【千葉ロッテ】ルーキー佐々木千隼投手が22日の中日戦で「最終テスト」を受けることに。

スポンサーリンク

ロッテドラ1千隼 開幕ローテ入り懸け最終テスト 22日中日戦登板へ(スポニチ)

涌井・五右衛門を除く4枠の先発ローテを10人で競っているという今年の千葉ロッテのオープン戦なんですが…ルーキーの佐々木千隼を称して「彼はここがまだ100%の状態じゃないから」という英二投手コーチのコメントが凄い。

ロッテのドラフト1位右腕・佐々木が開幕ローテーション入りを懸け、22日のオープン戦・中日戦(ZOZOマリン)に最終テスト登板することが分かった。英二投手コーチが「結果より内容を見たい。びしっといけば(伊東)監督に“開幕から使いましょうか”と言う」と、先発枠入りの可能性を明言した。

 佐々木は12日のDeNA戦(横浜)に先発し、8安打を浴びながら7奪三振で5回1失点。走者を出しても勝負強いところを見せた。本拠地で投手練習に参加した佐々木は「まだ課題の方が多い。自分の投げる球が投げられていない」と厳しい表情だが、首脳陣の評価は違う。英二コーチは「今が100%では困るがまだ上がる。前回もけん制など投げる以外もできている」と期待した。

それにしても今年のオープン戦、登板する先発候補の投手のほとんどがそれぞれ調子が良くて誰を先発ローテで残して誰を外すか、という選択肢が非常に難しいというある意味で「珍しい」年になってたりします。昨年以前の二木や大嶺(祐)、関谷みたいに「勝ち負けの数はトントンにはなるが、使いつつ実戦で育てていく」のか、いったんは2軍で基礎体力も含めてプロ仕様に作っていくのか…、佐々木千隼も含めて本当に悩ましい(苦笑)

で、エース涌井にはこんなハプニングが。

ロッテ涌井の頭に打球直撃「大丈夫そう」英二コーチ(日刊スポーツ)

と思ったらエース涌井、あぶねー(;゚Д゚)

ロッテ涌井秀章投手(30)が16日、ZOZOマリンで行われた投手練習に参加した。

 15日のヤクルト戦の試合前、神宮球場の外野で練習中に打撃練習のボールが飛んできて、頭に当たった。

 この日、ブルペンでの投球練習を見守った英二投手コーチは「心配したけど、ブルペンも良かった。大丈夫そう。登板も予定通り」と、18日の巨人とのオープン戦に先発させる考えだ。

五右衛門はWBCの代表に選ばれてるし(準決勝以降の先発もあるんだろうか…)、エース涌井がもし抜けたら…あ、そこは4枠を10人で競ってるからある程度は行けるのか、先発ローテ(大汗)。

そういえば去年はシーズン序盤に五右衛門が寝違えて戦線離脱ってことがありましたね、思った以上に長く。いやあある意味で一寸先は闇。

以上です。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク