京葉線の幕張新駅(仮)、2020年の五輪には間に合わないらしいぞ…。(;゚Д゚)

スポンサーリンク

昨日の記事の続きになります。

幕張新駅、五輪間に合わず JR調査 工期6年、事業費は180億円 千葉 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

このあたり、上下線で高架と地上で分かれてたのか。全く気づかなかった(大汗)

JR京葉線習志野-海浜幕張駅間(約3・4キロ、千葉市美浜区)に新駅をつくる検討を進めている「幕張新都心拡大地区新駅設置調査会」は31日、JR東日本に依頼していた新駅設置に関する基本調査の結果を発表した。概算事業費は新駅の約130億円と併設される自由通路の約50億円で計約180億円と試算。概算工期は新駅が約6年、自由通路は約7年で、すぐに建設を決めたとしても2020年東京五輪・パラリンピックまでの設置は実現できないことが確実となった。

 同調査会によると、新駅は習志野駅と海浜幕張駅のほぼ中間地点にあたる千葉市美浜区浜田2丁目に位置。線路南の海側に駅舎を設置し、上り線が高架で下り線が地上という現在の構造に合わせて、下りホームを1階に、上りホームを2階にそれぞれ整備する。ホームは全長約210メートルで、改札は南側に1カ所。エスカレーター2基とエレベーター1基を備える。

 新駅に関する事業費約130億円の内訳は、工事費約104億円▽設計費約9億円▽事務・管理費約6億円▽ICカードのシステム改修などの費用約10億円-となっている。

 一方、駅南北の回遊性を高めるために新駅から110メートル東側に併設される自由通路は、全長約150メートルで幅員約4メートル。屋根と南北にエレベーターが計2基設置される。概算事業費の内訳は、工事費約44億円▽設計費約3億円▽管理費約3億円-としている。

 概算工期については、駅舎とホームの設計・事業認可などに約2年半を要し、工事は京葉線が運行していない深夜での作業となるため約3年半かかるとした。自由通路も約2年半は設計などに費やされ、工事には4年半かかる見通しだ。同調査会は今後、今回示された概算事業費や工期といった内容をJR側に詳しく確認する。

 新駅はイオンモール幕張新都心店(千葉市美浜区)の目の前に位置し、3年後に東京五輪・パラ計7競技が開催される幕張メッセ(同)にも近いため、東京五輪・パラ開催までの設置を望む声があった。今回の調査結果では大会開催には間に合わないことが確実となったが、同調査会の担当者は「大会開催に間に合わなかったとしても、隣の海浜幕張駅と新駅で回遊性が上がり、幕張新都心の活性化につながる」と強調した。

スポンサーリンク

いかんせん、千葉市も財政難だから…。

千葉市も財政難が叫ばれて久しいですしね。もうちょっと早いタイミングでこの話が本格化してれば…といったとこだったんでしょうね(実は幕張新都心が出来始めたバブル崩壊期に建設案はあったそうですが、請願駅=地元全額負担で千葉市が難色を示して実現しなかったそうですから)。確か千葉マリンスタジアムも、2004-2005年あたりの球界再編問題の頃、具体的には近鉄とオリックスが合併して、楽天が新規参入した(ライブドアが却下された)頃までは、千葉市がとにかくロッテに協力的ではなかったんですね。

例えばマリンスタジアムの看板も設置制限とか、売店の収益などが全て千葉市に行く、みたいな、今の札幌ドームとそこから出ていって自前で球場を作ると目論んでる日本ハムのような関係だったのが、「ロッテとダイエーが合併して千葉から去るんでは」という話が出た途端に協力的になったという逸話もありますし。それはまあ「動かなかった」千葉市のお役所体質も勿論あったんですが、一連の財政難で「動けなかった」って一面もあったようで…。そういう意味では、ネーミングライツを導入してその利益で球場の改修とかオーロラビジョンの新設とかに乗り出してる千葉市は変わったなあって思いますねえ。

で、新駅の話に戻ると、前の記事にも載せましたが、地理的には、

ここらへんのできるようです。「イオンモール幕張新都心店」の真ん前付近に駅を作って、イオンモール側に駅舎を、反対側にも自由通路を設置して幕張の免許センターにも行き来しやすいようになる、ということだそうで。隣の海浜幕張駅がやや飽和状態(いろんな商業施設ができましたしね)で、千葉マリン=ZOZOマリンへの行き来も、うまく行けば2駅の選択になりそうですし。地図を見た感じ、どっちに行っても歩く分にはあまり変わりはなさそうですし(ちなみに現在は、徒歩で15分程度ですが、試合開催日には100円で乗れるバスが海浜幕張駅から乗れるようになってます。これだとバスで5分程度で移動できるようになってます。特に帰りはピストン輸送的に運んでくれてますし)。

上下で高架と地上で分かれてるのも珍しい。

で、千葉市長氏、ここで「うーん、設計と事業認可をもうちょっと速く出来ないもんか」みたいな感じで動く…のかなあ?(苦笑)。上下線が高架と地上に分かれてるという珍しい駅ゆえに、設計も難しそうですしね。近隣だとどこらへんがあるのかなあ、こういう駅。上野駅(上野始発だけ地上で、ほとんどが高架。なお新幹線は地下)ぐらいかなあ。両国駅なんかは通常使用されるホームは高架だけど、昔の両国始発の房総特急や急行とかに使われてたホームは地上でしたね。確か、京葉線の車両基地があのあたり(新習志野と海浜幕張の間)にあったような記憶があるんで、そういう構図になってるのかもしれないですね。

余談

一応、念のため、京葉線の車両基地を検索で調べてみました。

京葉車両センター – Wikipedia

そしたら↓こんな画像がありました。

↑お借りしてきました(多謝)

どうもこの更地のあたりが現在のイオンモールなようで(左手奥の方に東京インテリアの建物も見えますし)。京葉線の一方の路線が途中で高架から地上に下りていて、右側には野球場もあり(何年か前にJR東日本の野球部の練習場は柏に移転したそうですが)、更に幕張の免許センターも見えますしで。つまりはここに「新駅」を作るんだなあって感じなんすけどね。

それにしてもざっと180億円…まあ安くない買い物ではありますね。さてどうなるか…。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク