【千葉ロッテ】ドラフトの下位指名から「成り上がってくる」選手が出てくるのも醍醐味の一つ、かも(笑)

スポンサーリンク




Shogi

ロッテ5位有吉、番長が認める成り上がり候補生 – 野球 : 日刊スポーツ

ドラフトの上位指名選手も勿論いいけど、ドラフトの下位指名でこういう掘り出し物的な選手を見つけてくるのもスカウトの醍醐味なんだろうね(笑)

ロッテに“成り上がり”候補が現れた。ドラフト5位の有吉優樹投手(25=九州三菱自動車)が新人で唯一、3日連続ブルペン入り。ノーワインドアップから、右打者の外角低めをひたすら狙った。60球を投げたが、球審がついた状態で直球を52球。逆球は最初の1球だけ。41球でストライクをコールされた。ストライク率約79%。5球に4球と高い割合だ。「社会人よりも低めをしっかり取ってもらえる。気持ち良かったです」と笑顔で振り返った。

 見守った日刊スポーツ評論家の三浦大輔氏(43)は「バランス良く投げている。だいたいベルト付近に集まっていた。打者が立ち、実戦で、どうなるかだね」と評価した。現役生活25年。制球でならした先輩右腕の言葉に、有吉は喜んだ。先月のNPB新人研修で講師に立った三浦氏の言葉を胸に刻む。「三浦さんは低めを生命線にしたと。僕も低めにまとまるのは特長。自分の信念を見つけて、三浦さんのように成り上がりたいです」と、ドラフト6位からエースとなった同氏の姿を目標にしている。

 「制球が安定している。意外と面白い」と、伊東監督の目にも留まった。順調なら、17、18日の紅白戦で実戦デビューする。成り上がる。【古川真弥】

ハマの番長から絶賛されたのはいい自信になりそうだ。25歳でドラフトで獲得したってことは「じっくり育てる」よりも「あわよくば即戦力で使えるかも」って思惑もありそうだし。これでチャンスを得てうまく1軍のベンチ入りに食い込めるといいですね。

スポンサーリンク

うまく行けば大松の再来・左の長距離砲になるかも…。

ロッテ・菅原、積極的に存在をアピール!伊東監督「魅力ある」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

育成指名で入団して1軍キャンプに抜擢された菅原選手、頑張ってるなあー。

ロッテ春季キャンプ(3日、沖縄・石垣島)育成で入団した新人としては球団で初めてキャンプが1軍スタートとなった同D2位・菅原(日本ウェルネススポーツ大)は全体練習前にフリー打撃を行うなど積極的に存在をアピール。「売りが打撃なのでもっと上げていかないと」と意気込んだ。1メートル83、95キロの大柄な体で、伊東監督は「遠くに飛ばせる、魅力ある選手」と評価した。

なんか体格といい、長打力といい、去年までロッテにいた大松を思い出すわ。

いずれにしても怪我には気をつけつつ、大事に育てて欲しいね。もしかしたら数年後にはそれこそ大松がつけてた背番号10をつけてるかもしれないね(笑)。

成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)

成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク