嫁がお取り寄せした「苺みるく生洋羹」というものを食べてみた。

スポンサーリンク

夜、晩ごはんを食べ終わった頃に玄関のチャイムが鳴り、クロネコヤマトの配達員サンがお届け物に来てました。

スポンサーリンク

うちの嫁さんがうれしそーに封を開けていた。

で、玄関に出た嫁がうれしそーに紙袋を開けてまして、

日本料理の「雄」というお店の、「苺みるく生洋羹」というのが届いたんだとかで。どうもこの商品、去年の年末にTwitterだかブログで元バレーボール選手の益子直美さんがオススメしてたか取り上げてたお菓子なんだそーで。ただし1日20個…と限定生産されてるらしく、予約してから手元に届くのに3ヶ月ぐらいかかったそう。実際、うちの嫁さんも申込んだのか昨年の12月半ばで、実際に届いたのが3月半ばの今日、なのでやはり3ヶ月かかったことになります。

【参考】

3ケ月待ち!莓みるく生洋羮♪(益子直美オフィシャルブログ/2016年12月10日付)

↑で、うちの嫁は昨年の12月11日に予約したらしいんで、たぶんこれを読んだかで(苦笑)

見た目もなかなか凄かった…。

で、中身を見せてくれたんですが。

こういう赤い包装紙に包まれてまして、

桐箱が。さらにフタを開けると、

いやあ見た目も凄いな、こりゃ(驚)。

羊羹ではなく「洋」羹ってネーミングに納得、でした。

で、おすそわけに食べさせてくれるというので、嫁が切り分けてくれました。

一口食べてみたら、ミルク(もしくは練乳)の甘さが控えめで本当においしい。そして苺がほぼまるごと入っていてこれまたおいしくてびっくり。ちなみにうちの嫁さんは常日頃から「甘いものは別腹なのー」(ま、ブログのタイトルにもしてるぐらいですしw)と言っている割には実はあんこが全くダメで、耳で「羊羹が届いた」と聞いて「あの人、あんこが全くダメなのに羊羹なんか頼んじゃって大丈夫なのかしらん」と一瞬思ったんですが、

羊羹ではなく「洋」羹

だったのに納得しました。いやあ久々にいいものをおすそ分けされました(笑)。今度は是非、風邪でもひいた時に「何が食べたい?」って聞かれたら「うーん、苺みるくのヨーカンが」と言いたいぐらいに。ま、数ヶ月待ちらしいんで嫁からは「せいぜいロッテの爽のバニラ味で我慢しなさい」って言われること請け合いなんですが(爆)

今だと最速で1ヶ月後らしいんですけど…。

で、ついでに販売してるサイトを覗いてみたら…、

3ヶ月後、とまでは行きませんでしたが、最短で来月の25日発送ですか…。でもこれは本当においしかったんである意味で納得、ですわ。

【こちらもどうぞ】

【お取り寄せ】苺みるく生洋羹@日本料理 雄(甘いモノは別バラ)

↑うちの嫁のブログです。タイトルからして記事は甘いモンばっかです(苦笑)。

いやあ本当にごちそうさまでした(笑)

以上です。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク