泰葉「タレント活動終了」宣言←姉・海老名美どりの「小説家宣言」と全く同じやんw

スポンサーリンク

By: Amos

泰葉、タレント活動終了 「『芸道』の道を極める決意をいたしました」(サンスポ)

つーか、そろそろネタ切れしてきたから「訴訟宣言」と「引退宣言」ですか?(皮肉)

歌手、泰葉(56)が6日、FAXでタレント活動を終了することを発表した。「私、泰葉は本日、2017年6月6日をもちまして、タレント活動に終止符を打つことになりました」と報告した。

 泰葉は1981年9月にデビュー。代表曲フライディテャイナタウンが「現在も愛されています」としたうえで、「音楽家として厳しい訓練を受け、芸大受験、桐朋音大入学と基礎を学びました」と振り返った。

 2007年に落語家、春風亭小朝(62)と離婚。その後は「タレントとしてみなさまからたくさんのオファーをいただき 数々のメディアに出演させていただき心から感謝申し上げております

」(原文ママ)とつづった。

 「六歳の六月六日より、ピアノ、三味線、バレエ、歌等、数々のお稽古事を始めました」といい、「古典芸能の世界ではこの日にお稽古を始めると縁起がいいとされ、ジンクスになっています」と強調。「本日の六月六日、50年前のこの日のことを思い出し 両親、祖母が見守る中、芸道に精進することを誓った私を思いまします」(原文ママ)と当時を懐かしんだ。

 「父の意思を継ぎ、『芸道』の道を極める決意をいたしました」とタレント活動を終了する理由を挙げ、「歌手、作詞家、作曲家、古典芸能人、プロデューサー、そして、現在経営している弊社泰葉エンターテインメントの経営者、実業家としてその道をひらすら邁進していく所存でございます」と決意表明した。

 「私はタレントとしてはとてもとても未熟者でございます ですのでその活動に終止符を打つことを何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」と締めくくった。

スポンサーリンク

歌手、作詞家、作曲家、古典芸能人(以下略)→それ「タレント」だろ?

まあオフラインの知り合いに「かまってちゃん」、特にうつ病みたいな精神を患って「かまってちゃん」になっていろいろと言動やブログで自ら火を付けて物議をかもしてた奴がいまして、その知人には悪いけど「ああ、こういうのもパターンなのかな?」と思っちゃってる自分がいるもんで。

この流れで、元夫の小朝が「相手になってくれず」、次いで「この人だったらTVのイメージでは短気だから反論とかでかまってくれる」と和田アキ子につっかかるも、和田アキ子もオトナな対応…というか「こいつはめんどいから」と完全スルーされちゃって、誰も相手してくれず。そうなると、世間様が「かまって」くれるとしたら、まあ言葉は悪いけど「死ぬ死ぬ詐欺」か「引退するする詐欺」しかないわけなんですね。

でもさ、冷静に考えてみたら、「歌手、作詞家、作曲家、古典芸能人、プロデューサー、そして、現在経営している弊社泰葉エンターテインメントの経営者、実業家をやっている人」って、

世間では「タレント」って言わないか?

※ちなみにwikipediaで「タレント」で調べてみると、

タレントとは、英語: talent に由来する語句であり、日本においては、テレビやラジオなどのメディアおよび各種イベントに出演し出演料を得ることを収入源としている人(本業としている人だけでなく、副業や一種のアルバイトとしている人なども含めて)の一般的呼称である。

芸能人の類型の一つとされるが、アナウンサー・評論家・歌手・俳優・お笑い芸人などの明確な職能分類にあてはまらず、職称を確定しにくい人物に対して用いられることが多い。また、複数の専門分野にまたがって活動する人物をとくにマルチタレントと呼ぶ場合もある。

ただし、原語の意味(後述)とは反対に、タレントと呼ばれる職種は、通常、何らかの専門的な技能を発揮するよりは、人目を引くような容貌・服装・話し方・振る舞いなど、本人の総合的なキャラクター性によって視聴者の関心を集め、場の雰囲気を盛り上げる役割を果たす。また、何らかの堅実な職業をもちながら、マスメディアへの露出度の高い人を(しばしば揶揄をこめて)タレントと呼ぶこともある。

…全然、「タレント活動終了宣言」の意味ねえじゃんw

そういえば「姉」の海老名美どりも”同じような”こと、やったよな?

で、わざわざJ-CASTニュースさんがTwitterで、

…と、いかに鼻で笑っちゃってますよ?的なツイートを流してましたわ。そりゃそうでしょうね。

で、個人的にはこの一件ですぐに思い出したのが、泰葉の実姉にあたる海老名美どりの「緊急記者会見→中身は小説家宣言」…で、マスコミの大顰蹙を買った一件でしたねえ。

こちらもwikipediaに載ってたんで引用しますと、

著書『ビッグアップル殺人事件』発表前にマスコミ各社へFAXを流し会見を開き、その際の見出しが「緊急発表」となっていたことから峰との離婚会見であるとの憶測が飛びかったが、実際の内容はミステリー作家としてのデビュー宣言であった。

この騒動で、特にマスコミ関係者から大顰蹙を買う羽目となり、その結果、会見以前と比較してマスメディアで見かける機会が大幅に減っている。

とまあ、こういうことに。

確かあの時の生中継…ではないんですが、何かの番組でその時の映像を見たんですが、当時は海老名美どりは今で言うとこの北斗晶のような「鬼嫁キャラ」で売ってたんですね。で、峰竜太を尻に敷いてる鬼嫁キャラゆえに「緊急会見をやります」とFAXで流されて、「すわ離婚か?」と色めきだって記者会見場に行ったところ、開口一番、海老名美どりが言ったのは、

「私は芸能界を引退して小説家になります」

と。

…そりゃマスゴミも怒りますわ。というか、この泰葉と思考回路、やってる事がほとんど大差がねえw

それ完全に「血筋」だわ。困った家系だw

もっとも泰葉の方は「緊急記者会見」はやってませんけどね、今回は。でも海老名美どりの頃は「ブログ」どころか「インターネット」というものがまだ世間には普及してなかった時代の話ですから。

たぶん、時代を入れ替えれば海老名美どりは「ブログ」で「緊急発表」をし、泰葉は「緊急記者会見」を開いて金屏風の前で「タレントを辞めます。今後は歌手、作詞家、作曲家、古典芸能人、プロデューサー、そして(以下略)」とマイク持って宣言して…で、どっちも「顰蹙を買う」んでしょうなー。

いや、これ完全に「血筋」だよな?たぶんこれ、初代三平師匠よりも、でしゃばりのおかみさんの血筋だと思うわ。困った家系だ。たぶん親父殿、草葉の陰で苦笑いしながら「うちの家族がドーモスミマセン」ってやってるに違いないわ(失笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク