【千葉ロッテ】昨日の試合はまさに「勝ちに不思議の勝ちあり」な試合でしたな(苦笑)

スポンサーリンク




伊東監督「テンポが悪すぎ」9失点の投手陣に苦言(日刊スポーツ)

うーん、えらい大味な試合でしたわ、昨日は…。

<オープン戦:DeNA9-12ロッテ>◇11日◇横浜

 ロッテ伊東勤監督(54)が投手陣に苦言を呈した。

 4番手で、1回1安打無失点のドラフト5位有吉優樹投手(25=九州三菱自動車)をのぞけば、涌井、同4位土肥星也投手(21=大阪ガス)、同2位酒居知史投手(24=大阪ガス)と、失点を重ねた。

 伊東監督は「投手が総崩れ。全体的にテンポが悪すぎる。ランナーをためて、どかんは避けたい」と注文。有吉については「一番良かった。テンポも良かった」と評価した。

 また、守備では平沢が2失策。他の選手にも、記録につかないミスがあった。「守りで、おろそかなプレーが多すぎた。野手で争っている人は、今、どの位置にいるのか。集中してやってもらいたい」と奮起を求めた。

まあ公式戦でも一年に何試合かある、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」っていう典型的な試合でしたねー、ノムさんが言いそう(ちなみにこの言葉はノムさんの造語ではなく、剣術の本か何かからの引用なんだそうですが)。

とりあえず有吉、GJ。涌井は…いや、シーズンまでにはしっかり合わせてくるんでしょ?

スポンサーリンク

田村への期待がものすごくでかい…。

「2000本打てよ」ロッテ指揮官が田村にかける“伊東超え”の期待(スポニチ)

どえらい期待をされてるな、田村…。

ロッテが6日に行った倉敷マスカットスタジアムでの全体練習中のこと。伊東勤監督が若き正捕手の田村龍弘に声を掛けた。

 「今いくつだっけ?今年23歳?俺の(試合に)出始めた歳と同じくらいだな。おまえ、2000本打てよ」

 驚き、絶句する田村。畳みかけるように「昨年100安打くらい打っただろ?95本?じゃあ無理か」と笑った。

 伊東監督といえば、黄金期の西武を支えた名捕手だ。その輝かしい功績は挙げれば切りがない。捕手では野村克也氏、森祇晶氏、古田敦也氏に次いで4人目の1500試合出場を達成。10度のベストナインに11度のゴールデングラブ賞。球宴には実に16度も出場した。通算22年間で安打数は1738。「2000安打へのこだわりはなかった」と振り返るが、やはり下位打線を打つことが多く、犠打数が305を数えることからもその難しさは分かる。

 改めて、指揮官の存在の大きさに触れた田村は「凄すぎます」と恐縮し、か細い声で「20盗塁します。超えられるのはそこしかない」と宣言した。伊東監督のシーズン最多盗塁「20」に挑もうということだ。しかしシーズン2桁盗塁を5度も記録したプライドからか「そこは抜かせない。近づいたら試合に使わないぞ!」と冗談が飛んだ。

 日本シリーズに14度出場し、8度の日本一に貢献した伊東監督。日本シリーズ通算70試合出場は歴代3位であることを自ら田村に教えると、田村は「出たいなあ」と夢舞台を思い描いた。捕手出身監督の下でプレーすることは厳しいことも多いだろうが、その分成長できることも多いはずだ。チームの命運を握る、捕手というポジション。伊東監督の記録を脅かすほどの数字を積み重ねていけば、チームが勝つ試合も増えるはずだ。

 和やかな雰囲気だったこの日の会話。しかし「俺を超えろよ」と言った指揮官の目は、本気に見えた。

といいつつも、ちゃんと毎年のドラフトで田村のライバル選手を獲得して安住の地は決して与えないってのがポイントなんでしょうね(笑)。

中4日で五右衛門先発だなんて、ご冗談でしょ?(呆)

侍・石川 プロ初中4日も自然体「いつも通りのことしかできない」(スポニチ)

ご冗談でしょ?(# ゚Д゚)

オランダ戦先発の日本代表・石川は、キャッチボールやダッシュで淡々と調整した。重圧のかかる1次ラウンド初戦のキューバ戦で4回1失点と好投。2次ラウンドも第1戦を任された。強力打線を相手にするが「いつも通りのことしかできない。勝てるように頑張りたい」と静かに闘志を燃やした。

 出番は10日に権藤投手コーチから告げられたという。ロッテでは一度も経験がない中4日での先発ながら、前回は58球で終えており、不安はない。小久保監督は「独特の(雰囲気の中の)キューバ戦を、いつも通りのマウンドさばきでゲームをつくってくれた。あのような形でゲームをつくってくれることを期待します」と託した。

 ヤクルトにいるバレンティンとは公式戦での対戦はないが、昨年のオールスター第1戦(ヤフオクドーム)では三振を奪っている。スイングスピードが速い打線には代名詞のシンカーや緩いカーブなどの武器が効く。状態については「投げてみないと分からない」、この4日間の過ごし方は「練習して過ごしました」と、受け流すような「石川節」を連発。柳のように相手の強振をかわす。

どうも小久保が監督ってのが、経験も勿論ないけど、それ以前のセンスも才能の欠片も感じないだけに…。いやマスゴミよ、そんな「大本営発表」でいいのか?これで五右衛門が打ち込まれたら監督やコーチの采配以前に五右衛門への個人攻撃をやるつもりなんでしょう?

 

以上です。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク