読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

名古屋が川崎の風間八宏監督を次期監督に、という「眉唾的な記事が」あったんだが…え、マジなの?(;゚д゚)

ツッコミ スポーツ

スポンサーリンク

Tamada double teamed

名古屋新監督に風間氏最有力 川崎Fでの手腕評価 - J1 : 日刊スポーツ

午前中にこの記事を見た時には「おいおい、なんでJ1王者も狙うようなチーム監督がわざわざJ2に落ちるチームの監督をやるんだ?」というツッコミを禁じ得なかった次第で。勿論懐疑的というか、冗談は顔だけにしろ、的な(爆)

J2降格が決まった名古屋の来季新監督に、川崎Fの風間八宏監督(55)が最有力となったことが17日、分かった。Jリーグ関係者によれば、既に水面下で打診を済ませている。同監督は今季限りで川崎Fを退団することが決定。23日からチャンピオンシップ(CS)を控えていることから、CS終了後にも正式交渉に入り、順調なら年内に正式決定する。

 名古屋が再建の切り札として、川崎Fの風間監督に白羽の矢を立てたことが判明した。Jリーグ関係者によれば、来季の新監督として一本化。既に水面下で打診を済ませている模様だ。同監督は今季限りで、12年から指揮を執る川崎Fの退団が正式に決まっている。しかし、23日からCS準決勝・鹿島戦を控えており、CS終了後にも正式交渉に入るものと見られる。

 来季のJ2降格が決まったことで、名古屋側は96年まで監督を務めたベンゲル氏(現アーセナル監督)を“アドバイザー”として、強豪復活の助言を求めていた。当初はカメルーン代表監督などを務めたポール・ルグエン氏(52)らを新監督候補に挙げていたが、クラブ内部の派閥争いで横やりが入って完全消滅。12年から川崎Fの指揮を執り、元日本代表FW大久保嘉人を3年連続得点王にするまでに育て、今季は優勝争いを繰り広げた風間監督の手腕に注目。日本人では最高クラスの監督として、指揮を委ねる方針を固めた。

 1年でのJ1復帰だけでなく、昇格後すぐJ1で優勝争いに絡むことが目標になる。Jリーグでは、13年にJ2だったG大阪が、長谷川健太監督を招聘(しょうへい)して昇格初年度の14年に3冠を達成した経緯がある。そのため、補強では歴代2位のJ1通算161得点を挙げている広島の元日本代表FW佐藤寿人(34)と、湘南MF長谷川アーリアジャスール(28)の獲得に乗り出している。名古屋は、風間監督で完全復活する考えだ。

 「あの暴れん坊の大久保嘉人をうまく使いこなしてる」風間監督が川崎の監督を5年で「勇退」するという話は聞いたし、「あの」大久保嘉人を使いこなしてるんだから、

www.muroktu.com

通算得点数的には大久保とほぼ同数な広島の佐藤寿人を呼んで「使いこなしてJ1復帰、更にJ1でのタイトルを」 と目論んでるんかもしれないが…いやいや、名古屋の癌は監督や選手ぢゃなくてもうちょっと上の連中の主導権争いなんだがな。そんな対処療法じゃなくてその前にちゃんと「癌は切除」しようよと(爆)

「いやあこれはさすがに飛ばし記事でしょう。五輪監督とかだったらまだわかるけどな」と、ひとりごちしてたら、夕方、こんなニュース記事があった。

<J1名古屋>新監督に川崎・風間氏就任へ (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

毎日新聞、マジか?(;゚д゚)

来季2部に降格するJ1名古屋の新監督に、今季限りでJ1川崎の監督を退く風間八宏氏(55)が就任することが固まった。18日の練習前、クラブから選手に説明があった。

  関係者によると、名古屋は当初、フランス出身でカメルーン代表監督などを務めたポール・ルグエン氏(52)と交渉を進めた。しかし、これが難航する中、早期のJ1復帰のためには日本人監督が望ましいとの意見もあり、風間氏が浮上した。

  風間氏は元日本代表MFで、2012年に川崎監督に就任。今季はリーグ年間2位でチャンピオンシップ進出を決めている。

  また、ゼネラルマネジャー(GM)に元横浜マ・チーム統括本部長の下條佳明氏(62)が就任することも同日、選手に伝えられた。この日で、外国人選手を除く全選手の1回目の契約更改交渉が終了。多くの選手が新体制が決まっていないことへの不安などを理由に態度を保留しているが、次回以降の交渉には、新GMも同席できる見込みだ。【倉岡一樹、岸本悠】

で、ここで新しい監督がGMが決まった、正確には「たぶんそうなるだろう」という話を選手に伝えたのか。んー、日程的には仕方ないのかもしれないけど、これと契約更改、正直言って順番逆ぢゃね?

なんか言いたいことがあるんだが、うまい表現が見つからず、

f:id:tony_togo:20161118202839j:plain

と、名古屋のフロントを罵倒して終わりになってしまいそうで、さてどうしたもんか…と思ってたら、つい今しがた、個人的にフォローさせてもらってる浦和サポの方のツイートを見て「あー、いいこと言うなあ」と思ったりと。

まさにこれなんすよねー。「人の痛みが分からんor知ろうとしない奴」が重要な事を決めてるって感じがねー。

ま、これはトヨタ(名古屋)だけじゃなくて日産(横浜M)もそうだし、実はちょっと前の三菱(浦和)もそうだったんすけどね、元ラガーマンの社長だった頃は。なんか選手を下請け会社の下男下女や、ひどいと自社の中古車のように扱っている対応がねー。

なんかアマチュアの企業スポーツ・実業団チームの頃の「しょせんお前らは親会社の福利厚生の一環なんだ」的なノリが思いっきり鼻につくのはなぜだろう。そしていずれも自動車メーカー、しかも日本や世界を代表する自動車メーカーがこれをやらかしてるのは。不思議だわー。マツダやダイハツやスズキあたりは気を付けるように(苦笑)

風間塾 サッカーを進化させる「非常識」論

風間塾 サッカーを進化させる「非常識」論

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ