読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】清田選手曰く「俺、今季9死球喰らってるから、明日の有馬記念は9番のヒットザターゲットで」(←ん?)

千葉ロッテ 雑談

スポンサーリンク

Ryan hit by pitch

ロッテ清田9死球だから有馬9番ヒットザターゲット - 野球 : 日刊スポーツ

我が家では近年、有馬記念「だけ」は馬券を買うようになってまして、明日は立川のウインズに行く予定です。へー、今季、9死球も受けてたんか、清田…。

“当たり年”の男に乗れ! ロッテ清田育宏外野手(30)が23日、人生初の競馬予想に挑戦した。今季は、頭部への2死球を含む9死球を食らった。そこで、25日の有馬記念(G1、芝2500メートル)の本命は、ずばり9番のヒットザターゲットに決定。打撃不振で苦しんだシーズンだったが、大穴の単勝1点で勝負して、来季はヒットを量産する。

 ギャンブルをたしなまない清田だが、目は真剣だった。いつもは手に取ることのない出馬表とにらめっこ。しばし考え、ひらめいた。「今年は9個もデッドボールをもらった。当たり年でしょ。9死球だから9番で。ヒットザターゲットですか! いい名前ですね。当たりますよ。単勝です。そして、来年はヒット量産です!!」と力強く話した。男らしく、単勝1点で勝負する。同馬の前々日最終オッズは、全16頭中13番人気の120・6倍。年の締めくくりにふさわしい夢を買った。

 本業では苦しんだ1年だった。昨季は打率3割1分7厘、15本塁打で、6年目で自己ベストを残した。今季は暗転。打率2割2分5厘、6本塁打と落ち込み、7月には2軍落ちも味わった。ただ、自ら言うように“当たり年”ではあった。

 まず、1月の初詣。大吉が出にくいと評判の浅草寺のおみくじで、2年連続となる大吉を引き当てた。もっとも、野球は吉とはいかず、自己最多となる9死球の大当たり。しかも、2つは頭に当たった。9月8日の西武戦でもらい、脳振とうの診断。復帰後すぐ、同21日の楽天戦でも頭に食らった。頭部死球は通算4個となり、プロ野球最多を記録してしまった。

 この日はZOZOマリンで野球教室。2時間、子供たちに手とり足とり教えると「十何年後、みんながロッテに入って『野球教室で教えてもらいました』と言ってくれるのを楽しみにしています」と、夢のある言葉で締めくくった。1歩間違えば選手生命を脅かす頭部死球も、シーズンが終わればネタに出来る男だ。単勝万馬券のヒットザターゲット。馬名の由来は「的に命中する」。13度目のG1挑戦で悲願の初Vを狙う。清田が推すなら、ひょっとして…。夢がかなうかもしれない。【古川真弥】

いや、本当に当たったら清田様様だよなこれ(爆)

9回もデッドボールを受けて、うち1回は脳震盪で登録抹消、復帰してすぐにまた死球を頭に喰らって…ってそりゃ激怒しますって。

www.muroktu.com

↑その復帰直後の頭部死球の時の記事です。

いやあこれで当たると凄いんだけどな。

私は息子の誕生日&本命馬を中心に…。

…ちなみに私は、例年は「本命で来そうな馬+息子の誕生日が9月4日だから4番・9番」という買い方をしてます。ただ、利益はほぼ度外視なんで基本的に複勝かワイド、なんか気が向いたら馬番って感じなんすけどね。

で、昨年は4番のラブリーデイ、9番のサウンズオブアース、11番のキタサンブラックの3点買い(それぞれ500円ずつ、馬番で)を買ったら、7番のゴールドアクターという馬が優勝し、サウンズオブアース2着、キタサンブラック3着、ラブリーデイ5着という始末で、「うわー、いつもどおりワイドにしときゃよかったー」と苦笑いする始末(1700円ぐらいついてましたな、9-11のワイドで(泣))。

んで、今年は少しだけ懐が温かいので、1番キタサンブラック、2番ゴールドアクターの1-2をワイドで買いつつ、4番ヤマカツエース、9番ヒットザターゲットにちなんだ買い方をしようかなあと考えてます。1-2、4-9、1-4、1-9とかで。

※あ、万が一これに乗って外しても責任は取れませんので、自己責任でお楽しみくださいませ(大汗)。

現役晩年の岡部・柴田(政)の頃は詳しかったが…。

ま、これ書いてて「そうか、俺の馬番を阻止したのはゴールドアクターだったのか」と思い出したぐらい、日頃は競馬には疎くなりましたわー。

前はウイニングポストやダビスタをやりまくってたんすけどね…。ビワハヤヒデの岡部幸雄、ウイニングチケットの柴田政人、ナリタブライアンの南井克巳とかの時代だから、もう20年近く前の話なんだなあ。

で、もし当たったら馬券を嫁さんに手渡して…。

ちなみにたまーにこの方法で当たることもあるんですが(といっても500円が1750円とか高くても4500円ぐらいになる程度なんでたかが知れてるんですけど)、だいたいは嫁さんに「これ、立川のウインズで払い戻してきて、立川のどこかで甘いものでも食べて帰ってきなよ」と当たり馬券を渡しちゃいますね。ですので外れてもまあそれは運試しみたいなもんですから…(今だと、それが結果的には嫁のブログ「取材」にもなりますし(笑))。

でももし何かの間違いで10万円とか超してたら「プレステ4とウイイレの新しい奴買ってよ、PS4は中古でいいからさー」とも冗談で言ってるんですけども。まあワイドで買ってるんで、まずないですね。てか、かつてのダイユウサクみたいな単勝で万馬券(137.9倍だったそうです)みたいな馬はなかなか出てこないのかなあ、もう。

※ちなみにここによると、現時点でヒットザターゲットの単勝は134.8倍…。いやいやいや(苦笑)

それはともかく、もし当たっちゃったら、甘いものを食べて帰ってこれる程度の嫁さん孝行もできますし。ナイス家庭円満ということで(苦笑)。

ものもらいは関係ないだろ(大汗)

で、話をロッテの清田に戻ると、今年はいろんな意味での「当たり年」だったみたいで、

 ◆清田の当たり年 9死球はチーム最多タイでもあった。9月8日は西武郭俊麟に。登録抹消され、脳振とう特例措置が適用された。同21日は楽天美馬から。抹消には至らなかった。他にも“当たり”があった。4月8日の西武戦の1回、走者として本塁生還したがアウトの判定。リプレー検証の結果、セーフに覆る初のケースに当たった。6月には、右目にものもらい。菌に当たり、スタメンを外れた。締めはCS。ソフトバンクとのファーストステージで2試合連続先頭打者アーチ。ポストシーズン史上初の大当たりだった。

「右目のものもらい、菌にあたり」っておい(誤爆)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ