読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「神武以来の天才」→加藤ワンハンドレッド・トゥエンティ・スリー九段…っておい(爆)

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20160914162250j:plain

ワンハンドレッド・トゥエンティ・スリーさんて誰のこと? 将棋連盟Webサイトの英訳がなんか変 (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

すげえな、googleの英訳も惑わされるぐらいの天才っぷりに(←をいw)

伝説の棋士の名前は「ワンハンドレッド・トゥエンティ・スリー」……。

日本将棋連盟WebサイトのGoogle翻訳を使った自動英訳が「ツッコミどころしかない」と話題を集めています。

【BuzzFeed Japan / 山崎春奈】

 将棋の7大タイトルのうち、名人は”Expert”、竜王は”Dragon King”に。漢字から直訳するとそうなるのか、と納得しかけますが……なんかちょっと、そういうことでいいのかな?
棋士それぞれの名前もところどころ「どうして?」な表現が見られます。そもそも”Shogi”のサイトなのに”Active chess player”になってる……!

佐藤天彦名人の”Sato Ten彦”はそもそも微妙に訳しきれてないですし、郷田真隆(ごうだ・まさたか)王将はよく見ると違う読み方になってます。

「ひふみん」の愛称で親しまれる加藤一二三(かとう・ひふみ)九段に至っては、”Kato, one hundred twenty-three”。カトー・ワンハンドレッド・トゥエンティ・スリー。た、確かに「一二三」ですけど……。

森けい二(もり・けいじ)九段の”Forest Keiji”もアツいです。フォレスト・ケイジ、ハリウッド・スターみたいな響きですね。

将棋連盟に聞いてみた

12日のWebサイトリニューアル後から話題になっていますが、BuzzFeed Japanの取材によると、旧サイトから一部ページには翻訳機能はあったとのこと。

海外で将棋関連のイベントを行う機会などもあるため、国外からアクセスするユーザーに「少しでも手助けになれば」という意図で設置していたという。
とはいえ、現状を見るとなかなか適切に情報が伝わっているとは言いにくいような。

「ないよりあった方がいいかな、と」

「きちんとした英文サイトの設置はもちろん議題には上がりますが、実際にやるとなるとなるとなかなか難しいのが現状です」

確かに、将棋用語は7大タイトルをはじめ専用的な言葉も多いので、単純な機械翻訳で網羅するのは難しそう。

ちなみに実際にタイトル名を英語表記する際は、Meijin、Ryu-ohなど、日本語の読みをそのままに紹介することが多いようです。

 英語版のWikipediaでは「Meijin(shogi)」という項目が存在し、(“mei”(名) = excellent, artful) (“jin”(人) = person)と説明されています。

いやあ一言でいえば「素敵」ですわー、日本将棋連盟。

で、こないだ藤井聡太三段が、プロとなる四段に昇段して、史上最年少および史上5人目の中学生棋士になったという話をここの記事でも紹介したんですが、

www.muroktu.com

それまでの史上最年少記録を持ってたのがこのワンハンドレッド・トゥエンティ・スリー…もとい、加藤一二三九段で、現在はあと5か月ほど現役で指し続けると丸田祐三九段の持つ最年長記録(77歳0か月)も更新する、という将棋史に残る名棋士のひとりでもあるんですが…。そういえばデビューしたての頃は「加藤一二三四段」という表記も話題になったそうですね。数字が繋がってる、みたいな(笑)。

※ちなみに昔は竜王戦の前身に十段戦、更に十段戦の前に九段戦というのがあり、1958年まで九段と言う段位はなかったそうです(1958年に名人3期もしくは抜群の成績で2期という条件が設けられて大山康晴・舛田幸三両棋士が初の九段棋士となりました)。加藤先生が九段になったのは昇段規定が改められた1973年でした。

もっともこの大先生は一年でC級2組から1組に昇格してすぐに五段になっちゃったんですけどね(以後、A級まで毎年昇格したので八段まで毎年昇段した次第です)。

で、記事にもあった森九段は、

f:id:tony_togo:20160914161859j:plain

ほんとに「Forest」になってるよ…。確かに「森=Forest」だから間違いではないけどさー。これじゃあネットの将棋ファンに「フォレストさん」って呼ばれちゃうじゃないか(意味不明)。ちなみにこの棋士も名人戦に出て当時の第一人者である中原誠名人をかなり苦しめたという名棋士のおひとりでした。

それと、個人的には先崎学九段のエッセイ本とか、かつては週刊文春→最近は週刊現代のコラムをいつも楽しみに拝読してるもので、「そういえばこないだ九段になったばかりの先崎学先生はどうなんだろう」と思ってみてみたら、

f:id:tony_togo:20160914162037j:plain

そもそも「翻訳」にもなってねえじゃねえか(泣)

一瞬、「学」…を「サイエンス(Science)」に訳したもんだと思って「ほお、学問繋がりですか」と考えたんですが、いやこれ、ひょっとして「先崎」の方を…??(;゚д゚)

いやあ将棋連盟いいっすわー。でも竜王戦で海外対局があった際に立会人・副立会人で加藤先生や森九段、先崎九段が現地に行ったら変な呼ばれ方をされそうだけどね(苦笑)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ