3歳の息子に続いて、私もB型インフルエンザにかかってる事が判明し(泣)

スポンサーリンク

昨日の午後から今日の午前中にかけての話なんですが、まあ大変でした。

スポンサーリンク

息子の体温が40度を超えてしまったので緊急外来へ…。

昨日の午前中、地元の総合病院に行き、息子がインフルエンザB型の陽性反応が出た、というところまでは昨日の記事に書いたんですが、いったん家に帰ってきて、タミフルを混ぜたミルクとかを飲ませようと思っても全く飲まず、念のため体温計で測ったら

40.3度

という「いや、これはやばいんじゃね?」という体温だし、脱水症状も心配なのでこの界隈では唯一の救急救命室がある青梅市立総合病院に行くことにしました。病院で体温を測ったら40.7度と更に上がっていてもっとびっくりしたんですけどね。

息子は終始ぐたーっとしてました。

で、2時間ほど点滴を受けまして解熱剤の処方箋を貰ったので地元の薬局で薬をもらい帰ってきた次第でした。

そしたら今度は私の体調が急変して…。

車の運転中にどうも頭がほんわかモードになってきたり、帰宅して息子を抱っこしたりするとどうも私も筋肉痛みたいな症状が起きてまして、念のため、市販薬の風邪薬も飲んだんですが、食い物飲み物の味も変わっちゃって「これはおかしい」と。

で、私も体温計で測ってみたら、

38.7度

と。「いやこれはいかん。ひょっとしたら息子にうつされたのか?」と、昨日の午前中に行った総合病院にタクシーで行って調べてもらおうかな、と、念のため、そこの病院に電話してみました。すると急患用の病棟の看護師さんにつないでくれて状況説明をしたら、「インフルエンザの簡易キットは、12時間以上経過しないと陽性か陰性かがわからないので、明日の朝、一般患者で来て検査しても遅くはない」とのことでした。

結局、昨日の晩は晩飯もロクに食わず寝ることに。幸い、息子ともども、都合12時間以上「爆睡」できたんですけどね。

息子のかかりつけの病院で検査してもらいました。

で、今日の午前中、昨日は休診日で行けなかった息子のかかりつけの内科小児科の病院に親子で行きまして、私も初診で検査をしてもらうことになりました。昨日、息子が受けてた綿棒みたいなやつを鼻の奥に挿してぐりぐりするのをやってもらい…。

そしたら検査の結果が出ました。

私もB型インフルエンザの陽性でした(号泣)

ここの先生曰く「一昨日、うちの病院でうつっちゃったのかもしれませんねー、お父さんも息子ちゃんも」と。確かに一昨日、薬をもらいに診察しに来た際に、インフルエンザの検査待ちの娘さんと付き添いのママさんがいて、娘さんがつらそーな感じだったのを覚えてましたので…。

いやあ私は1999年2月に大学通学で下宿してた頃にA型のインフルエンザにかかって丸5日間アパートから出れなかった、という経験をしてるんですが、それ以来でしたわ。これがきつくて毎日、手洗い・うがいを欠かさずにやってきたんですけどね…今年の秋以降は息子ともども予防接種をやることになりそーですわ。

※ただこの時は39度の高熱が5日間続いて筋肉痛で眠れないって感じだったんですが、昨日は爆睡できたのでまだましだったのかもしれませぬ。

で、薬が「18年前」より進化してました。

ちなみに18年前の時はやっと体が動けるようになってから病院に行って、4時間ほど点滴を受けてたんですが、今回は点滴等を受けることもなく、

こんな吸引器を使った薬を使う即効薬をもらいました。いや、これは全く知らなかったんスけど(汗)。あとは解熱剤とかをもらいましたが、いかんせん、味覚が変わっていて何を食べてもおいしくない。

結局、帰りに牛浜駅近くのセブンイレブンに立ち寄りまして、

ポカリとマーガリン入りのバターロールを買ってこれをちびちび食べてから薬を飲みました。18年前の時も発熱してすぐに原付きでコンビニに行ってポカリとコッペパンを買ってこれで5日間、味覚が変わって仕方なかった状況でちびちび胃の中に入れて薬を飲んでましたので。まあある意味で生活の知恵、というやつでしょうか(苦笑)。

幸い、ピークはもう過ぎてるそうなので。

どうも私の場合は、インフルエンザになったのが昨日とかではなく、先日日曜日の法事の際に発熱・体調不良でしてその時に既に罹患してたんじゃね?という説もありまして、どっちにもしてもピークは過ぎてるんで即効薬も服用したので数日で快復するんではないか、とお医者さんは言ってました。

あとは嫁さんが「ほんとにそこまで父子そっくりなんだから」と苦笑いしてたことでしょうか。嫁は全く体調不良とかはなく。うーん、タフ過ぎる(爆)。

以上です。とりあえずおとなしく寝てますわー。ではでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク