【千葉ロッテ】11年目でブレイクした細谷選手は「背番号59に愛着がある」&「球場の水風呂を広くしてくれ」と(笑)

スポンサーリンク

59

ロッテ 細谷がトークショー、背番59への愛着語る 益田はV意欲 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

11年目の苦労人ながらもキャリアハイの記録を残した細谷選手と中継ぎとして60試合以上も投げた益田投手がトークショーをやってそうで。

しかしこの組み合わせはなんとも玄人好みだ(笑)

ロッテの細谷と益田が10日、千葉市の商業施設「ワンズモール」でトークショーを行った。

 11年目の今季いずれもキャリアハイの116試合出場、打率・275、40打点をマークした細谷は「来年につなげたい」。背番号59について、ファンから若い番号に変更する可能性を質問されると「愛着がある番号なので、59の代名詞と言われるようになりたい」と話した。

 益田は5年連続50試合登板を達成し、61試合で防御率1・83。「去年良くなくて、益田は終わったと思っている人が多かったと思うので、見返してやるという気持ちだけだった」と振り返った。来季に向けて「ビールかけしたい」と話した。

個人的には背番号ってのは落語家の芸名と似てるなあと思ってまして、出世していくたびに変える人もいれば(例:かつての柳家栗之助→小きん→小三治→(先代の)小さん師匠、柳家小よし→小ゑん→立川談志師匠など。昔の古今亭志ん生師匠や今の快楽亭ブラック師匠のように18回ぐらいも替えた人もいますし(苦笑))、前座の頃から名乗っている芸名を大きくしていく人もいるので(例:志の輔、談春、志らくの立川流の各師匠など)、イチローの51やゴジラ松井の55みたいなタイプもありかなあとは思ってますねー。なので細谷がこれまで歩んできた道のりの中で59という数字は苦労の証なのかもしれませんしね。

でも角中なんかはどうするんだろうなあ。61を代名詞としてつけ続けるのか、もしくは独立リーグの頃は9をつけてたから福浦の引退待ち(?)で9をつけることになるのか。

それと益田投手はシーズン後半は怪我した抑えの西野投手の代わりに試合を締める場面でも投げてくれましたし、何より5年連続50試合登板は凄いですよね。その裏では殆どの試合でスタンバイしてるわけですから…先発陣も勿論一年通じてローテーションを守ってくれてありがとうなんですが、こういう縁の下の力持ちは同じぐらい大事にしてやってほしいですわ。

「水風呂広くしてくれませんか?」

細谷 “珍要求”水風呂広くして!契約更改の席で直訴へ ― スポニチ Sponichi Annex 野球

同じくスポニチさんの記事、およびこのトークショーの記事なんですが…。

ロッテの細谷が千葉市内で益田とトークショーを行い、近日中に行う契約更改の席で球団に珍要求する。

 ZOZOマリンスタジアムの風呂について「水風呂がジャグジーしかなくて1人しか入れないので(順番を)待たなければいけない。広くしてほしい」と話した。今季は自己最多の116試合に出場。体のケアの重要性を痛感し、ナイター後にも温水と冷水の「交代浴」で疲労回復に努めた。製氷機設置も希望するが、ファンには「来年てっぺんを目指す」とV宣言し、水風呂とは逆に「温かい」拍手を浴びた。

オチが素敵だ(爆)。

それにしても交代浴。ZOZOマリンの命名権代での次の改良部分はここらへんかな。QVCさんのおかげで外のオーロラビジョンとかは物凄い改良が済んだわけだから。

ロッテ 大嶺翔&江村が復興支援イベント参加、子供らに「活躍見せる」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

同じくスポニチさんの記事。こういう企画もいいっすねー。たぶん機会があれば熊本とか鳥取の方でも似たようなことはやるんでしょうし。

ロッテの大嶺翔と江村が10日、 福島県いわき市で「NPB東日本大震災復興支援事業 ベースボールフェスタin福島」に他球団の選手とともに参加した。福島県の小学生約300人と綱引き、玉ころがし、リレーなどで約3時間、交流した。

 大嶺翔は「みんなとても元気で楽しい1日を過ごすことが出来ました。また機会があれば、ぜひ来たいと思っています」と話した。今季は終盤から1軍に定着。来季レギュラー獲りを狙う25歳は「子どもたちから『テレビで応援しているから頑張って』と言われたので来年1軍で活躍している姿を見せたいです」と決意を語った。

 今季22試合の出場に終わった江村も「みんな明るい、元気で笑顔が素敵でした。自分もエネルギーをもらった。子供たちに来シーズンは少しでもカッコいい姿を見せることができるように頑張ります」 と話していた。

私も子供の頃に地元にプロ野球の選手とかが来てプロ野球教室とか開いてるのを参加したことがあるんですが、意外にあれが子どもたちにとってはいい思い出になるんすよね。

ま、例えは良くないんですけど選挙で候補者が商店街とか駅前の広場とかに繰り出してひとりひとり握手するシーンがテレビとかで見られるんですが(スタッフと一緒に歩いて名前を連呼するんで「桃太郎作戦」って名前もあるそうで(笑))、あれは「直接候補者と触れ合えて握手してもらえる」有権者からすると意外に効果が大きいようでほんとに選挙で投票してくれる可能性が高くて、むしろ候補者からするとこういう運動が馬鹿にできないんだそうですね。むろん、それと一緒にするのは甚だ失礼な話ではありますが(苦笑)。

千葉ロッテマリーンズ 細谷圭 プロデュース タオル

千葉ロッテマリーンズ 細谷圭 プロデュース タオル

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク