読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」CS敗退…。

千葉ロッテ

スポンサーリンク

Yahoo Dome

ロッテ 終戦…清田CS初2戦連続先頭弾もまた空砲に ― スポニチ Sponichi Annex 野球

昨日は結婚記念日だったんで千葉・成田の実家に日帰り帰省して7回までは実家のテレビでNHK-BSで見てましたが…残念ながら下剋上ならず。

※あ、日帰り帰省だったんで最後まで見れなかったんすわ。で、結果を知ったのは中央道の八王子インターを降りた直後にNHKラジオのニュースで…せめてラジオ中継やってくれよー在京局(泣)

また、空砲に終わった。ロッテ・清田はポストシーズン史上初となる2試合連続の先頭打者アーチ。初回、バンデンハークの初球を振り抜いた打球は左中間ホームランテラス席に飛び込んだ。

 しかし、この1点だけに終わって連敗。04年開始のプレーオフ、CSでは6度目の出場で初めて最初のステージで敗退した。

 清田は「先に点を取れたのはいいことだと思うけど、勝てなかったのは悔いが残る。(2回以降)変化球が捉えきれなくてズルズルいってしまった」と振り返った。逆転負けした第1戦と同じように、追加点を奪えずに流れを手放した。

 先制した初回、なお無死一、二塁の好機ではデスパイネが遊ゴロ併殺打に倒れ、2回は無死一塁から鈴木が送りバントを失敗した。2試合で計24三振を喫し、計4得点は全てソロ本塁打によるもの。策を講じる間もなく、ねじ伏せられた。「力の差は認めなきゃいけない」と鈴木。伊東監督は「攻略の糸口を見つけられなかった。それぞれが何かを感じて精進してくれたらいい。この経験を今後につなげてほしい」と話した。

清田の2試合連続先頭打者ホームランはびっくりしましたわ。日本シリーズを含めれば阪急の「世界の盗塁王」福本豊氏が2試合ならぬ1年で2戦打った以来とか。

まあ端的にいえば「戦力の差」かなあと。もっといえば「打線の繋がりがなあ」という部分で。個々の選手はそれぞれの場面で頑張ったんだけど、それを活かしきれなかったってのがシーズンを通じての感想ですね。選手を育てて適材適所に配置して更に伸ばすということも当然ですが、やはりそれなりの戦力補強も…。

ただ、昨年同様、ダブルエース格で一年間フル稼働してくれた涌井と五右衛門で勝てなければこれは仕方ないって感じですけどね。うん、秋季キャンプはまた地獄を見そうだ。そしてロッテのフロント陣もドラフトやFAなどで必要な部分にはそれなりの投資と補強を。要は「必要なとこでカネをケチるな」ですな。

ロッテ伊東監督 続投要請も保留「僕の責任もある」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

30数年ぶりに2年連続Aクラスに入ったというのは最大限の評価はするべき。特にあのロッテの戦力で…。「敗軍の将」となった伊東監督には経験が残ったハズでそれを糧にして鍛え上げてほしい。特にキャッチャーの田村あたりが今年思いっきり伸びたのは事実ですしね。

願わくば大ベテランの井口・福浦をしても「これはやばいぞ」とうかうかできないぐらいの戦力充実を図ってほしい。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ