凄いなあ、歌丸師匠の「笑点の司会降板」のニュース、NHKでも流してるよ(;゚д゚)

スポンサーリンク




さっきの記事の話の続きになりますが…あのNHKもニュースとして取り上げておりました(汗)

凄いなあ、「みなさまの」公共放送のNHKが、ライバルの民放局の長寿番組の司会降板のニュースを流すだなんて。ある意味で歌丸師匠、「快挙」ですな(^^;)

落語家の桂歌丸さん(79)が、民放の演芸番組「笑点」の司会を来月の放送を最後に降板すると発表しました。落語家としての活動は今後も続けるということです。

これは桂歌丸さん本人が、30日行われたテレビ番組の収録で明らかにしたものです。歌丸さんは「笑点」に50年前の第1回の放送からレギュラーとして出演し、平成18年からは5代目の司会者を務めてきました。

去年6月には背中の手術や腸閉塞などで入院と退院を繰り返すなど、体調を崩して一時、番組を休んでいましたが、その後、復帰し、出演を続けていました。歌丸さんは降板の理由について、体力の限界と説明しているということで、関係者によりますと「寂しい気持ちはあるが、司会を若手に譲ることで番組を長く続けてもらいたい」と話しているということです。

歌丸さんが「笑点」の司会を務めるのは来月22日の放送が最後になるということで、そのあとは、「終身名誉司会」という形で番組に関わっていくということです。また、落語家として高座への出演などは続けていくということです。

スポンサーリンク

子供の頃から35年以上は笑点は見てますねー。

思えば親が好きだったり、年に何度か祖父母宅に泊りがけで行くと必ず日曜日夕方は「笑点」をテレビで流しながら晩御飯を食べてたので(大正生まれだった両親の親はどっちも早寝早起きで晩御飯も午後5時半ぐらいでしたな)、その影響で見てましたね。で、私の場合だと、かろうじて三波伸介師匠が出てた頃を覚えてますねー。歌丸師匠と罵倒合戦を繰り広げてた三遊亭小円遊師匠は覚えてないんですけども。

調べたら、三波伸介氏が急逝したのは昭和57年末で私は当時小2、小円遊師匠が亡くなったのは昭和55年秋で当時幼稚園児だったんでまあ覚えてないのは当然なんすけどね。後年、DVDで見て「この人かー」って呟いたもんでした(苦笑)。

で、小学校のクラスメートなんかでは当時は土曜夜は「8時だよ全員集合」か「ひょうきん族」かは完全に分かれてたんですが(私はどっちかというとドリフ派でした。母親は子供に見せたくなかったらしいんですけど、親父が死ぬほどドリフが大好きでしてねー(爆))、なぜか「笑点」だけは自分の周りの子はみんな見てる、っていう不思議な環境でした。なので「昨日の歌さん、隣の楽太郎に扇子で頭ひっぱたいてたね」とか、子供ながらにみんな「歌さん」って呼んでましたし(笑)。三波伸介師匠が亡くなって先代の圓楽師匠が司会になって、毒さは抜けたんだけど大喜利の司会進行がスムーズになったね、とか話している奴もいましたね。そんな小学生の話題じゃねえよ今から思えば(^^;)。

私が見始めてから、歌丸師匠はずっと出てたんだな…。

なので、自分の場合は必ずいたのが木久蔵→木久扇師匠、楽太郎→6代目円楽師匠、こん平師匠、それとざぶとん運びの山田君でしたか(松崎真氏がいつからか山田君に替わってた印象しかないんすけど)。小遊三・好楽両師匠は後から入った印象があるんすけども…なので、こん平師匠が病気でお休み→たい平師匠に替わった時、先代の圓楽師匠が司会を引退された時も寂しさを覚えたもんでしたが、いやあ歌丸師匠、ご高齢とご病気とはいえ、やはり寂しいっすわー。

あの歌丸vs楽太郎→6代目円楽の罵倒合戦は大好きだったんだけどなー。

笑点音頭

笑点音頭

  • アーティスト: 立川談志 笑点グループ(歌丸・小痴楽・円楽・こん平・金遊・毒蝮)
  • 出版社/メーカー: KING RECORDS
  • 発売日: 2012
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
-40周年記念特別愛蔵版-笑点 大博覧会 DVD-BOX

-40周年記念特別愛蔵版-笑点 大博覧会 DVD-BOX

笑点 ありがとう円楽さん! ~五代目 三遊亭円楽さんを偲ぶ映像集~ [DVD]

笑点 ありがとう円楽さん! ~五代目 三遊亭円楽さんを偲ぶ映像集~ [DVD]

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク