読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】頭部死球を受けた後に、とどめの3ランホームランを打っちゃった中村奨吾の凄さは(大汗)

千葉ロッテ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/58344130@N00/990515121

photo by rjdudley

【ロッテ】9回逆転8点!中村、頭部死球後の打席で不屈3ラン : スポーツ報知

昨日もちょっと記事で触れましたが、結構まともに頭部に死球を受けて大丈夫かな?と思ってたら、まさか9回にとどめの3ランを打つとは…(;゚д゚)

◆楽天8―15ロッテ(5日・コボスタ宮城)

 とどめを刺したのは不死身の男・中村だった。2点リード9回1死一、二塁。松井裕のオール直球だった6球目を、左翼席へ運んだ。「しっかりタイミングが取れている結果だと思います」。ダメ押しの3号3ランで相手守護神をノックアウト。9回、打者14人の猛攻で8得点の逆転勝利に貢献した。

 実は先にKOされそうになったのは中村だった。7回無死二塁、送りバントの構えに福山の直球が左側頭部を直撃。球場は悲鳴に包まれ、トレーナーが駆け寄った。しかし、しばらくグラウンドに突っ伏した後、当たり前のように一塁へ歩き出した。普通なら交代で病院直行だが2年目の23歳は「衝撃もあったし少し痛みもあったけど、意識もはっきりしていたし気分も悪くなかったので」と試合に出続けた。

 8回に左前打を放ち、9回に試合決める一撃。全6打席で出塁し、プロ2年目で2度目の4安打に2盗塁。念のため試合後に仙台市内の病院へ向かい骨に異常なく、打撲と診断されたが、まさに大当たりの日だった。

 尊敬する先輩に続いた。同点とした直後の9回1死満塁。代打・井口が左前へ勝ち越し2点打。「一番いい場面で使ってもらった。今日の仕事はここしかない」と初球をひと振りで仕留めた。その後、気落ちした松井裕を打ち砕いた23歳は「試合前半は声を出して盛り上げてくれるし、集中力がすごい」と球界最年長野手の41歳を追い続ける。

 両チーム合わせて23得点の乱打戦をロッテが今季最多タイ18安打で制し、連敗も3でストップ。主導権を握られながらも3度追いつき、最後に若手とベテランが融合しねじ伏せた。

両チームの中継ぎにとってはご受難な日でした…。

ロッテも抑えの西野以外は涌井の後に出てきたピッチャーがほとんどみんなgdgdで(ま、西野もその前の試合で逆転サヨナラを喰らってるんですけども)、「おいおいおい」と思ってたら、楽天の投手もそれなりにどっこいどっこいで(爆)

にしても1番打者で4打数4安打2四死球とは物凄い。

で、2年目の中村はよくよく見て見れば昨日は6打席あったうち、4打数4安打2四死球ですべての打席で塁に立っておりまして、死球を別の意味のも含めて「大当たり」の一日(←をいw)。大ベテランの井口もそうですが、中村に加えて2軍が上がってきた加藤が猛打賞、根元も8回に追撃のホームランと、2軍から「這い上がってきた」選手がいきなり結果を出してるのも凄いなあと。いつものポイントゲッターである角中が昨日は無安打だったのが意外って感じで(苦笑)。

一昨日の3連敗の時には伊東監督は「打順を組み替える」って言っていまして、

www.muroktu.com

それを実践した緒戦でいきなりこうやって猛烈な効果が出てくるんだからこのチームは恐ろしい(;゚д゚)。もっとも、昨日も書きましたが、願わくば試合序盤にこれが出てきてくれればエースの涌井だってもうちょっと楽に完投勝利を狙えたのではと…ま、結果論ですけどね(号泣)

で今日のオリックス戦では久々に唐川が先発で…。

なお、千葉ロッテは今日からホームでオリックスとの3連戦。予告先発がオリックスはエースの金子千尋が、ロッテは実に久々の先発となる「成田の期待の星」こと唐川侑己とのことですが…。雨大丈夫なのかね?

死球~DEAD BALL~vol.6 [DVD]

死球~DEAD BALL~vol.6 [DVD]

 
デッドボール [DVD]

デッドボール [DVD]

 

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ