアレルゲンで(爆)

実家を出た…というのは、成田にあるうちの実家は長年、成田ニュータウンの公務員団地に住んでたんですが手狭になったので1998年に隣町に中古の一軒家を買ったんですね。が、この時点で築20年(3階だての6LDKという広さ的には申し分ない家ではあるんですけど)。私自身、その時は大学生で神奈川県内で下宿生活してたんですが帰省して一泊するたびに「なぜか気管支炎が起きる」という困った症状になったりしてました。その後、実家に戻って結婚するまで約4年半親と同居してたんですが…どうもアトピーがひどくなってるし、鼻炎も結膜炎もひどくなっているしで。

その後、結婚して家を出てたまに帰省するようになってから気づいたんですが、春と秋の時期に帰省すると「目がかゆくてかゆくて仕方なくなる」症状が出るようになったんですね。そしてうちの母親が年々花粉症がひどくなっているわ…で。ただ、アレルギー症状がない、親父・弟・妹は全く平気で、それを話しても「ハア?何言ってるの?(;゚Д゚)」的なリアクションしかないんですね。ま、それは当然だし仕方ないんですけど。

で、結論としては「あの家は俺にとってはアレルゲン。だから春と秋に実家に帰るのはよそう」ということに(ゆえに帰るのは夏休みと年末or年始ちということに)。うちの親からすれば近年、初孫もできたっつーのに、仕方ないんで最近は春と秋の季節は、うちの親がわざわざ千葉の成田から3時間かけて青梅線沿線のうちまで日帰りで孫を見に来るようになりましたわ(汗)。たぶん両親がもっと年老いて仮に介護の対象になってもそれで引っ越して近所に住むことはあるかもしれないけど、あの家に住むことは絶対にないなあ、と思ってます。

それはともかく、アトピーが緩和されて肌がきれいになって一番助かったのが、職場や通院先での血液検査で、看護師さんがほぼ確実に腕の肘のあたりから簡単に血管を探してくれて血を抜いてくれるようになったことでしたね。以前、肘のあたりがかさぶただらけだった頃は、肌ががさがさになっていて血管の場所がわからず、とりあえず注射針を刺してみるも肘から血が取れずに手の拳のとこから血を抜いてましたから。これは「痛い」ってよりも「怖い」のが嫌でしたね。「痛い」のはアトピーでかきむしって血が出たりして散々慣れているんで平気だったんですけど。

鼻炎と結膜炎は、ハナノアとアイボンで…。

それと同時に、鼻炎と結膜炎も根治は難しいかもしれないけど、予防のようなもので多少症状は緩和できるんじゃないのかな、と思って始めたのが、

「ハナノア」と「アイボン」でした。前者が鼻うがい、後者が目の洗浄の薬なんですけども。

本来は私、実はどえらいドライアイでしてこのアイボンにとっては「やってはいけない/おすすめしない」タイプのユーザーなんですが、背に腹は代えられないし、と、ドライアイの眼薬を習慣でつけるようにしたのと同時に、このアイボンを朝の洗顔時と、外出前にやるようになりました。と同時にハナノアも、アイボンの直後にやるように。

そしたら花粉症の時期でも多少のくしゃみは出るんですが、最もひどい時の鼻水ズルズル・目の涙が止まらないってことはなくなりましたね。これが未だに不思議なんですが、たぶんアトピーで飲んでいる抗アレルギー剤も「うまく」他のアレルギーにも利いているのと、目と鼻の中をできるだけ清潔にしてホコリを取っ払ってるから、なんでしょうね。

ま、引っ越してフローリングで寝るってのは全部が全部無理…かもしれませんが、飲み薬と、予防的に野菜を喰らったり、かゆくなる前に風呂上がりに塗り薬を塗ったり(保湿剤とかも可)ってのはかなり大きいと思いますよ。少なくてもかゆくなるプロセスと、それに伴うストレスからはかなり解放されますんで…。思えばストレスもアトピーの大敵だったような気がしますし。ただ、この抗アレルギー剤、しゃれにならないほど眠くなるので、朝飲まれる方は本当にお気をつけて。

うちの息子は卵が食べられないもので…。

ついでに書くと、うちの妻は全くアレルギーのたぐいは無く、アレルギーのデパートのような私と、皆無の妻の間に生まれた息子はどうなるんだろう、と思ってたら、

花粉症のせいか、我が息子は目の周りがとてもかゆいみたいで…。(2017/02/23付)

父親ほどではないが、多少のアレルギー持ち、という事に(^_^;)

2/23付の記事のアイキャッチャーでも使ったんですが、この時期、目がとてもかゆかゆになってしまうので今は刺激の少ない目の周りも塗れる薬を朝とお風呂上がりに塗るようになりました。

それと、血液検査をしたところ、わずかの数値なんですがダニとかに弱く、更に卵の白身もダメで、リハビリで噛む練習というのもするんですが、試しにたまごボーロを与えたら口の周りの左側が赤くなってしまい、これは一週間程度で消えたんですが「あー、本当に卵はダメなのね」と、改めて気付かされた次第でした。

たぶんフロリーングの部屋で寝ていて、息子が生まれたのと前後してシャープのプラズマクラスタの空気清浄機(個人的には加湿器が大助かりです、はい)も購入して寝室ではたびたびかけているので、私のようなアレルギーのデパートみたいな体質にはならないと思うんですが…でも今後は幼稚園や小学校とかにも通うことになると給食とかも関係してきますし、どういう食べ物がアレルギーでダメなのかが後からわかるってのは、やはりこれはきついなーと思う今日この頃ですねー。

キウイフルーツは好物だったんだけどなー(泣)

しかしまー、私はキウイフルーツは大好きなんですけどね。給食でも出たり、半分に割ってそれをスプーンでほじくったりするのも。むしろパイナップルが昔からダメで、きっかけは給食の酢豚だったんですが、後年、13000という数値が出た時のアレルギー検査で「パイナップルもアレルギーが出ます」と言われた時は「あ、別にいいや。俺、もともと大嫌いだったし」って思ったんですけど、その時はキウイフルーツの話は全く出なかったんですけどね…でも舌がしびれたりするってことは、食べないほうが無難なんでしょう、やはり(泣)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク