読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

小金井の事件の容疑者、まさか3年前に、別のアイドルに嫌がらせして警視庁から呼び出しを受けてたとは…。

雑談 ツッコミ

スポンサーリンク

Tangerine Dream live on Cruise to the Edge 2014

岩埼容疑者3年前にも別アイドル嫌がらせか - 社会 : 日刊スポーツ

結局、こいつにとっては、推しメン(?)およびストーキングの「ターゲット」が替わっただけなのかよ、と(呆)。

東京都小金井市で、アイドル活動をしていた私立大3年の冨田真由さん(20)が刺され重体となった事件で、殺人未遂容疑などで送検された岩埼友宏容疑者(27)が約3年前、別の10代の女性のブログに相手を怖がらせるような書き込みをしたとして、警視庁から呼び出しを受けていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。

  岩埼容疑者は呼び出しに応じなかったが書き込みが収まり、警視庁は事件化を見送っていた。岩埼容疑者の名前を記録していなかったため、今回の対応でも事件発生まで約3年前の出来事を把握していなかった。

  捜査関係者によるとこの女性はブログへの書き込みについて、アイドルの聖地・秋葉原などを所轄に抱える万世橋署に相談。書いた人物は不明だったが、その後の捜査で岩埼容疑者が書いたことが判明したという。

  また、岩埼容疑者が、冨田さんを刺した状況について「電話をかけ始めたので刺した」と供述していることも分かった。小金井署への取材で分かった。署によると、冨田さん本人が110番した際「助けて。きゃー」と言った後、応答がなくなった。

  署によると、岩埼容疑者は事件当日、以前渡した腕時計などが送り返されたことを冨田さんに問いただしたが「冨田さんが曖昧な返事をした後、自分を無視してスマートフォンを耳に当てて電話をかけ始めた」と説明。通報は21日午後5時5分で、1分45秒後に目撃者から「男が女性を刺している」と110番があった。

  署は、岩埼容疑者宅から冨田さんの写真11枚を押収。ライブ時に撮影したものとみられ、8枚は1人で歌っている様子などで、3枚は岩埼容疑者と2人で写っていた。

結局、この容疑者の男はもう「常習犯」で、呼び出しを喰らって怖気てネットの書き込みを止めて「ほとぼりが冷める」のを待って、次のターゲットをみつけてまた同じことを繰り返した…という意味では、もう救いようがない、と。おそらく何年かして娑婆に出てきたら新しいターゲットを見つけて、同じことをやるんでしょうね、きっと。

いくらなんでもミスの積み重ねが過ぎるわ<警察当局

で、警察の方も…「おいおい、いくらサミットが近いとはいえ、手抜きやヒューマンミスが多すぎ。」って思ってたが…それ以前の話で、例えは良くないのだろうけどこのミスの積み重ね、野球で言えば、「幾つミスを重ねて何点取られてんだよ」って感じ。

例えば、

→ノーアウトランナー1塁から

→ライト前にヒットを打たれて

→一塁ランナー三塁へ

→ライト遠投で三塁に投げるも暴投して

→三塁に行った一塁ランナーもホームイン

→更に二塁まで到達してた打者も三塁へ

→カバーしてた外野手が三塁にまた暴投して二遊間の向こう側に転々

→打者もホームインで実質2失点喰らう

…みたいな感じだよなー。なんか万年地方大会1回戦負けの高校みたいな。ひとつのプレーで幾つミスを重ねてるんだ、と。マウンドのピッチャーがかわいそうだわ(泣)。

いずれにしても少なくても「結果論」では済まされないぐらい、この小金井の事件の被害者の方が、ここまで本人や家族が警戒していても近づいてきたとしても、「ある程度は」、こんな感じで襲われて挙句に瀕死の意識不明の重体になるほどの大けがを喰らう事ぐらいはせめて「防ぐ」程度の策は、この3年前の出来事等を考えても多少はできたんではないのか?と思うと、残念でたまらない。

いや、だからこそこんなくだらぬ容疑者の病的な自己満足な理由で襲われて、しかもこんなくだらない警察の失策の積み重ねで事実上「見殺し」にされかけただなんて…と思うと、本当にどうにかして助かってほしいと切に祈る次第です。