読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】昨日今日とヤクルトに連勝してまさか勝ち越すことになるとは…(;゚д゚)。

千葉ロッテ

スポンサーリンク

Jingu Stadium Jumbotron

金曜日のアレを見ていて「いやあヤクルトに3連敗しないといいなあ」とか思ってたんですが、まさかまさか(汗)。

昨日のロッテ対ヤクルト戦

逆転のロッテ!高浜V打 満塁走者一掃 赤ユニは4戦3度目 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

すまん。「限定ユニ」の日は勝率は低いと思ってたら「赤ユニ」の日は強かったのね(泣)

初球の直球を迷わず叩いた。0―1の5回1死満塁。ロッテの2番・高浜は下手投げの山中が投じた高め直球に、上からバットを振り下ろした。

 打球は伸びて左中間を破りワンバウンドでフェンスに到達。走者一掃の逆転二塁打となり、お立ち台では「角中さんに怒られると思って必死だった」と笑顔で振り返った。

 打席に入る直前、3番・角中から「おまえの打ち方だと全部フライになるから、思いっきり叩きつける感覚でいけ」と言われていた。その教えを忠実に守り、サブマリン右腕の下から来る球に上からバットを合わせ「カクさん(角中)に感謝です」と話した。

 この日は球団初となる赤を基調としたサードユニホームで戦う4試合目。今季19度目、そして「赤ユニ」では3戦連続の逆転勝利に満員の客席が赤く燃えた。前回「赤ユニ」を着た5月8日のオリックス戦は、角中が逆転の決勝三塁打を放っている。高浜にとっては兄貴分的な存在。阪神からロッテに移籍した11年には「キャッチボールができる距離」(高浜)の向かいのマンションに住んでいた。2歳上の角中を車で送り迎えすることも多かったという。

 今春の石垣島キャンプでは角中から「これ着とけ」とTシャツを渡された。背中には「監督 俺を使ってください!!」の文字。プロ9年目の26歳は背中でアピールを続け、開幕スタメンを勝ち取った。助言の理由を聞かれた角中は「自分に回る前に1点は取ってほしかった」と笑いを誘った。3―2の7回に左翼線適時二塁打。“師弟コンビ”で全4打点を挙げた。

 前日は延長10回の末に6―7で敗れただけに「今日の勝ちは大きい」と伊東監督。高浜は「チームの雰囲気もいいし、いつも“いける”と思って戦っている」と胸を張る。「逆転のロッテ」は逆転優勝を諦めることなく、マジック点灯が迫るソフトバンクを追い掛ける。

伊東監督が最早「外せない」ぐらいの選手になってほしい<高浜

「監督、俺を使ってください」のTシャツを渡した「兄貴分」角中も大したもんだが、それが功を奏したのかはさだかではないけど(?)伊東監督に使ってもらえて、しかもこうして結果を出してるんだから高浜の存在は…いやあ本当にありがたいありがたい(感涙)

www.muroktu.com

ここでも書いたんですが、チバテレビの解説をしてた倉持明氏が高浜の打席で「ここでタイムリー打っちゃったらもう伊東監督はなかなか外せなくなって明日からスタメンですよ」とか言ってた矢先にタイムリー打っちゃってますしね。 

まさに「最高の週末」ですた(感涙)

ちなみに昨日は同時間帯に甲府対福岡戦の試合もスカパーで中継してまして、

www.muroktu.com

寝室のテレビではスカパーで甲府戦、手元のノートパソコンではパリーグtvのロッテ戦…で、共に勝つ、というスカパーのJリーグ中継のキャッチフレーズではないですが「最高の週末」でしたわ。いや、甲府の方がなかなか勝てないのでまことに稀有な事で(をい)。 

けふのロッテ対ヤクルト戦

で、今日は「あまり勝率がいいイメージがない」青ユニのサードユニフォームの日でしたが…。

ロッテ・唐川、反省生かし2勝目「真ん中を狙った」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

唐川は5回で手のマメが悪化したとかで降板したんですが、それでもナイスピッチングでしたわ。ああいうピッチングができれば、涌井・五右衛門に次ぐ先発ローテの3-4番手で2ケタ勝利だって…。

(セ・パ交流戦、ロッテ7-1ヤクルト、3回戦、ロッテ2勝1敗、12日、QVC)

ロッテ・唐川が5回を4安打1失点で2勝目を挙げた。打ち込まれた過去2試合は、コーナーを狙い過ぎてボールが先行する投球が続いた。この日は四球なしと制球が安定しており「反省を生かして、真ん中を狙った。球の強さもあった」と納得顔だった。

 右手中指にまめができた影響で、早めにマウンドを降りた。「展開的にはもっと長い回を投げたかったけど、悪化して次回投げられない方が良くない」と今後に目を向けた。

制球が本当に抜群で、ヤクルト打線をほとんど完ぺきに抑えてましたね。それこそ3回の先頭打者の中村のヒットと、点を取られた坂口のタイムリーヒットの以外は。「なんだ唐川やればできんじゃん」って目を瞠るような思いでしたわー。ひょっとしたらマメが悪化しなければ7回、投球数次第では9回まで完投させてたかもしれないですね。

清田の復調とデスパイネの流し打ちに唸らされた。

それと、

ロッテ 清田、9戦ぶり猛打賞 2点適時打に「いいところで打てた」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

昨日まで信じられないぐらい絶不調だった清田がここにきて復調のきっかけをつかんだようなタイムリーを撃てたのが何よりもうれしい(笑)

ロッテの清田が9試合ぶりの猛打賞となる3安打をマークした。

 6回1死一、二塁では3安打目となる左翼線2点二塁打を放ち「これだけ打ててない中でも使い続けてくれている監督に何とか応えたい気持ちしかありませんでした。追加点が欲しい場面だったのでいいところで打てました」と話した。

 試合前までの打率はパ・リーグの規定打席に到達した29選手で最下位の.217。主軸を期待されながら打順は8番に下がったが、復調のきっかけにしたいところだ。    

で、最後がデスパイネの3ランで試合を決めたんですが、実は1回に先制したのもデスパイネのライトへのタイムリーヒット、3ランも右中間のライトスタンドに叩き込んでいて、無理せずに引っ張らないで時は流し打ちもっていうバッティングが「できている」のが大きかったなあって思いましたね。そっちの方が対戦相手も「デスパイネは低めの変化球を投げときゃ勝手に力いっぱい振ってくれるわ」というセオリーが通じなくなるだけに。今後のロッテとしてはデスパイネが臨機応変にそういうバッティングも心がけてくれるようになると頼もしくなって楽しみだなあ、と。

※その上でたまーにナバーロが思いっきり引っ張るようなレフトへの大ホームランを見せてくれればそれでまことに結構なことだと(意味不明)

なお次の試合は…。

明日はお休みで、火曜日からナゴヤドームでの中日戦。週末は東京ドームでの巨人戦…と、ビジター3連戦。どっちも難敵っぽい感じ。そろそろ涌井を勝たせてやりたいねえ…。

余談

ソフトB 城所2打席連続&松田の2ラン3発で40勝一番乗り、武田7勝 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

いやあ本当にソフトバンク負けないんすけど(号泣)

60試合で貯金25って何よ(爆)。ちなみに2位のロッテは63試合で貯金が8。セリーグの首位の広島が65試合で貯金が5…なので、これでも全然「貯金あるなあ」って感じなのに、ソフトバンクの勝率が半端ねえ。

いやこれマジな話、夏休みが終わる前にパリーグ優勝が決まっちゃって、

「史上最大の2位争い」

が繰り広げられるんかもしれないな…星のつぶし合いで。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ