読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

名古屋グランパス「来週、うちの社長がチーム低迷の説明会をやります。ただし限定100人ですが」←は?(;゚д゚)

ツッコミ スポーツ

スポンサーリンク

Toyota

J2降格危機の名古屋が異例の“低迷説明会”開催へ 久米社長が限定100人に ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

うーん、どうもサポーターの逆撫でしかしてないような…。ま、これのきっかけを作ったのはうちのチーム、我が甲府が勝っちゃった件なのは差し置いても(大汗)。

クラブ初のJ2降格危機に直面している名古屋が24日、チームの低迷について異例の「説明会」を開催することを発表した。

 久米一正社長(60)が自ら直接ファン・サポーターに説明会を行うもので、説明会は31日にトヨタスポーツセンターの第2体育館で開催。時間は午後6時45分から1時間半の予定となっており、定員は100名。

 名古屋は22日にクラブの公式ホームページに「ファン・サポーターの皆さまへ」と題する声明文を掲載し、久米社長と小倉隆史ゼネラルマネジャー兼任監督(43)が成績不振を謝罪するとともに今後も応援してくれるよう要請。だが、翌23日に行われた甲府戦も1―3で敗れ、第1ステージから13試合連続勝ちなしとなった。

 残留を争う相手との直接対決にも3失点で大敗を喫し、第2Sは最下位、年間順位でもJ2降格圏の17位となったことから、試合後は成績不振について説明を求めるファン・サポーターが深夜までスタジアムに居残るなど騒動に発展していた。

 そのため、クラブは前回の謝罪文からわずか中1日ながら、再びホームページを更新し「説明会開催のお知らせ」を発表。「このたびは、深夜まで及ぶ長時間に渡ってのご説明となってしまったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪するとともに、説明会では「今後の方針とファン・サポーターの皆さまから頂いたご意見に対する回答」を久米社長が説明するとしている。

どうも昨日は試合後2時間ぐらい、スタジアムのゴール裏とかに帰らないで陣取って、そのあげく、監督も社長もとっくに帰っちゃって、"仕方なく"チームスタッフが対応して「チームからの正式発表は明日の新聞に出ます」…みたいな事を言っちゃって更に怒らせた、みたいなことがあったそうですけどね。

この「低迷説明会」で納得できる「回答」はあるのかね?

で、この「低迷説明会」ですわ。いやあ、「世界のトヨタ」らしからぬ対応の悪さ、というか。「ぶっちゃけトヨタ系列のスポンサーさえいれば、おまえらサポーターの貢献度なんか微々たるもんだボケ。」的なこの殿様商売みたいな態度を取れるんだから、さすが大企業がバックにいると違うなあ、って思いますわ。だってやろうと思えば何百人だって入れる講堂や会議室みたいな施設は持ってるんでしょう?世界のトヨタ様は。

「どうせJ2なんか余裕」って思ってるだろ?

なんか違うよなーって感じ。運よく今年はJ1に残れても、来年再来年はわかんないぞ。

もっといえば「ガンバ大阪やFC東京ですら1年で戻ってこれたんだからうちだって余裕で」って思ってそう。

それこそ、「カネぶちこんでそこそこ名の知れた選手使ってりゃJ2なんか余裕だろ?」と、某ヤンマーや某古河電工+JR東日本が親会社になってる某チームどもがもう何年もJ2で苦戦してるのに…。親会社を持たない貧乏チームなんかは「おやおや、ン10億円かけてもこれですか」って内心嘲笑してるとこだぞ、おい(爆)。

せめてサポーターぐらい大事にしてあげてよ。

頼む。せめて毎試合のように足を運んでくれるサポーター・ファンを「ないがしろ」にするのは止めてくれ。そんな「はいはい説明会は開きましたよ」的なアリバイ的なイベントするんだったら、もうちょっとサポーター・ファンを大事にする気持ちを持ってほしいですわ。

しかしそこらへんの「カイゼン」はしないんだな、「世界の」トヨタ自動車様わ(皮肉)。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ