読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

日テレの「高校生クイズ」はその年によって「趣旨が全く変わっちまう」からなあ…。

ツッコミ 雑談 クイズとお菓子

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20160731221910j:plain

「高校生クイズ」に異変? 強豪校の男子を退け、地区代表は女子ばかり (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

趣味でクイズやってるんですが、「視る」のは小学生の頃から好きだったんすけど、「やる」のは大学入ってからなんで、高校生クイズは関心なかったですなあ…。

 7月27日、日本テレビ主催「ライオンスペシャル 第36回全国高等学校クイズ選手権」の「全国一斉大会」が行われた。【BuzzFeed Japan / 阿部結衣子】

 例年全国大会に進出し、高校生とは思えない超難問に挑んでいた強豪校が敗退し、女子チームの地区代表選出が目立った。Twitter上では「女子高校生クイズ」と揶揄する声も上がっている。

男子校の参加者が苦戦したクイズ

番組史上初の全国同時開催となった今回の予選会。参加者はスマートフォンに番組専用アプリをインストールしクイズに回答した。正解率や全国順位・県内順位などが表示される仕組みだ。

BuzzFeedが複数の参加者や、後輩が参加したというクイズ研究会OBらに取材したところ、問題は○×クイズ、5ヒントクイズ、タレントがステージ上で行うパフォーマンスが成功するかどうかを当てる、生チャレンジクイズなどだったという。

アンケートクイズでは、「高校生が恋愛対象に求める条件」など、エントリー時に参加者が回答したアンケート結果をもとにクイズが出題された。

 全80問あるうち、70問が三択クイズだったという。ある男子校に通う参加者は「70問(三択)クイズでファッションやスイーツなどの問題が多く出題され、対応しきれなかった」と話している。

近畿地区は全府県の代表が女子

予選会では各都道府県ごとに代表が選ばれる。近畿地区では全府県で女子チームが代表として選ばれたほか、ほかの地区でも女子チームが選出されることが多かったという。

強豪校は21世紀枠で復活選出

Twitterの投稿によると、2015年の大会を制した埼玉県立浦和高等学校や、全国大会に多数進出しているラ・サール高等学校、早稲田高等学校など強豪校のクイズ研究会が予選落ちする結果となった。

 予選会終了後、灘高等学校やラ・サール高等学校、早稲田高等学校、秋田県立秋田高等学校など13校が「21世紀枠」として全国大会へ出場するという。

過去にもあった「高校生クイズ」の路線変更

今年36回目を迎える「高校生クイズ」は、「アメリカ横断ウルトラクイズ」の流れを受け、福留功男さんの司会でスタートしたが、これまで何度か路線変更を行っている。

 「知の甲子園」を掲げ、超難問のクイズを出題するようになったのは2008年の28回大会。これが全国の高校でクイズ研究会が設立されるきっかけにもなった。

 本格的なクイズ番組となった「高校生クイズ」を歓迎する声もあった一方、一般人には到底解けない難問ばかりで視聴者が楽しめないという意見もあった。

そこで、2013年の33回大会からは「知力重視」を見直し、「知力・体力・時の運」が勝敗を決める内容に路線変更。11年ぶりとなる海外ロケをタイとフランスで行った。

34回大会と35回大会では舞台をアメリカに移し、「アメリカ横断ウルトラクイズ」を彷彿とさせる内容となった。今回の全国大会でもアメリカを横断する内容になるという。

ある高校のクイス研究会OBは、毎年大幅に形式を変えるのはやめて欲しいとの声がクイズ研究会から上がっているとして、「この1年のために日々努力してきてる人も多いので、彼らの努力を無下に扱う行為は許されないなぁと思います」と話している。

私は「アメリカ横断ウルトラクイズ」の方が大好きで。

まあ私は「アメリカ横断ウルトラクイズ」が大好きでして、「高校生クイズ」はあまり好きではなかったんですね。その理由としては、

・ウルトラクイズは3-4週(多い時で5週)放送されるので、自然に応援してしまうプレイヤーさんとかの顔を覚えることができた。が、高校生クイズは1週で終わってしまうので愛着がわかない。

・そもそも3人1組(今は2人1組)の高校生クイズが馴染まない。ついでに書くと××高校の誰誰って覚えられないし、覚えるつもりもない。

ってのが理由でした。まあ最大の理由は前者ですね。「1週ぢゃ覚えらんねえよ」と。

そもそも3人1組で西武球場に行く方が難しいミッションで(泣)

あとは、自分が高校生の頃、同じ学校に「一緒に千葉の成田から、西武球場まで高校生クイズの関東大会を受けに行く」ような酔狂な(?)友達がいなかったってのもありますね。まあ今時に言えば「リア充」ではなかったですし。

まあ高校時代はクイズは「テレビで視る」専門だったんで、最初から関心がなかったってのもありますけど(高校の頃はバイトしてお金ためてそれで鈍行とかで九州旅行に行ってました)。ま、自分が高校生の頃はそれこそ何万人って生徒が西武球場に来て、殆どの生徒がYesNoクイズで撃沈、みたいな感じだったんで、「あれだったらウルトラクイズに出れる年齢になって東京ドームで自力で○×に参加した方が」と思ったのも事実。

ただし、私がウルトラクイズに出れる年齢になった前の年に最後の第16回を迎えて終わっちゃったんですけどね。まあ「第17回」があっても浪人生だったんでたぶん行かなかったとは思いますけど(ちなみに1998年の「今世紀最後」参加してません)。

で、その後、大学に入ってからクイズをやるようになって、興味本位で毎年「高校生クイズ」も見るようになったんですが、まあその年によって企画や趣旨のブレが凄いんですよね、あれ。プロデューサーの方針や、前年視聴率にモロに影響されるんでしょうけど。

「知の甲子園」の時は別の意味でおもしろがってた私(爆)

何年か前に「知の甲子園」とか称して、どこにもロケにも行かず、ただスタジオで一回戦から決勝まで、進学校の開成や灘、県立浦和とかの連中「だけ」が注目されてた回は、たまたま嫁と温泉旅行に行った先で宿のテレビで最初はなんとなく視てたんですが、最初はあまりの露骨な注目っぷりに腹が立ちそうになったんですが、次第に、「これは俺がやってるクイズとは違うなー」と「ここまでロコツに進学校を残したいのか、必死だな、日テレ」とかツッコミ乍ら、むしろ楽しく見てしまっていた自分がいてびっくりでした。開成の田村君とか伊沢君とかやたらと強かったなー(苦笑)

後日、友達連中(彼らは高校生クイズの予選にも参加してたので、あの知の甲子園路線に勿論否定的でしたが)に、

「あれは、昔の「世界びっくり人間大賞」だね。もしくは「びっくり日本新記録」を頭のいい高校生に難問解かせてやらせたらああなるって感じ。いっそ轟二郎でも呼べばいいのに

とか嬉々として話して「お前がそこまでバカウケするとは思わなかったな」と苦笑いされたのをよく覚えてますね。

で、それが数年続いた後は、いきなりヨーロッパに行ったりアメリカに行ったり…と、

「いや、10年ごとにタイトル替えた方がいいんじゃないのかこれ」

と思うような、名前は「高校生クイズ」だけど、あまりに年ごとに趣旨が替わりすぎててひとつの番組の歴史でくくる方が無理があるんじゃね?みたいな考え方をしてるぐらいで。

所詮、民放テレビ局の「番組」に"努力"を反映させるのは無理がある。

ま、最後の部分の高校生側の「努力」に関しては、自分の高校生時代にはあまり考えられなかった部分で(だって当時はYesNoクイズが「どっちに転がってもおかしくない」ぐらいに難しすぎてそれこそ「努力云々のレベル」じゃなかったですし)、「へー、あんな番組の為に高校球児のように、一年間「血のにじむような」努力をしてる人もいるんだな」って意味では驚きましたね。無論、それは人によって好き好きですし、それ自体を馬鹿にする気にはなれないのは言うまでもない話ですが。

逆に言えばウルトラクイズではよく言われてた「知力・体力・時の運」の「時の運」の部分が「知力」に凌駕されて、ぶっちゃけていえば「努力次第では時の運なんかなんとでもなる」という時代になったんでしょうね、最近の番組趣旨は。

ただ高校野球や他のスポーツの「部活」と違うのは、れっきとしたルールがあり、それを統括する各スポーツの連盟等の元で「毎年ほとんど変わらないルールで、公正にプレー」できてるのに対して、こちらは「公正なルールのもとで高校生にクイズをさせる」のが最大の目的ではなく、「視聴率が取れれば・取れなければルールも形式も趣旨も何でも変えちゃう」ただのテレビ局の一番組で、「前の年の企画を次の年にそのまんま同じような趣旨でやるとは限らない」のが、この高校生クイズに対して冷めた目で(少し距離を置いて)見てる理由なのかなあ、って思うんですね…私自身は。

いっそNHKが「公正な」高校生向けのクイズ番組やればいいのに…。

まあ本当に大事に育てたいんだったら、それこそ「ウルトラクイズ」のように4週でも5週でも木曜スペシャルのゴールデンタイムの時間に「予算かけて全国ネットでうまく盛り上げるように」編集して、毎年、参加者を視聴者に愛着持たせて、「××高校推し」みたいな感じで皆でかわいがって育てていけばよかったのに、それをしなかったわけですから、日テレからしても「その程度」の番組なんでしょうね、きつい言い方をすれば。

いやあNHKあたりが「番組」ではなく「大会」でもやらないかなーってたまに思うんですよね。NHK放送センターに高校生呼んで、2-3日で収録やっちゃって、将棋や囲碁のNHK杯みたいに毎週に1日1時間ぐらい毎週放送して一年間繋いでいくとか。 そっちの方がむしろ「この一年のために努力してる」高校生にとっては実にありがたい気がするんですけどね、CMまたぎもないし。ただ、日テレのそれに比べれば、見栄えはかなり地味になるだろうけど…。ロボコンの全国大会のイメージとかぶるなこれ(^^;)

あ、そしたらクイズには欠かせない企業名とか商品名とかどうするんだろ。「生さだ」でさだまさしすら苦戦してるのに(苦笑)。

ちなみにそのさだまさし氏ではないですが、「意見には個人差があります」。念のため。

※ちなみに写真は長年参加していた社会人のクイズサークルでの一枚です。一応、サークル所有の早押し機(20人用)もありまして、毎月のように早押しクイズをやってました。 

↑高校生クイズ優勝者の開成→東大の伊沢拓司さんの本。実は自宅で昼飯喰ってる際にはよく読んでます(笑)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ