「岐阜は三重県内にある」ってどえらい廃グレード、もといハイグレードな雑誌なんだか(呆)

スポンサーリンク

Statue of Oda Nobunaga

“岐阜市は三重県に” 大手出版社の歴史の本に多くの誤り | NHKニュース

んな誤字脱字のオンパレード、どこぞのアマチュア同人誌ぢゃあるまいし(アマチュアでもよくないレベルだけど)。

東京の大手出版社、KADOKAWAが先月出版した、戦国武将の織田信長とゆかりのある岐阜市について紹介する歴史の本に、岐阜市が三重県内にあるなどの誤った記述や誤字が、少なくとも30か所見つかりました。KADOKAWAは、この本1万部を回収するとともに、新たに刷り直して販売することになりました。

この本は、KADOKAWAが先月出版した、織田信長の足跡と、ゆかりのある岐阜市内の名所などを紹介した「岐阜信長 歴史読本」です。

広告料として460万円余りを出資する岐阜市が内容を確認したところ、岐阜市が三重県内にあるなどの誤った表記や、高級を意味するハイグレードの「ハイ」が廃棄物の「廃」の字になっているなどの誤った記述や誤字が、少なくとも30か所見つかりました。

これを受けて、9日に岐阜市の担当職員がKADOKAWAの担当者と面談して、この本を回収して訂正したものを改めて販売することや、岐阜市が図書館や小中学校に配布するため購入した1000冊について交換するよう申し入れました。

これに対し、KADOKAWAは、この本の初版1万部を回収するとともに、誤った記述や誤字をすべて改めたうえで、新たに刷り直して販売することを明らかにしました。

KADOKAWAビジネス・生活文化局の川金正法局長は「読者や岐阜市の方々に迷惑をかけたことをおわびし、誠意ある対応をとりたい」と話しています。

しかも広告料を岐阜市が出してるのか460万円も。そりゃ怒るわ、特に「岐阜市が三重県内にある」なんつーのを見たら。「町田市は神奈川県の市です」よりもひどい(←いやそれも随分失礼な話だけどな(汗))。

っかし30箇所近い誤字脱字ってのも凄いな。ノーチェックで通しちゃったんだろうか…。

スポンサーリンク

雑誌に多少の誤字脱字は付き物とはいえ…。

ま、誤字といえば個人的に定期的購入して読んでるクイズ系の某雑誌が、たまーに誤字があるんですが、それが写真付きの人名のとこでやらかしたりとか「うわー、そこでやるか」という残念なケースがままあったりと。ま、このクイズ系の雑誌は対談とかが多く、ページ数も多くて文字も細かいんでこんだけ膨大な文字数があったらそりゃ誤字脱字も仕方ないよなーというレベルなんで「しょうがねえな、おい」で済んでる話なんすけど。

一方で、私、以前所属していたクイズサークルで「会報」も作っていたんですが(毎号毎号、40-50ページを超える会報でした…結構クイズに関係ない記事ばかりでしたが(苦笑))、なんつーか、暇人というか粘着質というか、毎号毎号目を皿のようにして熟読して、なおかつ一字一句チェックして誤字脱字があった日には喜々としてそれをメール等で事細かに「ご指摘」してくるゲストの方が居ましたね。

最初は「あんたよほど、暇だなー」って思ってたんですが、それだけの熱心な読者もなかなかいないでしょうよ、という周りの意見もあり、それこそ「そんな楽しみ方があるのか…しかしまあ、しょうがねえな、おい」で済ませちゃったんですけどね。

※で、最終的にはサシでの話し合いになり「いつもご意見ありがとうございます。後日脱字はスンマセン以後気をつけます。ただ、鋭意努力はしますが、それをゼロにするのは正直難しいですしそれやられると原稿書いてる連中が萎縮しちゃうので止めてください」と要請してからはやらなくなりましたけどね。

実はその方、住んでるのが大阪で、SNS上では毎日のようにいろいろと交流してきたり、さすがに土日もない仕事をしてるんで毎月ではないんですがスケジュールが合うと日帰りで新幹線回数券のようなものを使って新幹線で上京(開催してたのが東京都江戸川区でした)して参戦してきたり、と、「いやあ物凄く気合の入った御方だ…」と、周りから色んな意味で(?)一目置かれている人だったりしますが(苦笑)。

それでも後日脱字30箇所は多すぎるわ。あまりにも突貫工事が過ぎたんだろうかね?

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク