読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

正月の「ニューイヤー駅伝」の選手に犬が飛びついてしまった件→飼い主、書類送検へ。

スポーツ 雑談 ツッコミ

スポンサーリンク

飼い主 書類送検へ ニューイヤー駅伝コースに犬  : 上毛新聞ニュース

新春早々からランナーおよび関係者、視聴者をびっくりさせた件がありました。

www.muroktu.com

で、最終的には飼い主を書類送検という事に。まあなー仕方ねえよなあ。

群馬県を舞台に元日に行われた第60回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の沿道応援をしていた際、飼い犬がコース上に出たことにより選手を転倒させたとして、高崎署が、高崎市内に住む飼い主の男性(69)を県動物の愛護及び管理に関する条例(飼い犬の係留義務等)違反の疑いで、書類送検する方向で最終調整していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者らによると、トラブルは1月1日午前10時ごろ、2区約3・6キロ地点の同市上大類町で発生。2位集団を走っていたコニカミノルタのポール・クイラ選手が車道に飛び出してきた小型犬につまずいて転倒した。男性は飼い犬を常時係留せずに車道に放し、選手を転倒させた疑いが持たれている。

 男性は同署の事情聴取に対し、容疑を認めているという。

 駅伝は、トヨタ自動車が優勝し、コニカミノルタは21秒差で2位だった。同署はトラブルがテレビ中継され、インターネット上で話題となるなど社会的反響が大きいことから、立件に踏み切るもようだ。被害届は提出されていない。

 目撃していた60代男性は「とても驚いた。(男性は)幼児を抱きかかえており、気を許した際にリードを放してしまったのでは」と話した。

さすがに1位と3位に絡んだトヨタ自動車の関係者ではなかった模様(←あたりまえだw)

ここで「歯止め」かけとかないと確信犯でやる馬鹿も。

アテネ五輪の男子マラソンを妨害したキチガイの神父もそうですが、世の中、本当に「後先考えずに」やらかす馬鹿が多いだけに、この手のことは厳しく対応しないと、騒動が起きた後が厄介ですしね。特に箱根駅伝なんかは、本当に1-4区のあたりは1分差で数大学が競ってる、みたいなことが多いですし。選手の邪魔にならんとこだったら別にフリーザ様でもなんでもいいんだけど(←そうか?(;´・ω・))

あとは確信犯じゃなくてもペットと子供はなー。ペットの場合は選手が倒れて怪我しかねないけど、親の手を離れた子供がよちよち歩きで沿道に出たら、選手も怪我するけど、子供もより大きな怪我をしかねないしな。たぶんこの犬を連れた男性は二度とニューイヤー駅伝を見に来ることはないでしょうけどね。もう怖くて連れていけねえよ(泣)

しかもコニカミノルタが21秒差で「惜敗」してるだけにな。

でも大したもんだなーと思うのは、正月の記事にも書きましたがこんなアクシデントをもろともせず、コニカミノルタは最終的には21秒差の2位、ということに。ま「あの犬がなければー」と思うのは当然としても、やっぱり強いわーと思わざるを得ないっす。

ちなみに今年の箱根駅伝で優勝した青山学院大の神野大地選手はその2位のコニカミノルタに、一方で2位だった東洋大の服部勇馬選手は優勝したトヨタ自動車に入社するんだそうで…。うーん、そこらへんの同学年の因縁はまだ続くんだねえ(苦笑)

駅伝ランナー<駅伝ランナー> (角川文庫)

駅伝ランナー<駅伝ランナー> (角川文庫)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ