読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

ウイルス性胃腸炎に罹ってしまい、39.9度の高熱と猛烈な腹痛で大変だった話…の、その後の話。

日常 雑談

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20160716205359j:plain

こんにちわ、むろかつです。いつもお世話になっております。

火曜日の午後に発症して短文の病状報告を除く通常記事をお休みしておりました。その話の続きです。

火曜日の夜に体調がおかしくなりまして…。

「あれ?どう体調がおかしいなあ」と思い始めたのは火曜日の夕方からで、まず、

「晩御飯のおかずの味がいつもと違う」

「パソコンでブログ記事を書いていても指がひっかかる」

の2つからでした。で、我が家は2歳半すぎの息子がいて、いつも私の隣の布団で寝てますので、さすがに私が発熱しちゃしゃれにならんだろと思ってたら、時間が経過するごとに、37.2→37.9→38.4→39.2(!!)と熱がうなぎ上り状態になりまして、こりゃいかんと、水曜日の早朝に地元の総合病院に駆け込んだ次第でした。

実は深夜2時半に総合病院に電話したんですが「大人の方だったら39度ちょっとの高熱でも一晩は大丈夫ですから」みたいなことを言われて翌朝にしたんすけどね(大汗)。

www.muroktu.com

早朝に総合病院の急患にお世話になってきた。

ついでに書くと、居住地の福生市の中では規模的には随一の総合病院である「福生病院」なんですが、妻も以前腹痛で緊急外来の御世話になりましたし、家族では、義父(嫁の父。一緒に住んでます)は軽い脳梗塞などで、義母(嫁の母。今春急逝していまいましたが)は背骨の圧迫骨折で、息子は気管支炎からくる肺炎でそれぞれ入院したことがありまして、

家族全員、何かしらの御世話になっている病院

…なんですが、基本的に私はお見舞いで荷物を持って来たり、付き添いで待合室にてずーっと待っている立場が多く、家族の見舞いに行く場合はもはや何かどこにあるかを「勝手を知ったる」ぐらいにまでなってしまったんですが…

あー、ついに俺が患者になっちまった…。

という感じがものすごーく強かったのはビミョーな気持ちでした、はい。

※ま、厳密に言えば私も前職の頃に右足ふくらはぎの肉離れをやって3週間の加療となったんですが、その時にここで緊急外来の御世話になってるんですけどね(これは職場近くの総合病院(昭島の徳洲会病院とか)の診療時間と合わなかったんです)。労災で。

で、点滴してもらって薬を飲んでも一向に改善せず…。

ちなみに病院では、血液検査とCTスキャンをやりまして、点滴を3時間…って流れでした。ところがこのベッドがどうも救急車で使うようなストレッチャーで幅が狭い。しかも熱も常に上がったり下がったりしてるので、悪寒が来たり、筋肉痛が来たりと。この時は眼鏡も外して、スマホも鞄の中にしまっていたのでカーテンの向こう側の看護師さんたちの会話だけが時刻を確認するような術みたいな感じでした…。

その後、会計とか調剤薬局とかは普通の一般診療の人たちと同じ流れで、薬局では20分待ちと聞いたので「すんません、そこのコンビニに」と断って、サークルKサンクスに行ってポカリを2本とかコッペパンとかを。唯一ラッキーだったのは会計とかを終えた後に行きはタクシーで来たので帰りもタクシーで…と思ったら、タクシー乗り場にプリウスの車種のタクシーが止まってて、図らずとも「人生初・プリウス」(笑)。家まで約2kmの距離でしたが乗ってて気持ちいいなあーと思ってた次第でした。

ただ、個人的には想定外なことがおきました。薬を飲んで、ずっと横になって多少汗をかきかきしながら時折トイレに行って…を繰り返してたんですが、全く病状が一向に改善しなかったんです。 

ついにパソコンを開くことも断念し…。 

www.muroktu.com

体温的には、昼間は38度台後半だったのが37度台に下がり、相変わらずの下痢は続いており、食べ物飲み物の味覚も変わってしまっていまして、この日から私の主食はコッペパンに麦茶、ポカリ(を少し薄くしたやつ)になりました。

これは学生時代39.4度を記録して5日間寝込んだインフルエンザ、8年前に冬場に人生最高の体温40.8度を記録し(注:気温ではありません)5日間寝込んだアデノウイルス(お医者さんからは「冬場にプール熱に罹るのも珍しい」と言われてしまいましたが(泣))の時の経験上、「何か食べないと薬が飲めない」「でもごはんものは味が変わっておいしくない」「だったらパンとポカリだ」ということで定時になると、ちびちびとそれらを飲み食いして、薬を飲んで寝てましたね…。

この時点で常時、頭痛がひどく、起きてるのも気持ちが悪くなるぐらいでして結果、パソコンの電源を付けたのは水曜日の早朝にタクシーを頼む時に地元のタクシー屋さんの番号を調べた時から、(深夜以外は)調子が少しは良い、この記事を書いている土曜日の夜まで4日間も空くことになります。

実はピークは昨日の夜、でした(号泣)。

で、昨日は以下の記事をスマホから書いたりと。

www.muroktu.com

www.muroktu.com

通常記事的な記事も一本ポンと書いたりして。 

ところが… 

実は最大のピークが昨晩でした(号泣)

というのは、昨晩は深夜にトイレに駆け込むと、座って用を足している際に上半身から「おい、サウナか!!」みたいな物凄い汗が。そして吐き気(しかも吐くものがない)。これの繰り返しで、やっとこトイレで水を流して布団に戻って寝ようとするとさっきまで暑くて仕方なかったエアコンがかかった寝室が今度は寒くてたまらない。そうこうしてるうちにまたお腹に激痛が来てトイレへ…の繰り返しでした。

ちなみに昨日の夜に再び体温が39.9度に達しまして「うわー、ウイルス性胃腸炎さん半端ないわー、なめててすんませんでした」と言いながら、パソコンのある部屋(こちらの方がトイレには近いんですね)の座椅子をリクライニングして転寝してたら朝になってました…。 

で、土曜の午前に意を決して駅前の内科に…。

朝起きると昨日思いっきり汗を流しまくったせいか、体温が36度台まで落ちてまして、「あ、これは病院に行けるわ」と。この前2日間は起きることもままならなかったですからね。

そこでかかりつけの駅前の内科に行くことにしました。通常だと家から歩いて10分そこそこなんですが…。  

f:id:tony_togo:20160716200158j:plain

頭のフラフラ感がひどくて結局20分ほどかかってました。

f:id:tony_togo:20160716200214j:plain

ここに至って「あー、参院選から都知事選のポスターに替わってんだなあ」と気づいたぐらいで(汗)。しかし西多摩の5万程度の小規模自治体は眼中がないようでポスターがすくねえすくねえ。

で、こちらの病院では、血液検査、尿検査、更に検便の検査も。といっても用を足した後に大きな綿棒みたいなのでお尻をぬぐって専用の容器に入れるだけ…なんですが、こちらで原因菌を調べるんだそうで。結果は5日程かかって、万が一、ベロ毒素とかが出てきたらそん時は保健所に報告することになりますんで…という説明を受けたりと。

今回は前回の総合病院で貰った薬と基本的には同じものを処方してくれて「点滴する必要はないでしょう」とのことでした。ついでに深夜になると発熱と下痢がひどくなるんですが…と聞くと、

「実はウイルス性の胃腸炎の特徴の一つなんすよ、それ」

と即答。ま、これを聞いて「俺の病気、実は別のもっときつい病気なんじゃないかしらん」と疑心暗鬼になってたのでちょっとほっとすると共に、

「もうちょっと続くと思いますので、水分補給と栄養のある食事を」

と言われた時には、

「ああ、やっぱりまだ昨晩のアレが続くかものね」

と内心がっかりしたのはここだけの話でした(泣)

で、「水分補給+食べたいモノ」で選んだのは。

帰りに駅前の薬局で薬を貰いまして、内科の入っているマンションの1階の駅前スーパーで食料品や飲み物を買って帰ることにしました。

で、食欲は全くないんですが、喰わなきゃ薬が飲めない。で、昔、夏風邪とかひいてダウンした時にうちの親が何を出したっけ…って思い出した結果、買ったのが、

f:id:tony_togo:20160716205359j:plain

既にカットされたスイカ、でした(爆)

f:id:tony_togo:20160716205425j:plain

これを晩御飯の代わりに食べました。ま、本当は午後から妻が出かけて、ゆでるうどんと、セブンイレブンで買った鶏五目のおにぎりを食べようと思ったんですが、食欲がなかったので「前菜」がわりに…。

あ、自分だけ買ってくると「あんただけー」とか妻に怒られそうだったんで、妻と義父、それと潰して息子に飲んでもらえるように、小さめの半玉のすいかを買って帰りましたけどね。 

人生初の「週またぎ」の闘病生活(?)に入ります。

実は私、過去にインフルエンザとアデノウイルスで5日間程寝込んだ以外は風邪で数日とか、喘息で数日みたいな感じでそんな土日をまたいで家で寝込む、ってことがなかったんですね。人生40年ちょっと(怪我だと仕事で椎間板ヘルニアで1か月半とかありましたが…)。 

今、これはパソコンから書いてるんですが、キーボードを打つ手もいつも感覚が違うみたいで、とにかく書きなれない感じで困惑しつつ…てな感じですねー。

明日は本来は、サッカーの浦和対大宮戦を見に行く予定だったんですがさすがに体力の回復が見込まれないので断念して、家でスカパーで甲府対鹿島戦同様テレビ観戦で楽しみたいと思います。なんかどこかの記事だと当日券が出ないぐらいの売れっぷりだそうで<さいたまダービー

それと、第1ステージからずっと書き続けていた「昨日のツール・ド・フランス」の記事、第10ステージ以降中断してしまい申し訳なかったです。残念ながら、布団の上でも3-4時間ずっと座っていられるような体力がないため、申し訳ないっす、今回は体力が回復した頃には最終ステージのパリに行ってそうな感じなので、これで中断、ということになりそうです。来年までには知識を蓄えてもうちょっと専門的なことをわかりやすく書けるように頑張りたいと思います。

で、私自身、いつもブログでの記事を書いた後(書く前だとパクリになりそうですんで(泣))に参考にさせていただいているあきさねゆうさんのブログが私よりも数倍わかりやすい記事を書かれておりますのでこちらの方もご参照頂けばと思います。

www.akisane.com

しかしこれが見れなかったのは悔やまれる…。

↑これを見せられちゃ仕方ねえ、フルーム君、今年は君を応援するよ。

最後に…。

ここ数日、スマホではヤフーのニュースはちょこちょこ見てたんですが、フランスのニースの事件とか、トルコのクーデターだの、一日の大半を二階の寝室かパソコンのある部屋(のリクライニングした座椅子)で過ごしているので、新聞を読んでないんですね。ネットのニュースが新聞よりも劣る、とは全く思いませんが、記事、文章量の量が違うなあってしみじみ思います。ま、二階に持ってきてもらってもそれを起きて座って読む気力がないのでしょうがないんですけどね。

ここ数日はパソコンないしスマホで短信欄的な短文系の記事を書いていくと思います。改めてまして今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

で、病床でスマホからツイッター見ててちびちび飲んでたポカリを吹きそうになったネタ↓(20年来の友人なんすけどねこの人)

おいw

↑寝れない時はこれで伊集院の録音した番組とかFMラジオとか聞いてましたわ。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ