読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】昨日の北朝鮮のミサイル騒動で石垣島では大変だったらしい…。

千葉ロッテ 雑談

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20160208083227j:plain

球界震撼!ロッテ、北ミサイル発射で緊急避難…キャンプ地上空を通過 (3/3ページ) - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

まあたまたまロッテは石垣島でキャンプをしてただけに大変だったみたいっすね。つーか、本当にはた迷惑な…。

ロッテ春季キャンプ(7日、沖縄・石垣島)プロ野球界が震えた! 北朝鮮は7日午前9時31分ごろ、「人工衛星」と称する事実上の長距離弾道ミサイルを北西部の平安北道東倉里から発射した。ミサイルの日本領域内への落下は確認されなかったが、沖縄県上空を通過。ヤクルト、DeNAなど、沖縄各地でキャンプ中の各球団に影響が及んだ。石垣島では、ロッテの選手らが緊急避難する球界史上前代未聞の事態に。伊東勤監督(53)は「何ごともなくてよかった」と胸をなで下ろした。

訓練ではない。本当に来た。ロッテのキャンプ地、沖縄・石垣島が一気に緊迫した。

 「ミサイルが発射されたもようです」

 午前9時35分、石垣市内全域に防災行政無線から注意を促す音声が流れ、“警戒警報”が鳴り響いた。チームはメーン球場、室内練習場の2カ所で早出組(一部の指名選手)が打撃練習を行っていたが、即時中断。メーン球場組はロッカールームに急いで退避した。

 早出組以外の本隊はバスで球場に移動中だった。主力の角中勝也外野手(28)が、当時の様子を証言した。

 「ぼくは爆睡していましたが、大きなサイレン音と防災無線が聞こえ、ビックリして目が覚めました。前日(6日)までのニュースで状況は把握していたので、慌てることはありませんでしたが、まさか本当にミサイルを発射するなんて…」

 バスは定時に球場へ到着したが、降車した選手は早出組と同じく屋内に足止め。その7分後の同9時42分、テレビなどで「ミサイルが石垣島上空付近を通過」のニュース速報が流れた。安全確認もとれたため、全体練習は予定通り同10時に開始。調整メニューに影響が出ることはなかった。

 6日から緊迫感が漂っていた。チームが練習する石垣市中央運動公園野球場から目と鼻の先、わずか3・3キロ、自動車で10分の距離にある石垣港の一角に自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が配備された。球団側と石垣市側は事前に協議を実施。「練習中、北朝鮮のミサイル発射にからむ、不測の事態が発生した場合はすみやかに屋内に移動してください」との指示が出ていた。マニュアルに従いチームが行動したため、大きな混乱は避けられた。

とはいえ、頭上をミサイルが通過するとはただ事ではない。日本の領域内では確認されなかったが、一部分の落下があっただけでも大惨事を引き起こしかねない事態だ。

 今季でプロ野球生活、節目の30年目を迎える伊東監督も、憤りを隠せない様子だった。西武で現役だった1991年、湾岸戦争勃発(1月17日)のため、ハワイ・マウイ島キャンプが中止となり所沢と高知・春野に変更された。非常事態の影響を知る指揮官は、顔をこわばらせた。

 「球場には着いていました。ミーティング中で、そのまま時間の経過を待ちましたが、長い野球人生でこんなことは、もちろん初めてですよ。何ごともなくてよかったですけど…」。春季キャンプ真っただ中の、前代未聞の“ミサイル襲来”。北朝鮮の暴挙に世界も球界も揺れた。

すぐご近所にPAC3が装備して構えてるんだからなあ。そりゃ怖いわ。私なんかは都内の自宅でその速報見てましたが、↑冒頭に貼ったあの静止画像には戦慄を覚えましたもの。

それにしても子供の頃は「臨時ニュース」が怖かった…。

実は子供の頃は、テレビの臨時ニュースのテロップとかが本当に怖くて仕方がなかった時期がありまして、最近はNHKなんかはいきなり東京のニュースセンターに繋がってアナウンサーが喋り始めるんですが、昭和後期の頃は、

f:id:tony_togo:20160208083953j:plain

こんなテロップが出てチャイムが鳴ってからアナウンサーが喋り始めてましたからねえ。結構子供心にトラウマを植え付けられたもんでしたわ(自爆)。

※ちなみにこの画像は昭和天皇が崩御する寸前の「天皇陛下御危篤」の臨時ニュースの時の画像。私がトラウマを受けたのは確かソ連のブレジネフ書記長の死去のニュースの時の臨時ニュースだったと記憶してますな…。 

で、伊東監督は現役時代に湾岸戦争のあおりで…。

そうか、伊東監督は湾岸戦争の時は現役バリバリだったもんな…。ハワイキャンプ中止→所沢と高知のキャンプに変更、という苦い思い出が。ちなみにその年の西武も確か日本一になってたような…。暖かいとこからえらく寒いとこに変更になってたんだな、西武のキャンプも。

で、調べたら、この年の西武は、広島との日本シリーズで4勝3敗で勝って日本一になってたんだそうです。MVP:秋山幸二、敢闘賞:川口和久、優秀選手賞が工藤公康・渡辺久信・野村謙二郎…って、川口氏以外は後年、全員がどこかのチームでの監督経験者じゃないすか。時間の経過を感じるなあ(汗)。てかやはり西武黄金時代だったんだな、この頃って。

で、昨日はたまたま日曜日だったんで…。

本州からファンも見に来てた人は多かったらしいですね。

★来島中ファン

 ロッテの石垣島キャンプには、関東方面を中心とした『応援ツアー』の第一陣、約30人が来島中。発射を知らせるエリアメールで観客の携帯電話が一斉に鳴り、横浜市の会社員、石井英恵さん(36)は「恐ろしかった」と振り返った。30代の男性は「スマホでチェックしてすぐに状況が分かりました。家族も一緒で、一瞬固まりました」と青ざめた表情。「驚きましたけど、選手と一緒なら、まあ、いいかなと…」と話す20代女性もいた。

あー、そうなんだ、エリアメールが一斉に来るシステムなんすか(大汗)。

自分も数年前に錦糸町の映画館で「特攻野郎Aチーム」の映画版を見てたら、そこにいた客の携帯が一斉に鳴ったりバイブが揺れたりして「何事?」と思ったら緊急地震速報だった、ってことがありましたねー。東北で震度4だか5弱だかの。

ま、「驚いたけど、選手と一緒ならまたいいかな」のコメント。うん、その気持ちはわからんでもない(をい)。この人たちは結局、ホテル待機だったんかなあ。

つーか、本当に傍迷惑な…。自慰行為この上なし<北朝鮮。

石垣・竹富・西表島 (ブルーガイドてくてく歩き)

石垣・竹富・西表島 (ブルーガイドてくてく歩き)