読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【川中島ダービー】新潟2-2甲府。甲府が2度リードして、新潟が2度追いつくとは(^^;)

ヴァンフォーレ甲府 スポーツ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/7862959@N02/12452618604

photo by smashmedia

新潟2-2甲府(スパサカ)

スカパーで見てました。

この対決は地元の英雄である甲府=武田信玄、新潟=上杉謙信ってことで「川中島ダービー」と呼ばれています。

で、「元祖」の武田信玄と上杉謙信の戦いである「川中島の戦い」が全5回行われて結局勝負がつかなかったように、実は(甲府が弱かった)J2の頃は別にしても、J1での対戦の時は、特に近年はほとんど引き分けが多い、というまさに「敵に塩を送る」の故事のような対戦成績だったりします(今調べたら、甲府から見て12戦で3勝4敗5分、とほぼ互角だったりと(大汗))。

ちなみに去年の「川中島ダービー」関係の記事はこちら…。 

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

うーん、やはり塩試合ばっかり(爆) 

スカパーでは「サタデーナイトマッチ」と称して…。

スカパーでは「サタデーナイトマッチ」と銘打って走行距離だのスプリント回数だのをリアルタイムで出してましたね…。で、ボール保有率がチームで60パー以上だった新潟が走行距離の上位を占め、守ってカウンターという甲府がスプリント回数の上位を占める、という極めてわかりやすい対戦ではありましたが。

FK絡みで先制して、すぐにFK絡みで追いつかれて…。

先制したのは甲府で前半14分、クリスティアーノの弾道の低いFKをキーパーが弾いたとこをこぼれ球を田中佑昌が押し込んでゴールということに。ところがそれから5分もしないうちに今度は新潟のFKのチャンスで加藤大がクロスを上げてゴール前の混戦の中で田中達也がやはりこぼれ球を押し込んで同点コール…という形であっさりと1-1に。

その後、新潟も惜しいシーンはあったんですが甲府の守備ブロックも固くてゴールには結びつかず1-1のままハーフタイムに突入してました。

で、後半にクリスティアーノの凄まじい直接FKが…。

後半15分にクリスティアーノがペナルティエリアの左手前で倒されてFKのチャンスを貰いまして、去年は柏レイソルでフリーキック3発でハットトリックを達成してただけに…と思ってたら、

どえらいフリーキックを決めてしまいまして(;゚д゚)

「いやすげえ、クリスティアーノ、やっぱしすげえ」と驚愕する次第でした。

ただ新潟もこれでは終わらず…、

この後、甲府のチュカが何度かシュートチャンスはあったんですが残念ながらゴールには至らず、逆に新潟はポンポンと速いパスをつなぎつつ前に攻めてくる攻撃に転じてきました。甲府の守備ブロックの裏を突く、という形のをすると少しずつ甲府の守備ブロックを破れるようになり、後半30分に指宿からのパスで加藤がうまく抜け出してペナルティエリアに侵入することに成功して、そのボールを加藤がシュートしたのがゴールの右隅に決まった…と思ったら、よくよく見たら実はさきほど先制点を決めた田中佑昌のオウンゴールだった、という事で、いずれにしても2-2の同点に追いつく展開に。

その後、甲府も新潟も一進一退の攻防戦→最終盤は「アウェーの引き分け勝ち点1でも良し」とやや割り切って守る甲府に「3連敗中で是が非でも勝ち越したい」新潟の激しい攻防戦となり、ロスタイム4分に達した直後、新潟のCKかな?と思ってたら主審がここでタイムアップの笛を吹き試合終了。甲府は3試合連続引き分けで、浦和に負けて湘南に勝ってから4試合連続負けなしということになっておりました。

ちなみに終了直後、新潟の選手たちが「おい蹴らせてくれよ!」と審判に詰め寄ったりしておりました…。いや、その気持ちは痛いほどわかりますわ(泣)

まあ甲府としては…守り切れなかったのが残念ではありますな。

甲府はとにかくけが人が多く、攻守の要になる選手も何人も欠いていて、特にCBの3バックの一角である大ベテランのバウル氏こと土屋征夫とか、前線で言えばクリスティアーノの良き相棒であるニウソンも欠いておりまして、正直このGWどうなるんだろう…と心配もしている次第でして。チュカはできればスーパーサブのような形で、敵の守備陣の体力が落ちてきた頃に使いたかったですな…。

ここ数試合、いずれもセットプレーからの失点が目立っていて、逆にセットプレーから点が取れている分、取られていることも多いという「視るサッカーとしてはおもしろいんだけど、うーん、守り切れねえ」って感じなんでそこはやはり一抹の、いや三抹ぐらいの(?)不安は否めないんですが…ただ、攻撃に関しては昨年とは格段に違って攻めることはできている。要はここらへんのバランスなんだろうな…って感じですね。

とりあえずGW中は、この新潟戦と、5/4のホームでの柏戦、更にかろーじてGWといえるのであれば、5/8のアウェーの横浜M戦の3連戦。レイソルは去年ルーキーで甲府に入り、移籍金を払ってでも欲しいとオファーを受けて移籍してしまった伊東純也が今日もゴールを決めて絶好調だとかで。いやあ油断ならない相手が続くなあ…というか、J1だとどのチームも全く油断ならねえ相手ばかりなんすけども(泣)

余談

なお我が家では後半戦の中継を見ながら息子にミルクをあげてたんですが、クリスティアーノのフリーキックが決まって私、絶叫…そしたら息子びっくりしてギャン泣き、という次第に(自爆)。

f:id:tony_togo:20160430215642j:plain

↑ちょっとピンボケしてますが、大号泣でした…すまぬ息子よ(汗)

風林火山 (新潮文庫)

風林火山 (新潮文庫)

 
天と地と 上 (文春文庫)

天と地と 上 (文春文庫)

 
上杉謙信 (吉川英治歴史時代文庫)

上杉謙信 (吉川英治歴史時代文庫)

 

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ