昨日の二木投手の無四球完投勝利には溜飲を下げる思いに。

スポンサーリンク

ロッテ二木、初3連勝呼ぶ完投も頭はたかれ「アホ」(日刊スポーツ)

9回2死完封で投げてて最後、T-岡田にホームラン打たれるもナイスピッチングでした。

<ロッテ2-1オリックス>◇27日◇ZOZOマリン

 ハイタッチよりも先に、女房役に頭をはたかれた。ロッテ二木康太投手(21)は「欲張ったというか、自分がバカでした。情けない。田村さんに頭が上がりません」と、ヒーローなのに恐縮しっぱなしだった。2-0で迎えた9回2死。プロ初完封を無四球で飾る目前で落とし穴にはまった。オリックスT-岡田に対し、カウント1-1。田村のフォークのサインに首を振った。真っすぐで追い込んでからフォークを振らせるつもりだった。しかし、146キロが真ん中へ入り、右越えにソロを浴びた。

 悔いは残ったが、次の武田を2球で処理しチームトップの3勝目。最下位のチームに、今季初の3連勝をもたらした。勝因はストライク先行。「テンポと制球を良くするため」、去年のノーワインドアップをセットに変えた。狙いどおりさくさく抑え、最速147キロで5安打1失点9奪三振。伊東監督も「無四球は評価できる。苦しい展開で、よく我慢した」と、4回以降は追加点がない中、投げきったことをねぎらった。

 真価を問われるシーズンだ。初めてローテ入りした昨季は、いわば“育成枠”。悪い時期もあったが、ほぼ1年1軍に置いてもらい7勝9敗だった。今年は違う。ダメなら2軍落ちもある。「去年、我慢して使って良かったと思われる投球をしたい」と自覚する。だから、オフから通年でやることを念頭にトレーニングを重ねた。お立ち台の第一声は「すいません」。昨年4月のプロ初勝利も9回1死から失点し、完封を逃した。次は、素直に喜ぶヒーローになる。

あー、田村のサインに首を振って打たれたのか…そりゃまあね(苦笑)

スポンサーリンク

とりあえず2ケタ勝利目指して頑張れ。

でもそれ以外はほぼ完璧でしたねー。相手がロッテと同じくここ最近絶不調だったオリックスとはいえ、あちらだって怖い選手はたくさんいるわけですから。これでチームの勝ち頭になったのか…でも2勝で抑えの内がいたような(^_^;)

二木選手の場合、2ケタ勝利をすると同郷の柏木由紀ちゃんとの対談をロッテ球団が企画してくれる、という目標もありますし。とにかく右腕の先発候補があまりにも多すぎて一つ間違えると埋没しかねないロッテの投手事情ですがひとつでも勝てるように頑張って欲しいですね。

っかし、その眼鏡はなんだ?

で、思わず吹き出したのがヒーローインタビューで2打点の清田と共に二木がつけてた、

…なんだその加藤茶のコントでつけるような眼鏡は(爆)

志木のゆるキャラ・カパルみたいだ(苦笑)。

それと昨日のバファローズポンタくんは…。

それと気になるのはいつもおなじみ(?)バファローズポンタくんなんですが、

あーあ(苦笑)。

しかしそれでも翌朝になると、

こういう切り替えの速さと前向きっぷりは見習いたい、いやマジで。

 

…ちなみに今日はデイゲーム。先発が日曜日おなじみの唐川投手…ではなく今季初先発(と思われる)2年目の関谷投手ということに。できればひとつでも借金を返していきたいとこなんですけどね。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク