【千葉ロッテ】ルーキーの有吉投手も救援陣として開幕1軍に残れまして…。

スポンサーリンク

ロッテ屈指の救援陣に鉄腕有吉/担当記者イチオシ(日刊スポーツ)

まあロッテの救援陣(敗戦処理・中継ぎ・抑え)もけが人が多くてねー。たぶん大活躍すると思いますよ、疲れるほどに(泣)

<担当記者イチオシ:ロッテ有吉優樹投手>

 タフネス右腕が開幕1軍入りした。ドラフト5位の有吉優樹投手(26=九州三菱自動車)だ。

 オープン戦7試合に投げ、2セーブ、防御率0・00。文句なしの成績で、中継ぎとして生き残った。「敗戦処理の時もあると思う。どんな場面でもテンポを意識して、中継ぎの役割を考え、0で抑えられたらいい」と、初めてのシーズンへ向け落ち着いて話した。

 投げるのが好きだ。2月の石垣島キャンプ。5日間あった第1クールでは、新人でただ1人、毎日ブルペンに入った。社会人までは先発だったが、首脳陣から中継ぎの適性があると判断された。球威のある真っすぐに、カットや落差のあるツーシームを武器として、新たな道を進む。ロッテの救援陣は球界屈指。開幕1軍という最初の目標はクリアしたが「これからが本番です」と、慢心はない。

スポンサーリンク

内投手とかがいつ怪我して離脱するかわかんねーから(泣)

ちょうど今年から守護神の西野投手が先発に回り、ある意味でトコロテン方式(?)で枠が空いた、ってことになったんですが、こういうドラフトの4-5位あたりで、社会人や大学経由で「掘り出し物」みたいな投手を見つけてきて指名して「実戦で」育てていくというタイプは総じて好きですね。敗戦処理を的確に「処理」していって、そこからセットアッパーやクローザーとかに出世していって、チームの看板投手のひとりになるかもしれませんしね。

ま、個人的にはそろそろ中継ぎで投げることが多い左腕の藤岡投手も先発ローテーションに食い込んでチーム随一の左腕投手としてねえ。ま、右腕で物凄い投手が目白押しなんでチーム内の競争も大変なんですけどね(苦笑)。とりあえずプロの水に慣れつつも、肝心なとこで怪我をしないことかな、当面の目標は…。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク