我が家のネット環境がケーブルテレビからフレッツ光に替わった。

スポンサーリンク




先日、スマホの機種変更をした際に、ケータイ代が安くなるのと速度が早くなるというセールストークにまんまと乗せられて(?)、自宅のネット環境が地元のケーブルテレビから、フレッツ光に切り替わることになりました。その工事が今日行われまして…。

スポンサーリンク

工事は比較的あっさりと終了しまして。

今日は私は自宅で所用をこなしていて、おじいちゃんがデイサービス、妻が気分転換に出かけてましたので息子とふたりで留守番してました。ところが、息子、お昼におかゆを食べさせたら全然口も開いてくれず、ではミルクを…と思ったら抱っこすると首の裏側とかがなんか熱いので熱を測ったら37.6度、と先週ちょっとした風邪をひいてたんですがまた「ぶりかえしてしまい」、冷えピタをおでこにつけてアイスノンを枕にして寝かせたり、ゆっくりゆっくり経口補水液とかを飲ませてました。

実は今日は午後からNTTのフレッツ光の工事の人が来る予定になってまして、所用をこなしつつ、ルーターなどを置いているパソコンの部屋の台とかを掃除したり、書類やその他もろもろの整理もしてました。私、昨日は用事が立て込んでたり調子が余り良くなかったりで寝たのが午前3時、起きたのが朝7時で、しかも眠りが浅く、うーん、俺も体調よくねえなあ…なんて思ってたら、息子をミルク飲ませ終わってから妻が午後1時半ぐらい帰ってくるまで、45分ぐらいでしたが座椅子によっかかって「爆睡」して頭がスッキリしたので助かりました(苦笑)

で、業者さんはルーター等の機器のセッティングでおひとり、家のケーブル等の工事が必要な場合に備えて車を止めてコーンとかを置いたりする警備員さん風の方がおひとりの合わせて二人でやってきました。実は我が家、8年ほど前にプロバイダーを地元のケーブルテレビ(多摩ケーブルテレビという会社です。居間のテレビはケーブルテレビを長年導入していて、妻一家は巨人戦のG+を見てます)に切り替えたんですが、その前はNTTのフレッツ光だったんで家の外の大幅な工事は必要なかったようです。

これは冒頭の写真と同じなんですが、この「NTTマーク」のルーターが我が家で「復活」しました(苦笑)。

ちなみに8年ほど前にNTT(プロバイダーはOCNでした)→多摩ケーブルテレビ(au系列です)に切り替えたきっかけは我が家にセールスマンがやってきて、当時は夫婦揃ってケータイはauだったんで「ケータイ代が安くなりますよ」の殺し文句に嫁さんがOKしちゃったのがきっかけでした。もっとも、その翌年にガラケーからスマホに切り替える時にMNPを試してみたくてauからドコモにしちゃったんですけどね(爆)

無線LANの親機などを買いに近所のコジマ電器へ。

で、今回、ネットの速度が(最速でではありますが)43Mbpsから1Gbpsになるので、業者さんが帰られた後に近所のコジマ電器まで行ってきました。ついでに妻から「チビちゃんの冷えピタも切れちゃったから買ってきて」と。幸い、コジマ電器には化粧品やシャンプー、湿布なども売ってるのでたぶんあるだろうなーとか思いつつ。

※私、たまにシャンプーやお風呂の洗剤をまとめ買いしたついでにマッサージチェアのお世話に(苦笑)

で、買ったのが、

BUFFALO社の無線LANの親機と、

10年来、ルーターのそばで使っていたタップがもうホコリだらけでどうしようもなかったので6個コンセントがあるタップと、

子供用の冷えピタ、でした。物凄く目立つとこにあってびっくりしましたわ(爆)

帰宅後ネット開通までが大変でした。

で、帰宅しまして、少し休んでから私と妻の、それぞれのパソコンとiPhoneのwi-fiの開通作業を。

基本的に私は無線LANや外付けHDDはいつもBUFFALOさんの商品を愛用してるんですが、過去3回ほど新規で買っていろいろとやったけど、それほど難しい作業じゃなかったなあ、みたいな感じで始めてみました(←ま、後述しますが「難しいことになった」ことが一度あったんですが、すっかり忘れてました(爆))。

最初は人体実験(?)を兼ねて私のパソコンを。

さきほどのNTTマークの入ったルーターの隣にあるのが今回新しく買った無線LANの親機でした。

こうして台を作って隣のNTTのルーターとLANケーブルで繋いだりしまして、

赤いボタンを押すとパソコンのネット環境のとこに「ネットに入れる」とこが出てきまして、このセットアップカードに書いてあったAOSS2キーと書かれた番号とかを打ち込んだりしまして「完了しました」の表示が出て一安心…のハズでした。

ところが私のパソコンからはなぜかネットが見れなかったんですね。

妻のパソコンの方を先に…あれ、ネット見れてるぞ?

どうもよくわかんなかったんですが、よくよくマニュアルを見ると「無線LANの親機をルーターに繋げる時は30分ほど電源を落としてから、ルーター→無線LAN親機の順番で電源をつけないと機械が反映しないこともある」という但し書きがありました。

そこで30分ほど両方共電源を切りまして、その間に明らかに睡眠不足だった私は座椅子によっかかって寝ることにzzz…。で、少し余裕を持って35分後ぐらいにルーター→無線LAN親機の順番で電源をつけて、マニュアルに書いてあるとおりに2分ほど待って親機のランプ表示がちゃんと出たところで先程のAOSS2キーを再び入れる作業をして、「完了しました」という先程と同じ表示を確認してからネットに入ると…あれー?どうしてもダメだなあ、繋がらねえなあと。

一応、スマホでこういう場合のトラブルとかも検索しつつもいろいろと試したんですがどうも事態は好転せず、「うーん、俺のパソコンはひとまず棚上げして、嫁のパソコンや、俺らのスマホの方を先にセットアップしよう」と決めまして、晩飯を作りに行った妻のパソコンや、私・妻のスマホ(同じiPhoneのseを使ってます)を同じようにセットアップしてみたら、

いずれもわずか3分でネット開通

となり、まさに「うーん、この。」という事態に。

結局最終的にはスマホで調べまくって(それでもダメだったらBUFFALOのお客様センターみたいなとこに電話するつもりでしたが)、どうもいったんパソコン画面右下のネットワーク設定のとこをクリックして入ってみて、今、接続しているやつを切断してみるといいらしい、という方法が書いてあって、それを切断してみたらすぐ下のBUFFALOの無線LANの英数字のとこが「接続できます」みたいな表示が出まして、そこに変更するとやっとこネット環境が開通、正確には「復旧(?)」みたいな感じになってくれました…。やはり「最初30分ぐらいルーターの電源を落とす」のが大事だったようです。

ちなみにその話を妻にしたら、「確かあなた10年ぐらいの前にフレッツ光を導入した時に無線LANが反応しないーってキレてなかったっけ?」と言われまして…あー、確かにこの時も30分ぐらい電源を切って軽くふて寝をしてたなあと。うーん、全く進歩してねえ(号泣)

返す機材のケーブル等を片付けてすっきり(笑)。

で、解約する予定だった多摩ケーブルテレビには、フレッツ光が工事やセッティングを完了してネットが繋がるのがわかった後に解約手続きをしてください、と、スマホを機種変更したドコモショップで言われてたので、全てが終わった後に夕方、連絡をしまして来月あたまに工事およびルーター類の回収に来てくれることになりました。

結婚間もない頃、当時は小岩と市川のアパートに合わせて3年半ほど夫婦二人で住んでた頃に使ってた畳に置いて座って使うパンコンデスクの下にシュレッダー、台のとこに複合機、上に電話機とルーター、無線LANの親機などを置いてます。

さきほど買った6個挿せるタップを置いて、更に多摩ケーブルテレビに返す機材の電源ケーブルとかを外してすっきり加減に(午前中の時点ではケーブルがこんがらがっていてまさにカオス状態でした(大汗))。

用が終わった機材は(後ろは業者さんしか外せない仕様になってたので仕方なく当日まで)ここに鎮座することに。

自分で外せた電源コード等はこうして隣の本棚とこに置いときました。

余談

ちなみにネットの速度は…うーん、やはり早いですねー。パソコンからネットに入って思うよりもスマホからネットに入っていろいろと見てるとこのサクサク感が凄いな、と。たぶん1Gは出てないとは思うんですが、ある意味で昔(社会人になりたての頃)、成田の実家で電話回線使ったテレホーダイ等の環境からISDNの全時間帯使いたい放題に切り替わった頃のスピードの速さの違いを思い出しますねー。これで甲府戦のDAZNとかロッテ戦のパ・リーグTVとかがいきなり動画が止まるのが減ってくれるといいんですけど。

それと微熱が出てた息子は夕方に38度台までぐっと上がって解熱剤の座薬でも入れようか…と妻と話してたんですが、午後9時ぐらいに体温はかったら37.2度まで下がったそうで。明日は作業療法のリハビリなんで平熱まで戻ってくれると助かるんですけども、どうかなあ。

以上です。ではまた。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク