【千葉ロッテ】退団した大松選手がヤクルトの入団テストに合格したそうで…。

スポンサーリンク

前ロッテの大松がヤクルトのテストに合格「あきらめずにやってきてよかった」(サンスポ)

いやあ本当に良かったねー。スタメンってのはわからないが、左の代打の切り札とかでもうひと花、ふた花ぐらい咲かせることができそうな気がするので…。

ヤクルトは17日、2軍の宮崎・西都キャンプで入団テストを受けていた前ロッテの大松尚逸内野手(34)が合格したと発表した。契約は後日行う予定で、大松は今後も2軍キャンプに帯同し、練習を続ける。

 大松は「やっぱり手術もそうだけど、戦力外になって、もう一回打席に、グラウンドに立ちたいと思って、こういう道を選択した。テストという形でキャンプに呼んでいただけたということで、自分自身、前向きにリハビリができた。あきらめずにやってきてよかったな、と思います。支えてくれた、みんなに感謝したいです」と合格の実感をかみしめた。

「まだやり残したことがある」と。

ロッテの時は日本一になった2010年あたりをピークに、角中とか伊志嶺とかの台頭で出番が減って、更に伊東監督になって以降、井口が一塁にコンバートされたりして1軍での出番がほとんどなくなってしまった上に昨年はアキレス腱の大怪我をしてほぼ半年ほどリハビリに費やす羽目になってしまったんですね。いやあ怪我してリハビリの最中に戦力外通告を出すもんかなあと正直びっくりしたんですが、ロッテとしてはこの時に2軍のコーチの就任を打診してたんだそうで、でも大松選手本人が「まだやり残したことがある」と、それを固辞して他チームでの現役続行を目指してた、という話でした。

一時期は巨人へトレード話とかも噂では出てたのだが。

以前の記事でも書いたんですが、主に夕刊紙だったんですけども巨人へのトレード話も何度か見たような記憶があったんですけどね。おそらく貴重な左の代打の切り札か何かで。ま、守備も外野手と一塁手が守れますし、(以前トレードで巨人に行った)サブローじゃなくて大松のほうがいい仕事をするんじゃないのかなーってなんとなく思ってた、というか今でもそう思ってるんですけどね。

でもヤクルトだと比較的外国人選手や他チームからのトレードされてきた選手ものびのびとやってるイメージがありますし、二軍からのスタートかもしれませんが、少しずつエンジンをかけていってヤクルトに欠かせない代打の切り札、左の長距離砲として必要とされる・愛される選手なってほしいなあと思いますです。

実は私、ヤクルトだけは好きではなかったんですが…。

実は私、ロッテ以外の11球団の中でヤクルトだけは「どうも好きではない」チームだったんですが(昔からヤクルトファンの知り合いに嫌なやつが多かったのと(特にさだまさしのファンで(爆))、たぶん優勝したらフジサンケイグループが総出で「ちやほやして調子に乗らせて、翌年Bクラスに叩き落とす」みたいなのを見てきたからでしょうね)。

でも大松の一件でそれを見直さなきゃなあ、と。あ、仮に大松が活躍できなくて何年かで戦力外通告を受けたとしてもそれで嫌いになることはないんで念のため(苦笑)。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク