「リアル」なケイドロを興じた馬鹿が本当に警察に逮捕されるとはw

スポンサーリンク

By: D a

クリスマス、パトカーと「鬼ごっこ」=暴走容疑で少年ら逮捕-大阪府警(時事通信)

クリスマスに何やってんだか…そりゃ女がいなくて淋しいのはわかるが警察に八つ当たりしなくても(爆)

昨年のクリスマスに110番でパトカーを呼び出し、その前でバイクの暴走行為を繰り返したとして、大阪府警泉南署などは10日、同府内に住む当時15~17歳の少年10人を道交法違反(共同危険行為など)の疑いで逮捕、書類送検したと発表した。少年らは「パトカーを鬼ごっこの鬼に見立ててからかっていた」などと話し、全員が容疑を認めているという。

 逮捕、送検容疑は昨年12月25日午前3時半ごろ、泉南市と泉佐野市の道路で原付きなどバイク計7台に分乗し、蛇行運転を繰り返すなどした疑い。

 同署によると、少年らの仲間が「サンタクロースの格好をしたバイク約20台が暴走している」と通報。泉南署のパトカー1台が駆け付けたが、少年らはその前で危険な運転を繰り返した上、約4キロ先で追跡を振り切り逃走していた。

スポンサーリンク

実に「リアルな」ケイドロを(爆)

子供の頃よくやりましたわー、ケイドロ。ドロケーとも言ってましたが要は泥棒と警察ごっこですね。

子供の頃よくやってたのは、当時住んでた成田ニュータウンの公務員団地(1号棟から19号棟まであるめちゃくちゃ広い団地でした)の中をチャリンコで逃げて追いかけて…と。勿論、車だって徐行で走ってくることもあるのに、車道、歩道、下手するとオフロードの芝生とかも。あまりに広いので他の団地に住んでる同級生とか、その兄貴とか、ガキ大将みたいな奴がいたらその子分みたいな奴ら(その友達は兄弟が多くて弟の友達がみんな子分になっちゃうようなタイプの人でした)も混ざって、10人でやってた時は5対5とか。本当に多い時はたぶん20人ぐらいでやってたんじゃないですかね。10人対10人。「なんか野球できる人数じゃん、これ。」なんて私その多さに思わずそうツッコミを入れた記憶も(笑)

でも本当に自転車同士で衝突とかしたら危ないからある一定のルールは設けられてましたね。

そこらへんはどうだったのかはよく覚えてないんですが、たぶん自転車のどこか一部分を触ったらアウト(=逮捕)とか、本気でダッシュはしない、とか、タグラグビーみたいに何かを取ったら逮捕、みたいなルールだったような気がします。あとはバラエティ番組の「逃走中」と同じように、泥棒仲間が警察署(に見立てた秘密基地みたいなダンボールで作ったとこ)に襲撃して、うまく逮捕されずに仲間にタッチできれば脱走OK、みたいなのも。そこらへんは今から思い出しても「子供って遊びの天才だなあ」って思いますね。

我が家にあったトランシーバーラジオを持ち出してみたり。

今でもよく覚えてるのが、当時、うちにソニーの短波ラジオも聴けるし、トランシーバー機能がついたラジオがありました。

↑画像検索からお借りしてきました(多謝)

うちにあったのはこのタイプのトランシーバーラジオに、横に子機が着脱できるタイプのだったんですが、親が使ってないのをいいことに私だったか弟だったかが持ち出して、たまたまケイドロで警察側に回った時に「警察署」に親機を置いて、エース的な刑事役の奴に子機を持たせてこれで連絡をさせてました。当時は言うまでもなく携帯電話が普及どころか一般にも殆どなかった時代でこれはこれで「画期的だなあ」「大人みたい」なんて惚れ惚れしてたんですが、どうも何かの因果か本当の警察無線の音声を拾っちゃったらしく(もともと成田警察署がすぐ近くにありましたので)、警察役の連中が「やべっ、電源切れ!!本当に逮捕されるぞ!!」と顔を真っ青にして焦ってました(笑)。その後何も音沙汰もなかったんでたぶんトラック無線か何かを拾ったのを勘違いしたんでしょうね、たぶん。

大人になってからケイドロやったことも(笑)

ちなみに随分大人になってから、所属してたクイズサークルと、なぜか交流のあった鉄道ファンサークルで年末12月に屋外の公園で屋外ゲーム大会とかもやってました。カンケリとか。結構いい年こいた大人(私が20代後半ぐらいの頃で、30代も多かったです)が、汗だくになって盛り上がって、その後、焼肉食べ放題の飲み会・忘年会に突入するんですけども、怪我もなくかなり盛り上がってましたねー。

で、ある時にやったのがこのケイドロ。練馬区の善福寺公園(だったと思います)で、2チームにわかれてケイドロをやりまして、

こんな感じでドロボーチームのボス(当時のうちのサークルの前会長でしたが)が逮捕された後、

わざわざ服をかぶせて「連行」するシーンを写真に撮ったり(笑)。だって前会長がノリノリで「やれ、やれ」って命じてましたもん(爆)

でもあの逃げる・追いかける時の「高揚感」は今でも思い出しますが…この「事件」、遊びになってないもの。蛇行運転までしてパトカー挑発したりして、本気で警察怒らせてるし。しかも4キロ先で振り切ってるしで。

しかし警察も凄いのは、

ほとぼりが冷めた頃の5月に逮捕

という、これ以上にない「嫌がらせ」のような逮捕劇も…。下手したらガキども、半分ぐらいは「逃げ切れたんじゃね?」って確信して油断してたんじゃねーの?と思うぐらいに。いやあ下手すりゃ少年院か。クリスマス、また女がいないわびしい生活だ(意味不明)

余談:Twitterで見たんですが…マジな事件だったのか?

本題から外れるんですが、つい今しがたTwitterでこんなツイートを見まして…。

「え、千葉の松戸でそんな物騒な事件が??」と思いつつも、「いやあ事件の記事とかないかなあ」と思って探してみたら、

後部座席の男性撃たれる=渋滞の国道、犯人逃走-千葉(時事通信)

ほんとの事件だったのか…(;゚Д゚)

10日午後6時25分ごろ、千葉県松戸市の病院から「男性が撃たれて来た」と110番があった。男性は40代とみられ、同市松戸の国道6号でワゴン車の後部座席に乗っていた時、拳銃で何者かに肩と頭を撃たれた。県警松戸署は男性の身元確認を急ぐとともに、殺人未遂事件として犯人の行方を追っている。

 同署によると、ワゴン車には男性のほか、少なくとも4人が乗っていた。現場は片側2車線で、男性は左側から撃たれた。当時、道路は渋滞しており、同署は何者かがワゴン車の後方から接近し、発砲したとみている。
 現場はJR松戸駅から南に1キロほどで、県警松戸署の前だった。

しかも松戸警察署の真ん前での発泡とは…んな市街地でドンパチだなんて西部警察じゃないんだからさ(号泣)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク