読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

なんか昭和60年の阪神優勝と、平成10年の横浜優勝を思い出すね<神宮球場にカープファン急増中(笑)

スポーツ 雑談

スポンサーリンク

鯉魚

カープ君急増中、神宮球場スタンドは赤く染まった - 社会 : 日刊スポーツ

カープが最後にリーグ優勝したのは平成3年、日本一に至っては昭和59年以来だそうで…。「え、そんなに長く優勝してなかったの?」って感じしかしないんですけどね…。

<25年ぶりVへ:わしらはみんな広島じゃけん>
 日曜日の神宮球場スタンドは、ヤクルトの応援席までも赤く染まった。

  東京・世田谷区の小学6年生岡野有成さん(12)は家族4人で応援。父剛さん(47)によると、有成さんは入学以来、カープ帽とユニホームシャツ姿で通学を続け、校長先生らから「カープ君」と呼ばれるほど。東京生まれながら、広島の祖父母から送られたカープグッズに囲まれて育ち、「カープは体の一部」(有成さん)という。昨年ごろから学校でも広島ファンが急増。カープ帽、ユニホーム姿で登校する同志が増えた。有成さんは「強くてうれしい。早く胴上げが見たい」と話した。

神宮が敵チームのファンだらけって…ある意味で懐かしい。

それにしても昭和60年の阪神優勝の時も確か優勝を決めたのは神宮球場だったんですよ。言うまでもなく球場のライトスタンド以外がほぼ阪神ファンで占められてまして(苦笑)。小学生だったんですがテレビを見てて「これ東京じゃないみたい」って驚いたのだけはよく覚えてますね…それと同じことが、30年の年月を経て、今度は広島ファンで起きてるんだなーと(爆)。

と同時に思い出すのは、「ン年ぶりの優勝」で盛り上がったという共通点では1998年・平成10年の横浜ベイスターズの38年ぶりのセリーグ優勝・日本一の時でしたね。「いやあこんなに横浜ファンって多かったんだ」と、「お前ら、10数年前は阪神の帽子かぶって神宮にいたんじゃねえの?」的な意味での爆笑が止まらなかったのも。で、まさか阪神ファンが大阪の道頓堀にダイヴしたように、横浜ファンが関内だかの川にダイヴして死人まで出る事件に発展するとは…。

でもかつてロッテも「31年ぶりの優勝」を経験したことが…。

個人的には、セリーグはどこのチームも嫌いではない(以前は中学生の時に見に行った神宮球場のヤクルト対巨人戦で、ヤクルトファンの野次があまりにも汚くて20年来ここのチームが大嫌いだったんですけどね)んで、ぶっちゃけ、ドラフト制度の趣旨的にも6年に1回ずつ全チームが優勝すれば?的な見方をしてるんですけど(苦笑)。それでもなかなか20年30年も優勝に縁がないチームがいざ、という時はその年数分だけ喜びもひとしおでしょうしね。ロッテファンとしては2005年にリーグ優勝した時は、この時で31年ぶり。実はこの前にロッテが優勝したのは私が生まれた1974年(昭和49年)だった、という事を聞いて少なからずショックを受けましたね…幸い、ロッテはその後2010年にもリーグ3位から日本シリーズに出て日本一になったりしたんですけど。

で、仮に広島東洋カープが優勝したら、リーグ優勝でも25年ぶりなんですね…これはさすがに盛り上がらないわけはない…でも、マスコミの画的には「おいしい」かもしれないけどさ、喜びすぎて平和公園のすぐそばの相生橋から元安川や本川へダイヴとかは止めろよ。せいぜいうまいもんを喰って地元にカネを落とすぐらいで勘弁してやってください( ノД`)シクシク…

「見に行けば負け」の広島ファンの友人が昨日生観戦したのに(爆)

そうそう、私自身の20年来の友人で、日頃はメインで西武を応援していてその次に広島「も」応援してる人が今年は西武噺をほとんどせずにさかんにカープ談義で盛り上がってるのを見て、周りは「まあ気持ちはわかるけど…節操ねえな」と苦笑してますわ(笑)。

この人、基本的には「いつも野球を見に行くと、大概は贔屓チームが負ける」という困ったジンクスがあるらしいんですが、昨日のヤクルト対広島戦は、たまたまチケットは一塁側しか取れなくてヤクルト側で見る羽目にはなった…とはいえ、彼が生観戦したのに広島勝っちゃったらしいんですよ。これは今年のカープの勢いは本物だわー(←そんなんで納得するなw)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ