甲府0-1鹿島。最後の最後のウイルソンのPKを止めた鹿島のGKを讃えたいわ(苦笑)

スポンサーリンク

甲府0-1鹿島(スパサカ)

お昼過ぎに、入院中のおじいちゃんの見舞いをして速攻で帰ってきて自宅のパソコンでDAZNで見てました。

スポンサーリンク

やっぱし「巧い」わ、鹿さん…。

いやあ鹿さん、試合巧者でしたわー。後半、少しずつ足が止まってきて攻撃チャンスがより少なくなった甲府に対して、鹿島が前に前にとどえらい推進力で攻めてきて、レオシルバのミドルシュートで先制した後は、とにかくセカンドボールを取るわ取るわで。それでも今年甲府に加入した兵働・小椋の両ボランチがアクセントの利いたパスや、非常にうまくボールを止めてどうにか防戦一方にならないように頑張ってたのは「いやあ昨年の甲府とは一味ちがうなあ」としみじみ感じた次第でした。

※昨年なんかだと劣勢になるとパスの出しどころはないわ、足は止まるわ、相手にただやられっぱなしだった印象があるので、それに比べると負けたとは言え、昨年との相違点も見えたし、実に興味深いサッカーをやってて楽しかったですね。やはりいろいろと試してるんだな、新監督…。

後半ロスタイムにPKのチャンスを得るも…。

で、0-1のまま3分のアディショナルタイムに突入して、直前に交代して入ったきた甲府の道渕がゴール前で倒されてPKを得る、という見ていて「え?(^_^;)」となるシーンが。するとDAZNの画質が悪くなり、「いや、ここで画像が止まったりするのはやめろ。甲府よりもDAZN頑張れ(←ん?)」と画面に向かってひとりごちする私。

で、肝心のPKは甲府のウイルソンが蹴ったシュートを鹿島のGKのクォン・スンテ(昨年の韓国リーグのベストイレブンのGKだったそうですが)が止めて同点ならず。そのままアディショナルタイムが経過し、甲府からすると今季初黒星、ということになったのでした。うーん、いつもだと山本キャプテンが蹴るシーンでしたが、ウイルソンが「俺がやる」って言ったんでしょうな…。

っかし、あれを見せられたら、そりゃもう、

いやあ鹿さんのGK、お見事(苦笑)

と相手を讃えたいですわー。あれはウイルソン、仕方ねえや。とりあえず来週のトレーニングでシュート1000本な(意味不明)

そういえばペトロ・ジュニオール選手の背番号が。

DAZNの実況氏も紹介してたんですが、今日の鹿島の背番号7のペトロ・ジュニオール選手の背番号が行き違いか何かで試合には間に合わなかったそうで、

ベンチ外だった背番号17の選手のユニフォームを借りて、1と名前んとこに白いガムテを貼ってプレーしてました(汗)。

ただ、後半、件のPKのシーンの直前で交代した時にはちゃんと7番のユニフォームを着てたんで、後半には間に合ったのか、それとも予備のがなかったのかはさだかではないんですが「いや、それもまた珍しいのを見たなあ」と(苦笑)。

ちなみに、甲府の次節は来週金曜日に埼スタで浦和戦、ということに。ガンバ→鹿島→浦和…とまた難敵ぞろいが。金曜日の19時半に埼スタだと、さすがに見に行くのは厳しそうですわ。

以上です。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク