私、「クッキングパパ」だけは欠かさずに毎週読み続けていて、最新刊も買ってますわ(笑)

スポンサーリンク

長すぎィ!途中で読むのをやめた漫画ランキング(2017年3月29日現在)

てな記事があって、上位ランキングの作品を見てみたんだけども…。

「長すぎて途中で読むのをやめた漫画」を調査・ランキングにしてみました

1位 ONE PIECE (既刊84巻)
2位 名探偵コナン(既刊91巻)
3位 こちら葛飾区亀有公園前派出所(全200巻)
4位 BLEACH(全74巻)
5位 ジョジョの奇妙な冒険(既刊118巻)シリーズ累計
6位 王家の紋章(既刊62巻)
7位 美味しんぼ(既刊111巻)
8位 銀魂(既刊67巻)
9位 NARUTO -ナルト- (全72巻)
10位 ふたりエッチ(既刊69巻)
11位 はじめの一歩 (既刊116巻)
12位 犬夜叉 (全56巻)
13位 ゴルゴ13 (既刊183巻)
14位 FAIRY TAIL(既刊60巻)
15位 あさりちゃん(全100巻)
16位 パタリロ!(既刊97巻)
17位 MAJOR (全78巻)
18位 クッキングパパ(既刊140巻)
19位 ドカベン(既刊197巻)シリーズ累計
20位 スーパーマリオくん(既刊52巻)

実はONE PIECEをほとんど読んだことがない(汗)。一度だけ漫画喫茶で通しで読もうかなあと思ったら、急用ができて1巻の50ページあたりで中座する羽目になってそれ以来…。

スポンサーリンク

こち亀は105巻のあたりで「挫折」しました(爆)

この中で「あー、わかるわかる」と思ったのが「こち亀」。私は1巻から105巻迄はほぼ単行本持ってたし、リアルタイムの連載ではなかったにしろネタが精通するぐらい好きだったんですが(ここのブログでも「んなこち亀のオチじゃないんだから」と何百回使ったことかw)、105巻を過ぎたあたりから全く読まなくなりましたね…、たぶんこの前後に「SLAM DUNK」と「DRAGON BALL」の連載が終わったんで、週刊少年ジャンプ自体を見なくなった事が原因なんでしょうね(あと「ジャンプ放送局」が終わったのも大きかったような。検索して調べたらこれらはほとんど1995-1996年に終わってるんですね)。

なので、こち亀は106巻以降は殆ど知りません。一度だけ、漫画喫茶に篭って3時間パックで106-135巻をバーっと一気読みしたんですが「ま、そんなもんだろう」と。あとは昨年連載が終わる直前に、ブックオフで190巻以降を立ち読みしたのと、こち亀の200巻が出た時にコンビニで立ち読みしたぐらいかなあ。友人筋には「中川巡査の友人として小室哲哉が出てきた時点で読むのをやめた」って半分ネタにしてるんですが(いや、本当の理由じゃないっすよ。TMN好きだし…)、これも今しがた検索で調べたら、104巻に収録されてるそうで、まあ時系列的にはぴったり(爆)

そうそうはてなブログのブロガーさんが、

てな記事をかかれてた時に、

「えー、タバコ屋の洋子ちゃんはダメなん?」

という連載初期のネタをツッコミしてしまった私が(泣)。

クッキングパパはリアルタイムで読んでるし本も買ってるし。

一方で、ジャンプを卒業して代わりに読み始めたのが「少年マガジン」と「週刊モーニング」だったもので、「はじめの一歩」は単行本は買ってないんですけど、毎週のように立ち読みで(←いや買いなさいよw)、「クッキングパパ」はモーニングでも読んでるし、単行本も古いのは実家に、新しいのは我が家にあります。

というか、クッキングパパは、冒頭にも画像貼りましたが、

昨日、最新刊をamazonで購入して届いたばかりで(爆)。140巻ですわー。もう上はシリーズ物を除けば、こち亀とゴルゴ13しかいないんだもんな…。

それにしてもこの作品も、確か21巻だか22巻で荒岩サンとこにみゆきちゃんが生まれて、この140巻で中学生に、ですもの(爆)。ついでに書くと、このみゆきちゃんが生まれた際に、荒岩さんの奥さんの虹子さんが帝王切開で出産して入院期間が伸びたのと、荒岩さんの仕事が韓国出張→日本で韓国フェアを開催することになってその準備で多忙になって寝坊したのがきっかけでできた料理が「おにぎらず」だったという逸話も。まさかそれから20数年後に「おにぎらず」が大流行することになるとはねー(笑)

↑みゆきちゃん、自分でお弁当作って、なんとおにぎらずを食べてます(苦笑)

ゴルゴ13は図書館に全巻揃ってるもんで(笑)

私自身「あー、もうついていけねえなあ」と思って最新作を追いかけるのをやめたのは「キャプテン翼」シリーズと「ドカベン」シリーズ、あとは「美味しんぼ」ですかね。たまに行く近所の図書館には、ゴルゴ13と美味しんぼが全巻、こち亀とはじめの一歩もほぼ全巻揃ってるんですが、美味しんぼは初期の頃の単行本はよく読むんですけど、最近のは全く読まないです。まあ原作者がアレで(以下略)。

それ以外だと、ゴルゴ13と「風の大地」はそれぞれ連載されている「ビックコミック」「ビッグコミックオリジナル」は毎月2回発売されてますが、毎号立ち読みでチェックしつつ、単行本も気に入れば買う、みたいな感じで買ってます。でも自分が中学生ぐらいの頃は、漫画喫茶ともネットカフェもブックオフもなくて、地元の小さい古本屋さんがある程度で、そこに売られてきた古い漫画本を楽しみにちょいちょい立ち読みしたり買ったりしてたのを思うと、今は本気を出せば(?)蔵書の多いネットカフェでこち亀なんかも3日ぐらい篭もればで全巻読破できる時代ですものね…。

※そういう意味では個人的には立川駅南口前にある「ポパイ」というネットカフェには前からさんざんお世話になってます。禁煙ルームでもヤニ臭いのが難点だけど…。

成田の両親が、実家で漫画本の一斉処分をやった結果…。

そういえばこないだの日曜日に法事があって成田のうちの両親も来た時に話してたんですが、実家には私と弟・妹が買いまくった膨大な数な漫画本などがあるんですが、先日、両親ともども70歳を迎えるし、それと妹から家の中で飼うことができる犬を預かることになった際に、家の大整理をすることになってとりあえず手始めにと既に家を出てる私と妹の漫画本数百冊を処分したらしいんですね(私が持っていた「クッキングパパ」も90巻以前は実家に全部おいてきちゃったもので)。

その時の重量が、

なんと200kg(爆)

さすがにここまで本が多いと、全てをブックオフに持っていくことはせずに、きれいな本とそうでない本を分けて、きれいな本を売ったら2000円ぐらいで買い取ってくれて、そうでない本は車で地元のクリーンセンターに持参したんだそうです。それにしても200kgか…これでもまだ弟の分とかが残ってるらしいですから。東日本大震災の時は成田の実家周辺は震度6弱で、二階の箪笥が少しずれたり、本棚から漫画本という漫画本が全て床に落ちてそれらの掃除と整理整頓に大変だったそうですし。

もっともうちの兄弟、私と妹は「買うまでが」楽しみで買った後はそれほどモノへの執着心がない(これは子供の頃にお気に入りの本を、(主に弟の手で)ボロボロになったら母親に勝手に捨てられてたから)んですが、弟はそれをやられて物凄く反抗した結果、母親は弟だけにはそれをやらなくなった経緯があって弟だけはモノへの執着心が物凄いんですね。果たして実家の大整理の結末は…ま、それはどうでもいいや(をい)。

あと、どうでもいい余談としては、最近、「3月のライオン」にハマって「ヤングマニマル」を読み始めた流れで、↑のランキングにも載っている「ふたりエッチ」も楽しみに読み始めて、最近はブックオフでも立ち読みし始めた…ってのはここだけの話で(大汗)。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク