読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

昭和天皇の弟の、三笠宮崇仁親王が100歳でご逝去されたそうで…。

雑談 伊集院光

スポンサーリンク

Tokyo Imperial Palace

三笠宮さま ご逝去 昭和天皇の弟で100歳 | NHKニュース

遂に亡くなられてしまわれたのか…。ま、私はたまたま家で聴いてたTBSラジオの伊集院光御大の番組のニュース速報で知ったんですけども。

昭和天皇の弟で、天皇陛下の叔父の三笠宮さまが、入院先の東京都内の病院で亡くなられました。100歳でした。

三笠宮さまは、ことし5月16日、せきや発熱の症状を訴え、急性肺炎と診断されて東京・中央区の聖路加国際病院に入院されました。治療によって肺炎の症状は改善しましたが、三笠宮さまは、心臓の働きの低下がみられ、胸にたまった水を抜く治療を受けたり、新たに誤えん性の肺炎を発症したりして病室と集中治療室とを行き来される状況が続きました。

また、6月下旬には、心臓の拍動のリズムを整える「ペースメーカー」を埋め込む治療を受けられました。7月下旬以降は、集中治療室での治療が続き、8月には一時、体調が悪化して、皇族方が相次いで見舞いに訪れました。そして、27日、脈が弱まり血圧も低下するなど容体が悪化して、午前8時34分に亡くなられたということです。

三笠宮さまは、4年前の平成24年、96歳で心臓の弁の機能を回復するための手術を受け、その後、外出の機会は減ったものの、去年12月に明治以降の皇族で初めて100歳を迎えられました。ことし1月の新年の一般参賀では、妃の百合子さまとともに元気な姿を見せ、4月には、お住まいの宮邸でトルコに赴任する日本の大使と面会する公務にも臨まれていました。

聖路加国際病院には、三笠宮妃の百合子さまが、26日から、ご自身の検査のため入院していて、三笠宮さまを看取られたほか、高円宮妃の久子さまと長女の承子さま、三女の絢子さまも、駆けつけられています。

明治以降の皇族、という事は、終戦直後に総理大臣をつとめた(そして戦後に皇籍離脱した)東久邇宮稔彦王(平成2年に102歳で死去)は、含まれてないんですね…。ま、こちらの方は「政府首班の経験者で最も長生きした人物」って事でギネスブックには載ってるらしいんですけど。

それにしても、3人の息子さん(このうちのご長男がかの有名だった「ヒゲの殿下」だった方)がいずれもご両親よりも先に亡くなられてしまい、奥様共々ご長寿で長生きされて欲しいなあと思ってたんですが…しかし大正・昭和・平成と激動の時代を皇族の一員として過ごされて100年ですか。大往生ではあるんですが、大正天皇の4男ということでまず皇位は回ってこないポジションではあるにしても、皇族ゆえに公務や天皇家がついてまわる立場で、そこには庶民の何倍の苦労もあっただろうにと思うと、本当に長い長い人生だったんだろうなあと思いますね。

で、Twitterを見てたら、知り合いの方が、

え、ご近所さんでヒゲの殿下と遭遇したことあるんすか?(;゚д゚)と。

それと、いつも拝見してるツイートの方で、

「貴族院議員の経験者」って、まだご存命だったんすね…。

なお調べてみたら、貴族院は、皇族の議員枠があって皇太子・皇太孫は18歳から、皇族は20歳になると「自動的に」貴族院議員になる決まりだったようです。ただ、「皇族様を政争に巻き込むな」という暗黙のルールもあって、式典参加や会議の傍聴はあったそうですが、議員としての活動は殆どなかったらしいです。

なので、定員も特になく、歳費もなかった、という事だったそうで…。

いずれにしても先日ここの記事で、

www.muroktu.com

天皇陛下の定年は必要なんじゃね?という話を書きましたが、その他の皇族方の定年も絶対に必要だと思いますよ。だって、この三笠宮様だって100歳になった後に公務が入ってたらしいじゃないですか。96歳で外科手術をされたりとかで。

いずれにしても、昭和天皇・秩父宮・高松宮の3人のお兄さんや、先に逝ってしまった3人の息子さんとあの世で再会できるといいですね…長い人生、本当にお疲れ様でした。

ご冥福をお祈りいたします。

わが歴史研究の七十年

わが歴史研究の七十年

 
悪童殿下 怒って愛して闘って 寛仁親王の波乱万丈

悪童殿下 怒って愛して闘って 寛仁親王の波乱万丈

 
癌を語る

癌を語る