鹿島の石井監督解任とは…。ロッテにもこんぐらいの決断力を(呆)

スポンサーリンク

【鹿島】石井監督を解任「今季の成績を総合的に考慮」と発表…後任は大岩コーチ昇格(スポーツ報知)

おいおい、「去年の優勝監督」だぞ、石井氏…。

大型補強もACL決勝トーナメント1回戦で敗退

 鹿島は31日、石井正忠監督(50)を解任したと発表した。発表では「AFCチャンピオンズリーグ2017での敗退を受けて、今季の成績を総合的に考慮したうえで」の判断としている。大岩剛コーチ(44)が新監督に就任する。鹿島は今季大量補強を敢行し、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)、Jリーグのタイトル獲得を目指していたが、ACL決勝トーナメント1回戦で敗退。30日に行われた広州恒大との第2戦(カシマ)では2―1で勝利したが、アウェーゴールの差で敗退が決まっていた。

約1年11か月でタイトル3つ
 石井監督は15年7月、成績不振で解任されたトニーニョ・セレーゾ監督の後を受け、コーチから昇格。鹿島伝統4―4―2システムの復活を始め、前線からボールを奪いに行く守備、選手の発想を大事にするスタイルで結果を残した。就任から3か月後にはナビスコ杯(現ルヴァン杯)を制覇。昨年Jリーグチャンピオンシップでは優勝に導き、クラブに9年ぶり8度目のタイトルをもたらした。

 さらに昨年12月のクラブW杯でアジア勢として初の決勝進出を果たした。決勝のRマドリード(スペイン)戦では延長戦で2―4と敗れたものの、欧州王者を最後まで苦しめたサッカーには、世界中のメディアから賛辞が送られた。約1年11か月の在任期間で手にしたタイトルは、昨年天皇杯を含めて3つ。今季はさらなる躍進を期待されていた。

サッカーの停滞感を重要視か
 ここまでJリーグでは1試合未消化分がある中で、首位柏から勝ち点6差の7位につけている。ACLも敗退したとはいえ、1次リーグを1位で突破した。すぐに解任に結びつくような成績ではないが、鹿島のフロントは内容も考慮に入れて決断した模様。整えられた2チーム分の戦力を活用できなかった点や、サッカーの停滞感が理由とみられる。石井監督はJ1通算60試合36勝5分け19敗の成績。

スポンサーリンク

この「決断力」は凄すぎる<鹿島アントラーズ

昨年の優勝監督であり、今年だってACLとの連戦の疲れもある中で鹿島の順位は7位。とはいえ首位との柏と(鹿島のほうが1試合少ないけど)6差、つまり事実上2ゲーム差で決して悪くはない、むしろアジアを転戦するハードスケジュール、そして後半に「まくってくる」鹿島の例年の戦いっぷりを見てると「通常運転」にも等しい成績のこの時点で「切る」とは思わなかった…。しかもACLのベスト16をアウェイゴール差で「惜敗」してのこの決断とは。

それだけ鹿島のフロントが本腰を入れて「トータルで判断」したという事なんでしょうが…いや、実際はチーム事情、もしかしたら「チームがバラバラやんけ」的な事があったのかもしれないですし(傍目から見ると全くそんなのは感じなかったんですけどね)、いろんな理由があったんかもしれないですけど…しかしこの決断力。他のチームには決して真似はできないし、むしろ石井監督を今からでも欲しい・三顧の礼で迎えたい、と喉から手が出るほどの気持ちな低迷してるチームも出てきそうなぐらいで。大宮とか大宮とか新潟とか大宮とか(謎)

あー、これは大宮さんドコモマネー駆使して(?)本気で取りに行かなきゃ…。

リクシルさん、マリーンズ買いません?

そういえばロッテの身売りの噂とかで、結構噂になってるのがZOZOさんと共に鹿島の胸スポンサーのリクシルさんの名も出てたなあ。

ロッテ「半分自滅」石川5回途中7失点で開幕5連敗(日刊スポーツ)

昨日は結局15失点まで行ったんだか…。

<日本生命セパ交流戦:ロッテ7-15阪神>◇30日◇ZOZOマリン

 ロッテは大敗で2連敗を喫し、借金が再び20となった。先発石川が4回1/3、6安打7失点(自責6)で、自身開幕5連敗。2番手以降の投手も失点を重ねた。投手陣全体で9四球。野選、失策など、守備の乱れも続いた。

 一方で、打線は13安打7得点と奮起。一時は2点のリードを奪った。

 伊東勤監督(54)は「見ての通り。一時は逆転したけど、守りきれなかった。(四球、失策などで)半分、自滅。大味な試合になってしまった。打つ方は、だいぶチャンスを作れるようにはなったけど、それだけです」と、かみ合わない投打にもどかしそうだった。

うーん、ロッテにもこんぐらいの決断力は欲しい。いや、伊東監督更迭とかそういうのの前に、

ロッテ、早く自分から身売りしろ、と。

ちゃんと経営戦略を練って、他チームに「勝てる」、勝って観客動員力を高める、そして地元が盛り上がれるような親会社が欲しいわ。残念ながらロッテ本社がそこまで気持ちを込めて球団経営してるとは到底思えないし。どうせ日本球団なんか持たなくったって母国にもチーム持ってるし、日本球界にだって12球団全部の本拠地球場に看板置いてれば十分「貢献」できる程度の気持ちなんでしょう?

しかしなサッカーのサポーターはあまりのていたらくに試合終了後にスタンドに居残って「社長出てこい」とか「塾行かねえぞ」とかやるかもしれないが(いや、塾は行きましょう(苦笑))、プロ野球のファンは何も言わずにすっとスタジアムに来なくなるだけだから。騒がないからって客舐めてると後で手痛いしっぺ返しを喰らうぞ。まあ親会社は川崎の頃の閑散っぷりを思えば痛くも痒くもないのかもしれないけどな。

うーん、マリーンズの身売り。勿論ZOZOさんもいいけど、リクシルさんも身売りの件考えてくれませんかね?お金を出してくれるのもそれ自体かなりありがたい話なんですが、それ以上に長期的に「いかにして強いチームにできるか」を真剣に考えてくれる腰を据えたしっかりした親会社がほしい。トステムの頃から長年鹿島の胸スポンサーをやってきた会社だけにここらへんのお金の出し方についてはむしろ信頼できるような気がする。決して惰性で出してるわけじゃない、という意味でも。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク