【千葉ロッテ】プロデビュー以来2443打席0本塁打の岡田選手、プロ野球記録まであと85打席だったとは。

スポンサーリンク

Kelly Johnson, Brett Lawrie

2443打席0発ロッテ岡田、初アーチでバック宙だ – 野球 : 日刊スポーツ

プロ野球記録は元阪神の赤星氏の2528打席らしい。ということは達成後、ランニングホームランでバック宙、ってのは…無理か(爆)

初アーチで1回転! 沖縄・那覇で自主トレ中のロッテ岡田幸文外野手(32)が17日、抜群の身体能力を見せた。猛練習の合間にバック宙を披露。体操選手顔負けの鮮やかな回転で、一緒に自主トレをしている福浦たちを沸かせた。プロ入り以来2443打席本塁打なしが続くが、念願の1発を放った際には、バック宙で豪快にホームインすることを宣言した。

 両翼ポール間走を10本こなしても、岡田は元気いっぱいだった。南国の太陽の下、芝生に立つ。福浦らが見守る中、側転で勢いをつけて思い切り上に跳んだ。くるんと1回転。見事にバック宙を成功させた。「びびらないことです。バネですよ、バネ」と事もなげ。中学校の時、体育の授業でバック転を習ったのが始まりだ。ただ「手を突くのが怖い」と野球への影響を考えた。そこで、手を地面に着いて回転するバック転ではなく、バック宙に挑戦。「すぐに出来ました」。身体能力のなせるワザだった。

 ひそかな野望がある。「ホームランを打って、バック宙ができるように。夢ですね。秋山さんばりに」と、かつて西武秋山が見せたバック宙ホームインを思い描いた。プロ入り以来、昨季まで2443打席本塁打なし。プロ野球記録である阪神赤星の2528打席に残り85打席と迫る。「86打席目で打ちたいですね。どんな記録でも持っていた方が良いから」と、いたずらっぽく笑った。

 打力を向上させたい、というのが真意だ。「打撃は下半身」と、これまでやっていなかった下半身の筋トレに着手した。さらに、体重アップをもくろむ。スマートな体形からスピードを生むが、梅雨時に調子を落としてスタメンを外れることがあった。1年間戦うボディーを手に入れるべく「おなかいっぱいでも、おかわりしてます」。既にこの5日間で1キロ増えて69キロに。「シーズン中は70キロを維持したい」と掲げた。

 忘れられないバック宙がある。中日を破り日本一となった10年。胴上げの後、左翼席のファンの前で3回、跳んだ。「優勝して、またやりたいですね」。初アーチで。そして、優勝で。繰り返し跳ぶ日を目指す。【古川真弥】

三塁打ってのは何度かあったんですけどね。さすがに千葉マリンでランニングホームランってのは厳しいか(笑)。札幌ドームあたりでボールがフェンスに跳ね返って点々と…という流れでは偶発的にはありそうな気がするけど…って、フェンスオーバーは一切期待しないんかい(爆)

スポンサーリンク

下半身トレが功を奏す…か、仇となるか?

でも下半身の筋トレを始めたってことは、一昨年に清田選手がやっていたのだが「バント司令→バスター狙い→それがホームラン」ってこともありうるから…、記録的にはその下半身トレが仇に(?)なっちゃったりして。でもそれはそれでアタックした結果だから良いことなんだけどね。

とにかくロッテも外野手も多士済済な感じでまずはスタメン、レギュラー争いから始まるわけですがひとつでも多くのチャンスを掴んで頑張って欲しいですね。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です