読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「トヨタの名古屋に続いて日産の横浜Mよ、お前んとこもか?」ってサッカーファンは呆れかえってるぞ(怒)

ツッコミ スポーツ

スポンサーリンク

20100724_J1 Matchday 14 Yokohama F Marinos vs Gamba Osaka (Nissan Stadium)_039

横浜M、所属選手の報道に対して“弁明”発表「いましばらくお時間を頂戴できればと」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

こないだの記事の続きになります。

www.muroktu.com

www.muroktu.com

思えば松田直樹氏の時もこんな感じだったしな…で、松本山雅に移籍後、急逝してしまった後に申し訳なさげに松田氏のつけてた3番を永久欠番に指定してたけどな。 

J1横浜Mは11日、公式ホームページに「F・マリノスファン、サポーターの皆様へ」と題した文章を掲載。所属選手の契約更改や移籍などの話題で、ファン・サポーターへ心配と不安をかけたことを謝罪した。

  横浜Mは「弊クラブおよびチーム所属選手に関し、様々なマスコミ報道がなされており、これにつきましては、ファン・サポーターの皆様に多大なご心配と不安をおかけし、まことに申し訳ございません」と冒頭で謝罪。続けて「弊社としても 『皆様に愛される 強い横浜F・マリノス』を作っていきたいとの強い思いのもと、そのチーム作りにまい進する事をお約束いたします」とコメントした。

  さらに「現在、チーム体制強化の検討ならびに、それに向けた各選手との契約交渉を始めたところであり、まだ皆様にお話しできる段階には至っておりません」と現状を報告。「しかるべき時期に皆様にきちんとお伝えしたいと存じますので、いましばらくお時間を頂戴できればと考えております」との談話を発表した。

  クラブは守備の要、DF中沢佑二(38)に対し、来季契約交渉で大幅減俸を提示。中沢は「必要ないと言われたようなもの」とショックを受けた談話を残し、退団を示唆すると、クラブ側は翻意。利重チーム統括本部長は「功労者としてふさわしい対応を」と、大幅減俸を見直して再提示する方向になった。

  ただ、今季右SBで活躍したDF小林祐三(30)が今季限りで退団。DF栗原勇蔵(33)は50%以上の大幅減で、MF中村俊輔(38)も減額を提示されたとみられる。チームを支えてきた中堅からベテランクラスの選手への“厳冬更改”が行われている。

  横浜Mは2014年から資本提携を結んでいる、強豪マンチェスター・シティー(イングランド)を傘下に置くシティー・フットボール・グループの影響力が強くなりつつあり、世代交代を進めたい方針のようだ。しかし、ファン・サポーターからは大きな反発が起こっていた。

とにかく弁明文が「軽い」わ…。

しかしまあなんつーか、軽い「弁明」文だこと…。特にあの中澤選手への「仕打ち」はないわーって思うわ。いくら査定に辛い「コストカッター」の中日の落合GMだってそこまではやんないだろうよ。「お前、3年連続フル出場してるけど、優勝逃したから年俸半減な」とはそこまでは言わないよ。せいぜい「お前、今までのチーム貢献度はわかってるけど、今年は出場数が12試合しかないからさすがに来年は年俸下げるぞ」とかは言うかもしれないけど…。

でも前にも書いたように、中澤選手や他の中村俊輔、栗原勇蔵両選手などのポジションを「脅かす」若手が出てこないのは、それはベテラン選手のせいじゃなくて、そういう選手を育てないチーム側の責任じゃないんですかね?

なんだろうこの「こんな事にはなるとは思ってなかった」感…。

…という前に、中澤選手に年俸半減を紙っぺら一枚で提示して、「はい、そうですか」で済むと思ってたんだろうか。で、ここまで話が大きくなっちゃって、チームのイメージダウンすら心配されてるようだけど、「こんな事になるとは思わなかった感」はなんなんだろう…。いや、フロントの連中、あんたら本当にプロか?って感じなんだけどな。

こうやって子会社や系列会社を扱ってんのか、日産?

おそらくトヨタもそうだけど、日産もこうやって子会社や系列会社を下男下女扱いして、いざとなったら平気でバンバン「切って」いるんかなあって感じ。何しろ選手は日産の社員じゃなくて個人事業主ですしね。殿様商売が抜けずに引き続きそういう見方および力関係で見てるのかなあって。どうせマリノスは腰掛だし失敗しても日産本社には戻れるわ、的な。

ちなみに我が家は日産の関係者が家族でいるから一応、義理もあって私の愛車は日産車(キューブって車ですね。助手席がリモコンで動く福祉車両の中古車に乗ってます)に乗ってるけど、少なくてもうちの愛車には、こんなマリノスのフロントが選手に対しての扱いよりもより丁寧に接してますわ。時折洗車もしてるし(←ん?)

少なくてもマリノスフロントのやり方は「プロ」ではないわな。

さてこの後、どうするんだろう。「お詫び代を含めて現状維持」で契約更改しちゃうのか、中澤選手を呼びつけて経営難やチーム事情とかを説明に説明を重ねて最後は土下座ばりに泣き落として減俸ダウンを中澤選手に「呑んで」もらうのか。

しかしこんなことをしてると本当に横浜Mも、再来年あたりには名古屋グランパスの二の舞になって、「オリジナル10」でJ2に落ちたことがないチームは鹿島アントラーズだけです、みたいなことになりそうだわ。

 少なくてもここのチームのフロントはサッカー経営の「プロ」じゃねえ。浦和レッズが16年前にJ2最終節でかろーじてサガン鳥栖相手に延長VゴールでJ1復帰した時のようなあそこで味わった「危機感」や「悲壮感」を一度は味わってきた方が心底「効く」んじゃないのか?

少しは猛省してやり方を考えろって言いたいわ。

下手くそ

下手くそ

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ