あー、横綱審議委員会、稀勢の里を全会一致で横綱に推薦したのかー(驚)

スポンサーリンク

稀勢の里を横綱に推薦決定 横綱審議委 19年ぶり日本出身横綱 | NHKニュース

昨日の記事の続きになりますが…、正直、慎重派の委員も居て多数決で僅差か喧々諤々の議論になるんかなあーと思ってたら。

大相撲の横綱審議委員会が23日開かれ、初場所で初優勝を果たした大関・稀勢の里を横綱に推薦することを決め、25日の日本相撲協会の臨時の理事会などを経て19年ぶりに日本出身横綱が誕生することになりました。

大相撲初場所で14勝1敗で初優勝を果たした大関・稀勢の里の横綱昇進について、日本相撲協会は23日夕方、東京・両国の国技館で開かれた横綱審議委員会に諮問しました。

委員会では稀勢の里の横綱としての品格や力量を審議した結果、出席した委員全員一致で稀勢の里を横綱に推薦することを決めました。

相撲協会では、25日、春場所の番付編成会議と臨時の理事会を国技館で開いて、稀勢の里の横綱昇進を正式に決め使者を派遣して稀勢の里に伝達します。

横綱の昇進は平成26年の春場所の後の鶴竜以来3年ぶりで、稀勢の里は72代の横綱になります。また、平成11年に昇進した武蔵丸以降、朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜と5人連続で外国出身力士が横綱に昇進してきましたが、稀勢の里は平成10年の夏場所後に若乃花が横綱に昇進して以来、19年ぶりの日本出身横綱の誕生となります。

稀勢の里「尊敬される力士に」

大関・稀勢の里は、横綱審議委員会から横綱に推薦されたことを受けて記者会見に臨み、「ぐっと気が引き締まりました。これから強くなって支えてくれた人たちにもっともっと恩返しできるように頑張ります。横綱として尊敬されるような力士になっていきたいし、稽古場のふるまいも生き方も見られているので、そういう力士になりたい」と話しました。

スポンサーリンク

全会一致とは正直驚いた。

奇しくも稀勢の里が入門した時の師匠である元・鳴戸親方、横綱の隆の里も、北の湖と千代の富士全盛時代に挟まれてなかなか昇進はできないわ、幕下の頃に患った糖尿病を克服するなど苦労した結果、稀勢の里と同じ30歳の時に横綱昇進して「おしん横綱」と呼ばれてましたしね(ちょうどこの頃に大ヒットしてたのがNHKの朝ドラの「おしん」だったんでそれにひっかけて呼ばれてたそうです)。確か稀勢の里が大関に昇進する直前に急逝されてたような記憶がありますが…。

で、横審の方々のコメントとしては、

横綱審議委員長「敬愛される横綱に」

大相撲の横綱審議委員会の守屋秀繁委員長は、大関・稀勢の里を全会一致で横綱に推薦した理由について、昇進直前の勝率の高さを挙げ、「今場所の活躍はもちろん、過去6場所の勝率が朝青龍以降の4人の横綱と比べても1番いい。安定した実力があると評価されて横綱に推挙された」と説明しました。

また19年ぶりに日本出身の横綱が誕生することについて「技量は十分にあると思うが、品格という面においても、もっと磨いて日本国民全員から敬愛されるような横綱になってほしい」と話しました。

また、日本相撲協会の八角理事長は、横綱審議委員会のあと報道陣の取材に応じ、「ここ2場所だけでなく、その前の成績も示したが、それを見れば稀勢の里の安定感は一目瞭然で、委員の皆さんも驚いていた」と述べたうえで、「満場一致で推薦が決まったのか」という質問に対して「皆さん一緒でした」と答え、横綱への推薦が満場一致で決まったと説明しました。

怪我(による休場)をしないのが一番すごいと思う。

まあとにかく怪我に強いんですよね、稀勢の里は。白鵬ともども、ほとんど休場をしない看板力士で。白鵬は昨年は1場所休場してしまいましたが、それ以前はほとんど皆勤ペースで出てましたし、稀勢の里は2014年の初場所に右足の親指を痛めて千秋楽を無念の不戦敗した以外は、2011年に本場所が中止になったのを除いて前相撲からずーっと皆勤で出てるんだそうです。

で、2年前の今頃に↓こういう記事を書いてたのを思い出しましたわ(笑)

何よりも、白鵬(と稀勢の里)の凄いところは、本場所を絶対に休まない点だと思う。

それを含めての「安定性」なんでしょうね。(殆ど怪我で休まない)白鵬が休場したことによって昨年は年間最多勝にもなりましたし。白鵬、その前の年まで9年連続最多勝だったんだな…(汗)。

そんだけ朝青龍・白鵬が凄かったんだな…。

基本的に私は日本人だ、外国人だ、というコダワリは全く無いんですが、それでも日本人力士の横綱がお兄ちゃん、すなわち3代目若乃花以来だったのには驚きましたね。19年ぶり、と。その間に出島や武双山、雅山、琴光喜、豪栄道、琴奨菊、そして魁皇が横綱になれずに最高位が大関で引退してるわけですけども、逆に言えばどんだけ朝青龍と白鵬が日本人力士の「壁」になってたのか、と(その中でモンゴル人力士とはいえ、日馬富士と鶴竜が横綱に昇進できたのもすごい話だと思いますしね)。

いやあこれであっさり短命横綱になったら逆に気の毒って感じだけど…重しが取れた稀勢の里がどんぐらいまで現役を続けられるかも見てみたいですね。のらりくらりと9勝6敗の繰り返しで、それでいてたまに「確変」して年イチで全勝優勝したりして、意外に40歳近くまで綱を張ったりして(爆)。

で、土俵入りは雲龍型か不知火型か?

で、あとは稀勢の里が雲龍型と不知火型、どっちの土俵入りを選ぶんだろう。

前師匠の隆の里(二子山部屋)は不知火型だったんですが、現在は白鵬と日馬富士が不知火型、鶴竜が雲龍型で、バランス的には雲龍の方が4横綱で2-2になるからいいんでしょうけど…。二所ノ関一門の親方で横綱経験者がどうも元・大乃国の芝田山親方しかいないらしく、大乃国は雲龍型だったんすよね(二子山部屋出身の貴乃花は別の一門を拵えて一門外になっちゃいましたし…あ、貴乃花も雲龍型でしたが)。ま、綱の結び目が違うのと、手の使い方が違うぐらいなのでコーチングする際にはそれほど違いはないらしいのですが(かつては巡業で北の富士さん(同行してた玉の海関の代わりに)と白鵬関(双葉山生誕100週年のイベントで)が不知火型も雲龍型も披露したという逸話があったそうです)。

あれも一門によっては雲龍型のみ、不知火型のみ、みたいなとこもあるそうで、例えば雲龍型だと高砂一門、不知火型は立浪→伊勢ケ浜一門とかが。高砂一門の曙や朝青龍が雲龍型を、伊勢ケ浜一門の白鵬と日馬富士が不知火型を選んだのは主にそういう理由だそうです。一門によっては不知火型が短命横綱のジンクスがあった頃は伝統を引き継ぐためにあえて不知火型を選んだという横綱(30代に入ってからのスロー出世で昇進した琴櫻や隆の里など) もいたそうですが、白鵬が大活躍してからは「不知火型が短命横綱のジンクス」とは誰も言わなくなったのもある意味凄いんですけどね(爆)

大乃国が横綱になった時の二子山親方の発言が凄い(笑)

ちなみにその元横綱・大乃国が新横綱になった時は、同じ二所ノ関一門の(いずれも当時の)2代目若乃花の間垣親方、隆の里の鳴戸親方、琴桜の佐渡ヶ嶽親方が手取り足取り土俵入りのコーチングを買って出てくれたんだそうです。もっとも間垣親方は雲龍型、残りの2人は不知火型の土俵入りをしてたんで、やはり「教える」方は型はともかく基本は同じなんでコーチングすることはできるようですね。

もっとも、この時は3人の元横綱が手取り足取り細かく教えてたとこに、2代目若乃花・隆の里の師匠である初代若乃花の二子山親方(この人も横綱でしたが雲龍型だったそうです)が「好きにやれば良いんだ。横綱がやればそれが横綱土俵入りだ」と大声で豪快なことを言ってのけたエピソードもあるんだそうで…それは凄い(苦笑)。

※ちなみにやはり同じ二所ノ関一門だった大鵬が横綱になった頃はまだ初代若乃花は現役横綱で、その時は手取り足取り、目線の先のポイントやコツまで懇切丁寧に教えてたそうです。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク