おじいちゃんが救急車のお世話になりまして。

スポンサーリンク

隣町の総合病院にいます。

夜、おじいちゃんが髭剃りをしようと、コードレスなのに充電したままやろうとして椅子からすっ転びまして、腰に少し痛みを訴えたのと、立てない・歩けないというので、83歳という年齢もありますので救急車を呼んで緊急搬送してもらいました。

最初は市内の総合病院の予定だったんですが、人手が足りない、もしくは入院になった際のベッドが足りないなどで三軒ぐらい断られまして、四軒目にOKが出たのがなんと3年前におじいちゃんが軽い脳梗塞で一ヶ月間リハビリ入院でお世話になった総合病院、と。うーむ。ついてるのかついてねえのか(苦笑)

※しかも二ヶ月の予定がえらく回復が良くて入院期間が半分になったぐらいでした。

ま、本人は腰に軽い痛みと、立てない歩けないを訴えてる以外はすこぶる元気なんですが、年寄りは転ぶと風邪ひくは致命的になりかねませんしね。今はレントゲンを撮っているんですが(私は急患用の待合室にいます)、腰の骨折や長期入院などの大ごとにならないといいんですが…。

巨泉―人生の選択 (黄金の濡れ落葉講座)

巨泉―人生の選択 (黄金の濡れ落葉講座)

↑風邪ひく・転ぶは大敵ってのはこの本で読んだ記憶が。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク