【千葉ロッテ】今年・2017年のスローガンは「翔破、限界を超えろ!」だそうです。

シェアする

Hanabi1

ロッテのスローガン「翔破」副題は「限界を超えろ」 – 野球 : 日刊スポーツ

ふと気づいたら昨日から4連続でさだまさしの記事しか書いてないことに気づきまして(大汗)。

なので今年初の千葉ロッテの記事です。

ロッテの今季のスローガンが決まった。

 13年から使用している「翔破」のサブタイトルとして「限界を超えろ!」を採用。伊東監督は「限界に挑み、超えなければ優勝、日本一の栄光は見えてきません」と狙いを説明。ドラフト1位の佐々木は「毎日を全力で、挑戦し続ける1年にしたい」と誓った。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ようし親会社からの資金援助も限界を(以下略)

いいですなあ「限界を超えろ」。

監督ら首脳陣もそうだし、選手たちも必死に頑張れと言いたいですし、もちろんフロントや営業企画担当なども総力戦で…ということなんでしょうな。

ちなみに過去2年は、というとこれこれでした。両年ともAクラスまでは行ってるんですが…。

あ、これはもちろん、シブチンな親会社と、更に母国で脱税しちゃった親会社の創業家も含まれてるんでしょうな?いやそうじゃなきゃさっさと、球団経営にも関心を持ってるという「千葉マリンの命名権を買ってくれた」ZOZOさんにでも身売りしちまえって、改めて強く思いますわ、ええ。もちろんアイデアマンの球団社長以下フロントの皆さんはそのまま残留の方向でね(苦笑)。

ルーキー・佐々木千隼は「ハヤブサ」である、と。

ロッテ1位佐々木千隼はまさに“ハヤブサ”母エール – 野球 : 日刊スポーツ

正月からいい記事をほんとにありがとう日刊スポーツさん(感涙)

期待のルーキーは、まさに“ハヤブサ”だった。ロッテのドラフト1位桜美林大・佐々木千隼投手(22)は、昨秋ドラフトで外れ1位ながら5球団が競合した逸材だ。投手としての能力は言うまでもないが、どんな素顔をしているのか。22年間、もっとも間近で見てきた母浩子さん(54)に聞いた。【取材・構成=古川真弥】

 浩子さんは、ロッテ入団に運命を感じた。「ハヤブサ(隼)はタカやワシの仲間では一番小さいけど、大きなものに立ち向かう。あの子も、自分の地位や実力より常に上を目指して乗り越えてきた。名前と合ってたのかな。それに、パ・リーグにはタカもワシもいる。ロッテはカモメですけど(笑い)」。高校は都立で強豪私学に挑んだ。大学も伝統校ではなく、新興の桜美林大。タカ(ホークス)やワシ(イーグルス)と競うロッテは、ふさわしく思えた。

 今の自分より上を目指すのは、ひな鳥の頃から変わらない。3人兄弟の末っ子。自転車は3歳で補助輪無しで乗れた。「兄2人が出来ることを出来ないわけがない」と転んでも乗り続けた。やりたいことに集中する子だった。幼稚園で泥団子を作ると「完璧な球体にしてました」。泥を丸め、砂を何度も重ねる。単調な作業も、とことんやった。

 環境がハヤブサを生んだ。兄たちだけでなく、家の周りには年上の男の子が多かった。一緒に遊んだことが、運動神経の発達に役立ったかも知れない。「末っ子で、周りに助けてもらいやすい。良い環境に入れる天性。指導者の方にも、チームメートにも恵まれました」。ただし、あぐらはかかなかった。「線が1本通っている。流されないです」。高校も、大学も、引退後は時間がある。遊びたい年頃だが「息子には次の段階に行くことが大事。遊びを断ったり、顔は出しても2次会は行かなかったり。羽目は外さないですね」。

 野球に一直線だが、母鳥には「支度ができない普通の男の子」と映る。根が素直だ。弁当箱は自分で洗うのが佐々木家の決まり。洗わないと、翌日は作ってもらえない。洗い忘れた朝、千隼は文句を言わず洗う。母との会話も多い。「女の子の話も隠さないです」。

 羽ばたくわが子に、浩子さんは教訓を送った。「これからは人に見られる仕事。身なりや言葉遣いを意識して」。そう言ってペンを取った。千隼宛てに初めて年賀状を、したためた。

 「千隼の名前に恥じぬよう、何事にもひるまず立ち向かっていって下さい」

 ◆千隼の由来 兄2人は「也(や)」で終わる。両親は3人目もそうしたかったが、既に周りに「也」で終わる男の子が多く断念。そこで、音だけは「や」にしようと「隼」に。隼の字画が多い分、上の漢字は字画が少ない「千」にした。

鷹や鷲と競うロッテにやってきた運命…ってとこがなんともぐっと来ましたわ。まあチーム的には「鴎」ではあるんですけどね。

ただ、たぶん「皆が牽制して誰も1回めの希望選択選手に入らなかった→2回めの希望選択選手で競合した」という去年秋のドラフトはきっと逸話として語り継がれていくんでしょうね。それを引き当てた球団社長と共に(笑)。

ま、社会人から入団した五右衛門みたいにデビュー即2ケタ勝利とまでは言いませんわ。でもじっくり鍛え上げて湧井がもしメジャーに行った際には五右衛門とかと共にダブルエースと呼ばれるような投手になって欲しいですね。

千葉魂 2016―マリーンズ挑戦の日々

千葉魂 2016―マリーンズ挑戦の日々

プラレール ぼくが運転!マスコン 北海道新幹線はやぶさ

プラレール ぼくが運転!マスコン 北海道新幹線はやぶさ

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

【千葉ロッテ】今年・2017年のスローガンは「翔破、限界を超えろ!」だそうです。
この記事をお届けした
「人生、成り行き」の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする