気分転換で小淵沢まで温泉入りに行ってきた(前篇)

スポンサーリンク

本当は今年のGWはどこにも行く予定はなかったんですが、ストレスがピークに達してしまい衝動的に「ちょっと遠出してくる」と妻に告げて午後から出かけてきました。

スポンサーリンク

珍しく不機嫌MAXで「これは我ながらやばい」と。

ここ数日、いろいろとやる事が溜まっていて夜寝るのが遅くて睡眠不足だった上に、昼寝しても眠りが浅く、心身ともに疲れがピークに達してまして、午前中は横になろうかなあと思ってたら、妻が「おじいちゃん(一緒に住んでる83歳の妻の父)が床屋に行きたいって言ってるから床屋に連れてって」と言ってきまして、床屋の送迎などで全く横になるタイミングがありませんでした。

で、ここ数年ではもっとも不機嫌な状態で我ながら「これはやばい」と。寝ようとしても息子が腹減ったのかかまってほしいのか隣の寝室で泣き始めたのと、今日は午後から神奈川に住んでる妻の兄貴が義父の顔を見に来る予定で、とてもじゃないがこれでは家では寝ることはできないと判断して、11時ぐらいに早いお昼ごはんとしてチャーハン作ってそれをかっこんでから妻に「ちょっとでかけてくる。晩ごはんもいらないから。」と告げて出かけることにしました。たぶん家に居たらコントロールができないぐらいで、八つ当たりしまくって息子ギャン泣き、妻と夫婦喧嘩になってたぐらい不機嫌MAXでした。

成田に行こうか、山梨・長野方面にしようか…。

とりあえずいつもの最寄りの牛浜駅へ。Suicaに5000円をチャージしまして、自販機で「おーいお茶」のペットボトルを買いました。

すると、

一昨日友人の見舞いに行く途中にやはりおまけでついていたペットボトルカバーの別の種類のが当たりました。「719系 フルーティアふくしま」という「走るカフェ」みたいのもついている車両らしいです。ちなみに妻も昨日、立川に行く途中に同じ自販機で同じシリーズのカバーを当てたらしいんですけど、その時は新幹線だったそうで…。

で、青梅線に乗って座れまして、どこに行こうかと考えました。休日おでかけパスは使わない方向で、

A:立川で先に中央特快が来たら東京方面に乗って、成田に行って旧友に会ってくる

(ついでに実家に行って書類を取ってきつつ、晩ごはんをご馳走になってくる。ちなみに上野から京成往復の予定)

B:立川で先に特急「あずさ」が来たら小淵沢ないし上諏訪まで行って日帰り温泉に入ってくる。

B-2:立川で先に特急「かいじ」が来たら甲府まで出る。

てな二択で考えてました。で、もしB案は特急が来れば、の話ですが、立川だと松本行きの「あずさ・スーパーあずさ」と、甲府行きの特急「かいじ」の二択になりました、もし「かいじ」だったら、代案としてTwitterで甲府サポの方々が「絶賛」してた「ほったらかし温泉」にでも行こうかなと考えてました。もっとも厳密には甲府まで行かず、山梨市で下車することになるのですが…(一方で「あずさ・スーパーあずさ」だと、山梨市は通過するのでその選択肢はナシということで)。

まあ実は小淵沢も「山梨県」なんですけどね。山梨県北杜(ほくと)市という…(苦笑)。

中央特快が遅延してて先に「あずさ」がやってきた(爆)

で、立川駅に着くと6分後に中央特快の東京行きが、8分後に松本行きの「あずさ」が来ることが判明しました。「あー、成田か。」と思いつつ、3番線の停車位置で待ってると、ホームにアナウンスが流れました。

「現在、上り東京方面は、これから通過します特急電車が5分ほど遅れて運転してるため、今日は急遽、3番線から4番線に変更します」

と。その結果、

5-6番線に移動して、特急「あずさ」の自由席に座れました。「あー、小淵沢か上諏訪か」と(苦笑)

一応、特急券は上諏訪まで買いました。小淵沢で下車すると多少損なんですが、そんなのはお構いなく勝手気ままに…。

で、小淵沢と上諏訪で悩んだ結果。

ひとまず自由席に座れまして、両側のブラインドが下げられてたので最初の選択肢は「寝る。」ということに。で、熟睡して起きた場所が小淵沢の手前だったら小淵沢で良いし、小淵沢出ちゃったらもう上諏訪でいいや。ということでiPod nano聴きながら寝てました。

で、随分と熟睡して、この日もDef Techのベスト盤を聞いてたんですが、

気がつくと3曲目の次が8曲目の途中まで飛んでたので「あーこれは随分寝たわ(たぶん高尾のあたりではもう寝てました(笑))。下手すると甲府を過ぎちゃったのかしらん」と思って、斜め前のブラインドが途中までしか下げられてない窓の外を見ると、

え、まだ大月の先なの?

どうもGWゆえに富士山や山中湖などを見に行く富士急に乗り換えるお客さんの乗降に手間取ってたらしいです。で、乗ってた「あずさ」はいとも簡単に山梨市駅を通過しまして…さようなら「ほったらかし温泉」(泣)。

そして甲府で隣に座ってたトランクを引っ張ってたおねいさんが下車しまして、窓側の席へ。

いつもだとサッカーの試合で年数回ここで下車するんで、降りたくなる衝動に…。ちなみに甲府戦は明日なんで出かける時は「上諏訪で温泉入って、甲府で一泊してサッカー見に行こうかな」ともちょっと頭によぎったもんでしたが。いかんせんそこまで財布の中身が(号泣)。

韮崎を過ぎるとこれは八ヶ岳だと思うんですが、物凄い山の風景が。「いやあこれを見てるだけでも気分転換できるわー」と思いながら、さてそろそろどっちかに決めなきゃなりません。

上諏訪に行くとした場合、「片倉館」という千人風呂と呼ばれるちょっとしたプールのような大きさの大浴場がある日帰り温泉が駅から徒歩10分ぐらいのとこにありまして、ここは何度か行ったことがありました。ちょうど10年前、福生に引っ越してきた頃に仕事や、それまでは夫婦二人で住んでた後に嫁の両親との同居しはじめた頃だったのでそれらで相当なストレスフリーになった際に、やはり仕事の休みの日に電車に飛び乗って成り行き任せの旅をした際にネットで調べてこの「片倉館」でひとっ風呂浴びてから、上諏訪駅前から高速バスで日帰りで帰ってきたことがありましたので。それ以来、気分転換といえば上諏訪、片倉館って事で数回訪れたことがありました。子供ができてからはとんとご無沙汰だったんで訪れれば4年ぶりということにもなるんですけどね。

そして一方、小淵沢にも一応、近隣には温泉か何かはあるらしいんですが、清里・野辺山などに向かうローカル線の小海線に乗らないといけない可能性もあり、小海線だとSuicaが使える駅が清里ぐらいしかないそうで、それだとタクシー使用になる可能性もありました。それに「何かあるらしい」以上の基礎知識がないもので、とりあえずスマホのGoogleで「小淵沢 日帰り温泉」で検索したところ、

こんな感じで「延命の湯」なる日帰り温泉があるらしい、とのことで。

で、調べたらタクシーで5分程度。たぶん1200円ぐらいはかかるんだろうなあと思いつつ「ま、いいや。片倉館は何度か行ったことがあるし。」と、小淵沢で降りることにしました。

「延命の湯」まではタクシーで。

甲府から小一時間程度かかって、小淵沢に着きました。

新しい駅舎を作ってる途中だったみたいで、以前はホーム上にあった蕎麦屋や駅弁を売ってる売店が撤去されてました。

で、駅前に停まってたタクシーに行き先を告げて一路、温泉へ。

いやあ駅からタクシーで5分どころじゃなかったっですわ(大汗)。

途中、中央高速の小淵沢インターの交差点とかあったりして、車で約15分。しかもずっと上り坂。最初ネットで調べた時は「タクシーで5分だったら歩いて25分ぐらいじゃね?」なんてタカをくくってたんですけど、タクシーにして大正解でした(苦笑)。

その日帰り温泉は場所的にはむしろ自家用車で来る方が非常に便利なポジションでした。小淵沢インターからすぐ近くで、コンビニも何軒かあるし、タクシーの運ちゃんの話では道の駅にこの「延命の湯」や宿泊施設もある「スパティオ小淵沢」が隣接していて、大きな駐車場になってる為に夏場は車中泊する車で大賑わいするんだそうで…。

で、入口横の受付の券売機でチケットを買いまして、

ひとっ風呂浴びることにしました。

続きます。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク