神戸0-1甲府。「甲府の至宝」堀米勇輝のJ1初ゴールが…。

スポンサーリンク




堀米勇輝が「感慨深い」J1初ゴール!甲府が虎の子の1点を守り抜き4戦ぶり白星、神戸は3連敗に(ゲキサカ)

神戸0-1甲府(スパサカ)

今日は所用がなくなんとなくずっと家でダラダラと過ごしつつ、パ・リーグTVで西武対ロッテ戦を、そしてDAZNで神戸対甲府戦を見てました。

[4.30 J1第9節 神戸0-1甲府 ノエスタ]

 J1リーグは30日、第9節を行った。ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸とヴァンフォーレ甲府が対戦し、MF堀米勇輝のJ1初ゴールによって、甲府が1-0で勝利した。

 立ち上がりからボールの主導権を握ったのは、ホームの神戸だった。前半2分、右サイドからMFウエスクレイが中央へ切れ込み、浮き球パス。これを受けたFW渡邉千真が相手に寄せられながらも右足を振り抜いたが、ゴール右に外れる。25分には、右サイドからDF高橋峻希が低く早いクロスを送り、渡邉が落としたボールをMF大森晃太郎が左足ボレー。強烈なシュート枠を捉えたが、GK岡大生にキャッチされた。

 粘り強い守備で神戸の攻撃を耐えた甲府は前半38分、カウンターから左サイドでMF兵働昭弘のロングパスを受けたMF田中佑昌がPA左からクロスを上げ、中央に走り込んだ堀米がヘディングで合わせ、先制点。堀米がワンチャンスを得点へとつなげ、プロ8年目にしてJ1初ゴールを叩き込んだ。

 後半開始からFW田中順也に代えてMF中坂勇哉をピッチに送り込んだ神戸。ピッチを幅広く使いながら攻撃を仕掛けるが、甲府のハードワークにてこずり、なかなか決定機を創出できない。逆に23分には不用意なパスミスからカウンターを受けたが、田中佑のクロスは味方に合わず、助けられた。

 終盤に向けて両チームが交代カードを使い、フレッシュな選手をピッチに送り出す。甲府は25分にMFオリヴァー・ボザニッチ、29分にはFWドゥドゥを入れる。一方、攻め疲れ感がある神戸は31分、MFニウトンに代えてFW小林成豪を入れ、残りの時間で同点、逆転を狙いに行った。

 神戸は後半36分、ゴール正面のFKから渡邉が直接狙うが、GK岡に止められてしまう。42分には中坂が強烈な左足シュートを放つが、甲府の集中したブロックに阻まれ、最後までゴールネットを揺らすことができなかった。試合は1-0のままタイムアップ。甲府が4試合ぶりの白星で今季アウェー初勝利とし、神戸は3連敗とした。

 決勝点を挙げた堀米は試合後のインタビューで、「佑昌さんがいいボールを上げてくれて、あとは押し込むだけだったので、思い切りいきました。(J1初得点は)ここまで長かったので、感慨深いです」と自身の得点を振り返った。

スポンサーリンク

最初は神戸の攻撃の独壇場、だったんですけどね。

試合の序盤はとにかく神戸にハーフコート状態であれやこれやと攻められて、それをどうにかかいくぐって守ってたって感じの甲府でした。一時期はボール試合率が神戸7割超って表示があった記憶が…。

で、そんな中、前半がもうすぐ終わるかな?と思ってた40分すぎに兵働→田中ユースケのロングパスが成功してカウンターへ。そこに河本と堀米が攻め込んで、田中ユースケのクロスを掘込が頭で押し込んで先制点を決めたというシーンを見て「うおっ!!」と驚愕する私が。

後から確認して「やるなー」と思ったのが、河本が堀米の斜め前をダッシュして囮になってるんですね。そこに田中ユースケがやや守備側のマークが緩くなった堀米にピンポイントのクロスを放り込んで、それを掘込が頭でゴール片隅に叩き込んだ…と。まさに電光石火の四字熟語に尽きるゴールシーンでしたわ。

(逆の意味で)4月16日の新潟戦を思い出してしまった…。

で、その後は(甲府も何度か攻め込んだんですけども点には絡めず)、神戸の猛攻を甲府の選手が体を張って実にハードワークで守りきってました。言い方は良くないんですが、4月16日に行った甲府対新潟戦を思い出してまして「いやあ神戸の選手やサポーターはこないだの甲府の選手やサポーターと同じような気持ちになってんだろうなあ」と。たぶん新潟戦の「凡戦」を経て、吉田監督以下首脳陣がチームを引き締めたんでしょうね。それが前節のセレッソ戦の畑尾の同点弾や、今日の試合に繋がったのかもしれませんし。

ま、基本的には私自身は油断しないようにDAZNのスコアは決して「神戸0-1甲府」ではなく、試合終了のホイッスルが吹かれるまで「神戸0-0甲府」のつもりで、常に挑戦者気分でじっと見ておりましたけどね。そんぐらい神戸の攻撃も「本当に惜しい、点が入っていてもおかしくない」、逆に言えば「甲府が紙一重のところでギリギリ守ってた」試合でもありましたので…。ますます油断なきよう、対戦相手は全て格上・我々は挑戦者として向かって行くぞ、ってのを忘れずに戦って欲しいものです、はい。

「甲府の至宝」堀米勇輝の涙にぐっときた。

で、試合後、Twitterで拝見した↑の動画を見てたら、ゴール決めた堀米が顔をくしゃしゃにして半泣きしながら喜んでました。いや、泣いてたのかもしれないな…。試合後には、

この選手は、甲府の下部組織の出身なんですが(なので「甲府の至宝」と呼ばれてるんですね)、なかなかトップチームでは出番がなくて、ブラジルにサッカー留学したり、ロアッソ熊本や愛媛FCに期限付き移籍して「武者修行」したりと苦労が多い選手でした。で、去年は愛媛時代の恩師が京都の監督をやってたので京都に完全移籍してJ1昇格プレーオフにまで進出してプレーするぐらい活躍もしてたんですが、今年(正確には昨年のシーズン終了後に)、「若手育成に定評がある」吉田達磨氏が甲府の監督に就任した際にオファーを受け甲府に戻ってきたという経緯がありまして。まさに「可愛い子には旅をさせろ」の言葉通りの甲府の孝行息子のような愛されっぷりですわ。

なのでTwitterを見てたら、かつて武者修行をしてた熊本や愛媛、去年は完全移籍でプレーしてた京都のサポーターの方々からも「堀米、J1初ゴールおめでとう」というつぶやきがありまして「いやー、どこのチームでも愛されてたんだな」と胸が熱くなりましたな…。

↑いい事いうなあ(感涙)

※ただし、あまりに短期間で活躍しすぎると、「甲府の心臓部をえぐるように」サンフレッチェ広島がまた欲しがるからまあそこはほどほどに(泣)

とりあえず1試合ずつできる事をコツコツと…。

ちなみに次節は5/7(日)にホームでジュビロ磐田戦です。一昨年はJ2にいたチームとは言えこれまた強敵(汗)。特に横浜Mから中村俊輔を獲得しただけにゴール前でファウルやった日にはどえらいフリーキックをズドンと決められかねないだけに。

ひとまず思うのは「勝って兜の緒を締めよ」この一言に付きますよね。今日のようなハードワークな守備をしつつ、きっちり相手のウィークポイントも抑えて…というビシッとしたサッカーがまたできるように。

↑試合後のインタビューに答えた吉田達磨氏もまさに「勝って兜の緒を締めよ」な表情でしたし。

後先のことはとりあえず棚上げしといて、現有戦力でどこまで太刀打ちできるのか、対応できるとしたらどのあたりをポイントにサッカーしていくのか…などのシュミレーションや、試合前の実践練習をみっちり行うんでしょうし、とりあえず1試合ずつコツコツと…。あ、練習とはいえけが人が続出するのも困るんで、そこらへんもほんとに気をつけて(泣)

余談

浦和最下位大宮に負け 監督「普通の負けより痛い」(日刊スポーツ)

浦和をメイン、甲府をサブで応援してた頃に、何度か「さいたまダービー」の大宮戦では節目節目で痛い目にあってた記憶があるんですが、いやあこれだからダービーマッチ、そしてフットボールは怖い。たぶん大宮もこれじゃ終わらないでしょうしね。

うーん、やっとこ横綱になれた稀勢の里が言いそうだ。「大関時代の序盤2日目ぐらいによく土をつけてた俺の気持ちわかるだろ?やりづらいんだよ、あれ」、とね(苦笑)。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク