読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

いよいよ箱根駅伝の5区の距離が短縮されて「山の神」が消えるらしい…。

スポーツ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/22539273@N00/10621388886

photo by *_*

箱根駅伝“山の神”が消える?5区短縮/スポーツ/デイリースポーツ online

ま、順天堂の今井正人、東洋大の柏原竜二は単純にその凄さに感動したんだけど、青学の神野大地を見て「もうそろそろいいかな」って思い始めてた(苦笑)

関東学生陸上競技連盟は25日、毎年1月2、3日に行われる箱根駅伝の第4区、第5区の区間距離を来年の大会から変更することを発表した。第4区が18・5キロから20・9キロに延長、第5区は23・2キロから20・8キロに短縮された。

 箱根駅伝では06年の第82回大会から山上りの5区を23・2キロに延長。その後、今井正人(現トヨタ自動車九州)、柏原竜二(現富士通)、神野大地(青学大)と、“山の神”と呼ばれる山上りのスペシャリストが誕生し、それぞれを擁したチームが優勝することが多くなっており、5区の貢献度が高すぎることが問題視されていた。

 関東学連は今回の変更について「第82回大会以降、区間距離を延長した第5区の選手の生理学的負担が大きく、走行後半に低体温症や低血糖症に陥る例が多数発生していること、また総合成績に対する総合成績に対する第5区の貢献度が大きすぎること」と説明。また、第4区の延長については「第82回大会以降、距離を短くしたことでマラソンに順応できる選手の芽を摘み取っている懸念」と説明した。

 走行距離の変更に伴い今年までの第4区、第5区の区間記録、往路記録、総合記録は参考記録となり、来年の大会からが新規の記録として取り扱われる。

そもそも4区が短縮された理由何だったのか。

そもそも確か4区が小田原市風祭のかまぼこの鈴廣本社前から、小田原市本町(南町だったかも)のメガネスーパー本社前に移ったのって、「中距離で活躍する選手にも箱根に出場する機会を与えたい」って意向だったと記憶してるんすけどね。マラソンだけではなく、5000m、10000mで五輪などを狙うスピードタイプの選手の育成の為に、と。だから「5区を伸ばした」んではなく「4区をあえて短くした」のが当初の目的だった…らしいんですけどね。ゆえに主催者側も「まさかこんなこと(=5区さえ制すれば総合優勝も制するぐらいの勝敗のウエイトを占めることに)になるとは」って感じだったんでしょうね。

でも実際はどんなに4区の選手が活躍しすぎても、すべてが5区に「おいしいトコを持っていかれがち」だったのも事実でしたし、今井・柏原の時代はまさにそれでしたしね。何人抜きとかかまして。最近の東洋大・青学が、4区でしっかりレースを作って5区にたすきを渡して完勝…というパターンはできてきましたけど。

あと、5区の選手がきつすぎる(ここ数年、脱水症状とかに見舞われる選手も少なくなく)し、5区のウエイトが凄いと、シード圏内ですらトップと10分以上の差がついちゃって、翌日の復路一斉スタートに見舞われる、という始末。ゆえに「まあ東洋と青学がほぼ完ぺきな勝ちパターンを作っちゃったから、そろそろいいんじゃね?」って個人的には思ってましたねー。そろそろ「潮時」だろうと。

これが今井・柏原の全盛期に、早稲田のOB(他の大学にも指導者として散らばってますし)とか、駒沢の大八木コーチ→助監督→監督あたりが文句言ってたら「だったら勝ってみろよ」の一言で終わりだったんすけどね。

これで早稲田と駒沢が「復権」することができるんだろうか?

でも思うに、駒沢の大八木のオッサン、もとい大八木監督(いや、あの監督、いかにもヒール系で大好きなんすよね、私。「早稲田が勝ってねえとやる気ナッシング」な解説の瀬古氏と全く違って(笑))からすると、「よし、これで山の神に頼らずに総合力で勝つぞ」って内心ガッツポーズしてるかもしれないですよね。

さすがに5区6区には、上り&下りのスペシャリストは必要でしょうけど、4区のランナーを他区でも走らせることができる「エース」を投入することもできるでしょうし。少なくても5区の小田原中継所で、例えば5分の差をつけてれば、そこから20.8kmだったら、どんな超強力な「山の神」が他校にいても、逃げ切る事はできるだろう、と。たぶん「とりあえずトップを取っちゃえの1区」「花の2区」「準エースの3区」に固執しそうな早稲田も似たような考え方なんじゃないでしょうかね。

…ただ、それを差し引いても、今年の青学と東洋を見た感じだと選手層は厚いし指導方法もうまいしで「突出して強い」ですけどね。1区からずーっとトップだった青学が目立っちゃってるけど、2区からずーっと2位だった東洋もまた(;゚д゚)。

でも「復路」の選手起用方法が劇的に変わったような気も。

個人的には、この5区の「山の神」の登場で、復路が強豪校にしろシード権争いの学校にしろ、単なる「往路のおまけ」ではなくなったこと、もっといえば「あえて往路にではなく、エース級の選手を復路に持ってくる」「エース級の選手を5人揃えて逆転を図る、もしくは僅差でも大差でもいいから逃げ切る」という戦術のバリエーションが増えたのは良かったんじゃないですかね。そんな気がしますね。

まああとは、できれば5区の勝負を占める割合が下がるんだから、できれば10区の鶴見中継所でタスキがつながらずに繰り上げスタートになる学校が1チームでも減ってくれれば…。毎年あと数秒、あと10数秒という、最後の直線でもう次の10区の選手は見えてるのに、繰り上げスタートの号砲で目の前で選手がスタートしていく…って図がねえ。

特に東洋・青学がぶっちぎればぶっちぎるほど、下位が(先頭のチームが中継所を通過してからの)20分差の壁の前に敗れていきますしね(実は往路の2区鶴見・3区平塚では20分ではなく10分で繰り上げスタートなんすけど、ひどいと2区で大ブレーキして、3区の時点で繰り上げ喰らうチームもでてくる始末で…)。

でも「山の神」は、記録にも記憶にも残るのは間違いない…。

ただ、「山の神」の逸話はこれからもずっと語り継がれていくでしょうしね。

トヨタ自動車九州の今井選手はニューイヤー駅伝とマラソンでかなりの結果を出し、柏原選手も富士通で怪我の戦いをしつつもマラソンや駅伝にも挑戦してるそうですし、神野選手は卒業してコニカミノルタに入社して、とりあえずニューイヤー駅伝とかを目指すんでしょうが…、 あの凄まじい走りは記録にも記憶にも残ると思いますよ。ええ。

箱根駅伝 ナイン・ストーリーズ (文春文庫)

箱根駅伝 ナイン・ストーリーズ (文春文庫)

 
フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

 
箱根駅伝95年

箱根駅伝95年

 

いやもう「山の神」といえば、もちろん↑彼も(汗) 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ