読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

たぶん今後死ぬまで3代目中村橋之助→8代目中村芝翫丈は奥様に頭が上がらないんだろうな…(失笑)

ツッコミ 雑談 伊集院光

スポンサーリンク

Gion

中村橋之助「時間忘れるほど叱られた」禁断愛を謝罪 - 芸能 : 日刊スポーツ

かつて自分の親父さんが名乗っていた中村芝翫(しかん)…という歌舞伎界では200年ほど続く、なかなか大きな名跡を継ごうとしているこのタイミングで、よりによって「これ」かよ?って、たぶん歌舞伎ファンは唖然としつつ、苦笑いしてんだろうな。

※ちなみに「丈(じょう)」は、歌舞伎役者の方につける敬称です。十両以上の相撲取りに「××関」と呼ぶようなあれと同じです。まあ最近は「さん付け」が多くなって、使う機会も減ったらしいんですけどね…。

歌舞伎俳優中村橋之助(51)が14日夜、今日15日発売の週刊文春が京都の30代芸妓(げいぎ)Aさんとの密会を「禁断愛」と報じる件について、都内で会見を行った。事実上の不倫疑惑報道だが、男女の関係については否定せず、妻でタレント三田寛子(50)に叱られたことを明かした。

  約20分間の会見で、スーツ姿の橋之助は「不徳の致すところ」を8回、繰り返した。10月に、大名跡の8代目中村芝翫(しかん)を襲名する目前の報道に、終始、平身低頭だった。

  週刊文春には、先月29日に東京・浅草寺で行われた襲名披露のお練りをAさんが見守っていた様子や、同日夜に2人が密会したこと、同じ週に3回、Aさんが宿泊するホテルを橋之助が訪れたことなどが写真とともに報じられる。掲載される事実関係の確認、男女の関係の有無を問われた橋之助は「不徳の致すところ」と、否定しなかった。

  橋之助によると、Aさんのことは20年以上前から知っていたという。歌舞伎はもともと京都で生まれ、毎年公演も行われ、花柳界との縁も深い。橋之助はAさんについて「襲名のことでご尽力いただくことが多かった」とした。

  文春に記事が出ることを、妻の三田にも報告した。橋之助は「もちろん謝りました。きつくきつく叱られました。時間も忘れるほどでございます。普段は物静かですが、大きな名跡を継ぐ認識が足りないのでは、と言われました」と振り返った。

  結婚25年。芸能界のおしどり夫婦で知られる橋之助と三田。歌舞伎役者の遊びは芸の肥やしと言われることについては「夫婦間でそういう認識はしていない」ときっぱり話した。離婚に進む可能性には「ないと信じております」。

  夫の襲名だけでなく息子たちの襲名も控えている三田にとっては毎日、関係各所へのあいさつ回りや、配り物の手配などで奔走している時期。さらにおわび行脚が加わってしまった。橋之助は「僕以上に家内の胸は張り裂けていると思う。僕のような人間に、よくこんなに長い間、ついてきてくれているなと思います」と妻の苦労を思いやった。

  襲名に向けて「おごり、焦りが出た。私の責任」と語った橋之助。妻へのプレゼントは「何より襲名興行を滞りなく行うこと」と話し、深々と頭を下げて会見を終えた。

いやあほんとにジャンル問わないな、文春砲(爆)。

にしても今年は落語の三遊亭円楽師匠なんかも不倫がバレて(あれはフライデーでしたっけ?)、謝罪会見でむしろインタビュアーを感服させるぐらいの笑いあり涙ありの「対応」をしましたが、

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

さっすがに歌舞伎役者じゃ笑いに持っていくわけにもいかねえし、「錦糸町の師匠」のようなテクニックは使えねえわな(苦笑)。後援会筋とか興業元の松竹とかへのお詫び行脚は大変そうですわ…。

しかし奥さん偉いわ(;゚д゚)

三田寛子が会見 離婚は「ないで~す」 - 芸能 : 日刊スポーツ

梨園の奥様はとにかくお忙しくて、スポンサーや後援会や重要なファンとかの顔まで覚えて挨拶とかの言葉がないとすぐにチェックが入る…みたいな世界だそうですしね。それでもたまにTBSの昼の「ひるおび」とかに出て、タレント業も続けてるんだから、この人は凄いですわ。

歌舞伎俳優中村橋之助(51)の妻でタレントの三田寛子(50)が16日、都内の稽古場前で会見した。

  15日発売の「週刊文春」で夫の中村橋之助が京都の30代芸妓(げいぎ)Aさんと密会していると報じられた。掲載された事実関係の確認、男女の関係の有無を問われた橋之助は「不徳の致すところ」と否定しなかった。

  三田は雨の降る中、来月の中村の「中村芝翫」襲名の打ち合わせのため稽古場に姿を現すと、ビニール傘をさしながら「このたびは、多大なるご迷惑をお掛けしまして、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。「これまで夫婦で支え合ってきましたが、私も主人も至らない点がありまして、深く深く反省しております。地に足をつけて頑張っていきたい」と話した。

  報道陣から中村の様子を質問されると「言葉少なに反省している様子です」とし、「これからが男としてのみせどころとして、中村芝翫を継ぐ人間として頑張ると申しております」と、説明した

  最後に「離婚は」という質問が飛ぶと「ないで~す」と明るく答えて約10分間の会見を終えた。

いずれにしてもこんなに肝のすわった奥様だと、もう橋之助氏は死ぬまで奥様に頭が上がりませんわ…。圓楽師匠もそうだけど、たぶん歌丸師匠が冨士子夫人に頭が上がらない恐妻家みたいな感じになるんだろうね(苦笑)。むしろ奥様の方がにこにこ顔で「いいのよ、それは芸の肥やしなんだからたまには祇園に遊びに行ったって」とか言いそうで、「いやいやいや。」と。橋之助丈からすれば「これはきっと孔明の罠だ」みたいな感じに(謎)

ま、私は3歳児の子供もいるし女遊びはしませんが、そうでなくても、うちも奥さんが怖いので(以下略)

三代目 中村橋之助

三代目 中村橋之助

 
84 八代目中村芝翫

84 八代目中村芝翫

 
歌舞伎界の家系・役者 梨園のひみつ (Book of dreams)

歌舞伎界の家系・役者 梨園のひみつ (Book of dreams)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ