読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】伊東監督続投へ。そしてドラフトは「激戦区(?)」の創価大の田中投手を指名するみたいで…。

千葉ロッテ

スポンサーリンク

Estampilla

ロッテ伊東監督 来季続投要請を受諾「やるからには上を」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

ソフトバンク・日ハムほどの戦力充実はすぐには無理かも知りないけど、精いっぱいの補強と誠意は見せてほしいですわ<ロッテのフロント各位

ロッテの伊東監督は球団からの続投要請を受諾し、就任5年目となる来季も指揮を執ることを明らかにした。

 13日に球団と話し合い、1年契約で合意したという。続投条件として戦力補強を要望していた指揮官は「100%(要望が)通ったこともなかった。優勝を狙えるチームづくりをしたい」と引き続き、補強を求める意向を示した。林信平球団本部長は「できるかぎりのことはやりたい」とし、FA補強についても「ハードルは高いが、状況によっては考える」と話した。

何しろ打撃陣がなあ、将棋で言えば角と飛車のような大駒があと1枚でもあれば…。

で、珍しくロッテが「公表」したみたいで…。

ロッテ「隠密」から一転公表 ドラ1指名は田中正義 - 野球 : 日刊スポーツ

あえてくじ引きの運に託すことにしましたか…。

ロッテは17日、創価大・田中正義投手(4年=創価)のドラフト1位指名を決めた。QVCマリンで、伊東監督も交えて5時間近くスカウト会議を実施。1位は即戦力投手に絞る中で、桜美林大・佐々木千隼投手(4年=日野)との二者択一となった。最終的に田中に決定。会議後、公表した。これまでの“隠密ドラフト”から一転、3日前に早々と明らかにした。
 
 スカウト会議後、いったんは会見場を離れた松本編成部長が「追加があります」と、すぐに戻ってきた。直前の会見では、佐々木の名前も挙がっていた。再び集まった報道陣に「田中で行きます」と単純明快に宣言した。近年は、指名の瞬間まで明らかにしないだけでなく、他の候補をにおわせ“煙幕”を張ることもあった。それが、ロッテとしては異例の3日前公表。戦略を180度変えてまで、最速156キロ右腕に誠意を伝えた。
 
 松本部長は「4、5球団は」と、当然ながら競合を覚悟する。それでも指名に踏み切る背景には、涌井、石川に続く先発が必要なチーム事情がある。2年連続Aクラスとはいえ、上位の日本ハム、ソフトバンクとの選手層の差は明らか。伊東監督は「弱点を埋めるのが課題。即戦力が当たるかどうか、大きな差。(競合でも)指名しなきゃいけない」と力説した。指揮官はFA補強も求めているが、球団の基本方針にFA補強はない。なおさら、即戦力投手が求められる。
 
 指名候補に投手の逸材がそろうことも後押しする。松本部長は「今年は豊富。まずは、そこ(田中指名)で勝負できる」と青写真を描いた。仮に田中を逃しても、外れ1位でも好素材が取れるという読みがある。もちろん、一番欲しいのは田中だ。球団は昨年から徹底マーク。15日には、編成トップの林本部長がリーグ戦を視察し、今春から重なったケガにも不安はないことを確認した。全体では、投手中心に7~8人、育成も2人ほど。その最上位に田中を狙う。【古川真弥】
 
 ◆ロッテの隠密ドラフト ロッテが1位指名を明言したのは11年の藤岡(東洋大)が最後。12球団で最も早く、5月に公表した。12年は藤浪(大阪桐蔭→阪神)を指名。競合相手の阪神、ヤクルト、オリックスは指名を公表していたが、ロッテだけしていなかった。13年の石川(東京ガス)は明言こそしていなかったが、予想通りの指名。14年中村(早大)は、投手の指名をにおわせながら一本釣りに成功。直前の会議で伊東監督が、岡本(智弁学園→巨人)との二者択一で選んだ。15年平沢(仙台育英)は、指名を公言し、予定背番号まで決めていた地元楽天との競合。平沢は楽天に行く心づもりが「8割」だったため、ロッテの指名に驚いていた。

 「創価大の田中投手が取れれば最高だけど、もし外してもハズレ一位でも逸材は数多い」というのもポイントかもしれませんね。

で、ロッテがこのパターンで「名言」したのは5年前の当時の東洋大の藤岡以来なんすか…。去年はいきなり平沢大河を指名して本人も含めてみんな驚いてましたけどね(むしろロッテはサブローの後継者的な感じでオコエで行くんじゃないかと思ってたぐらいで(苦笑))。

いやあ取れればいいなあ。でもドラフト会議のくじって、日ハムと楽天が猛烈に強いイメージがあるんですけども(苦笑)。でも逆に思うのは、ハンカチ王子こと日ハムの斎藤佑樹が、もし日ハムに抽選勝ちしてロッテに入ってたら今頃どんぐらいのピッチャーになってたんだろうか…。逆に成功しすぎて今頃メジャーで投げてたりして。

てなこと書いといて、当日は全然違う選手を1位指名したらびっくりなんだけどな(爆)

日本プロ野球監督列伝―1936ー2014 (B・B MOOK 1069)

日本プロ野球監督列伝―1936ー2014 (B・B MOOK 1069)

 
実況! 空想野球研究所 もしも織田信長がプロ野球の監督だったら (集英社みらい文庫)

実況! 空想野球研究所 もしも織田信長がプロ野球の監督だったら (集英社みらい文庫)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ